スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

プレスリリース

2021年9月17日

【バックナンバー】9月 シニアに関する調査のまとめ

毎年定点で行っているシニアの調査で、スマートフォン所有者は年々増加、フィーチャーフォン所有者は年々減少傾向にあります。
また、フィーチャーフォン所有者には3Gサービスの終了が控えており、3Gサービス終了が最も早いauは2022年3月末に、続けてソフトバンクが2024年1月下旬、ドコモは2026年3月末と3Gサービス終了が近づいてきています。

今回はシニアを中心に、スマートフォンやフィーチャーフォン、3Gサービスについての調査をご紹介します。
ぜひご覧ください。

2021年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査

■ シニアのモバイル端末所有率は93.8%、うちスマートフォンは84.7%、フィーチャーフォンは11.4%
  2020年と比べスマートフォン利用者は7.7ポイント増加、フィーチャーフォン利用者は5.9ポイント減少

■ フィーチャーフォン、ガラホ利用者のうち48.2%がスマートフォンへの乗り換え意向あり

第2弾 2021年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査

■ シニアのスマートフォン利用メリット上位は「LINEなどのコミュニケーションツールを楽しめる」「気軽にインターネットを楽しめる」「地図、ナビゲーションを利用できる」

■ シニアがフィーチャーフォンからスマートフォンへの乗り換え・新規契約時に期待するサポートは「簡単な使い方の冊子」「スタッフによる最低限の設定」「電話で聞ける」

■ スマートフォンに乗り換え・新規契約未検討のシニアのうち、48.4%がスマートフォンに求める条件や製品があれば「スマートフォンに乗り換え・新規契約しようと思う」と回答

シニアの3Gサービス終了に関する実態調査

■ 「3Gサービス」を終了することについて知らないと回答したフィーチャーフォン利用者は26.4%、知っていると回答したフィーチャーフォン利用者は73.6%
  3Gサービス終了を認知した情報媒体は「ダイレクトメール」「通信会社の公式サイト」「新聞」

■ 3Gサービス終了認知かつフィーチャーフォン利用者で、3Gサービスが終了する事について内容を知らない人は34.1%
  知っている人の誤回答項目の上位は「電話が使える」「メールが使える」「インターネットが使える」

 

バックナンバー一覧

  • 2021年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査
  • 第2弾 2021年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査
  • シニアの3Gサービス終了に関する実態調査

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。