トップページ

 > 

調査データ

 > 

インターネットでのフードデリバリーサービス利用経験は46.4%、2019年より16.5ポイント増、最も利用しているフードデリバリーサービスの上位は「直営店」「Uber Eats」「出前館」

調査データ

日付:2020/7/20

執筆者:セノオ アキコ

インターネットでのフードデリバリーサービス利用経験は46.4%、2019年より16.5ポイント増、最も利用しているフードデリバリーサービスの上位は「直営店」「Uber Eats」「出前館」

インターネットでのフードデリバリーサービス利用経験は46.4%、2019年より16.5ポイント増、最も利用しているフードデリバリーサービスの上位は「直営店」「Uber Eats」「出前館」

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第32弾として「2020年インターネットでのフードデリバリーサービスに関する調査」を実施致しました。
本調査は、スマートフォンを所有する18歳~49歳の1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に住む男女1,144名を対象にしており、調査期間は2020年6月23日~6月26日です。

【調査結果サマリー】


■ インターネットでのフードデリバリーサービスの認知は86.0%
利用経験は46.4%、2019年より16.5ポイント増

■ 最も利用しているフードデリバリーサービスの上位は「直営店」「Uber Eats」「出前館」

■ フードデリバリーサービスを利用するシチュエーションの上位は
「料理をするのが面倒なとき」「その料理が食べたいとき」「外食したいが家を出るのが億劫なとき」

■ フードデリバリーサービスを利用する頻度「2、3ヶ月に1回程度」が最多で22.5%

■ フードデリバリーサービスの決済方法の上位は「クレカ」「代引き」「クレカ以外のオンライン決済」
2019年と比較すると「クレカ以外のオンライン決済」が19.3ポイント、「クレカ」が8.6ポイント増

■ 緊急事態宣言発令後の飲食店のデリバリー/テイクアウトの利用は84.9%





データをダウンロードする Download PDF


■ インターネットでのフードデリバリーサービスの認知は86.0%
利用経験は46.4%、2019年より16.5ポイント増


スマートフォンを所有する18歳~49歳の1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に住む男女1,144名を対象に、知っているフードデリバリーサービスについて聞いたところ(複数回答可)、「Uber Eats」が67.2%と最も多く、次いで「出前館」が64.0%、「直営店(ドミノ・ピザ、マクドナルドなど)」(以下直営店)が48.4%となった。次に、フードデリバリーサービスを知っていると回答した人(n=984)にフードデリバリーサービスの利用経験を聞いたところ、インターネットでフードデリバリーサービスを利用したことがある人は46.4%となり2019年の同様の調査と比較すると16.5ポイント増となった。

また、性年代別に1年以内のインターネットでのフードデリバリーサービスの利用経験をみると、男性で利用率が高かったのは30代で51.7%、女性は20代で57.5%となった。


■ 最も利用しているフードデリバリーサービスの上位は「直営店」「Uber Eats」「出前館」


フードデリバリーサービス利用者(n=457)を対象に、最も利用しているフードデリバリーサービスを聞いたところ、最も多かったのは「直営店」で32.8%、次いで「Uber Eats」が27.8%、「出前館」が16.6%となった。

2019年の同様の調査と比較すると、「直営店」が7.7ポイント減、「Uber Eats」が15.8ポイント増、「出前館」が4.5ポイント減となった。


■ フードデリバリーサービスを利用するシチュエーションの上位は
「料理をするのが面倒なとき」「その料理が食べたいとき」「外食したいが家を出るのが億劫なとき」


フードデリバリーサービス利用者(n=457)を対象に、フードデリバリーサービスを利用するシチュエーションを聞いたところ、(複数回答可)「料理をするのが面倒なとき」が55.8%と最も多く、次いで「その料理が食べたいとき」が40.0%、「外食したいが家を出るのが億劫なとき」が28.7%となった。


■ フードデリバリーサービスを利用する頻度「2、3ヶ月に1回程度」が最多で22.5%


フードデリバリーサービス利用者(n=457)を対象に、フードデリバリーサービスを利用する頻度を聞いたところ、「2、3ヶ月に1回程度」が22.5%と最も多く、次いで「1ヶ月に1回程度」が17.3%、「1ヶ月に2~3回程度」が16.6%となった。

2019年の同様の調査と比較すると「週に1回程度」が6.6ポイント、「1ヶ月に2~3回程度」が6.7ポイント、「1ヶ月に1回程度」が1.6ポイント増となり、昨年より利用頻度が増加していることがわかった。


■ フードデリバリーサービスの決済方法の上位は「クレカ」「代引き」「クレカ以外のオンライン決済」
2019年と比較すると「クレカ以外のオンライン決済」が19.3ポイント、「クレカ」が8.6ポイント増


フードデリバリーサービス利用者(n=457)を対象に、フードデリバリーサービスを利用する際の決済方法について聞いたところ、「クレジットカード支払い」が66.5%と最も多く、次いで「代金引換」が34.6%、「クレジットカード以外のオンライン決済」が26.5%となった。

2019年の同様の調査と比較すると「クレジットカード以外のオンライン決済」が19.3ポイント、「クレジットカード支払い」が8.6ポイント増えていることが分かった。


■ 緊急事態宣言発令後の飲食店のデリバリー/テイクアウトの利用は84.9%


フードデリバリーサービス利用者(n=457)を対象に、緊急事態宣言発令後に飲食店のデリバリーもしくはテイクアウトの利用について聞いたところ、「デリバリーを利用した」が38.3%、「テイクアウトを利用した」が20.8%、「デリバリー、テイクアウトの両方を利用した」が25.8%となり、合わせて84.9%の人が緊急事態宣言発令後にデリバリーもしくはテイクアウトを利用したことがわかった。


※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。


■ 調査のロウデータを販売しております。
販売商品:2020年インターネットでのフードデリバリーサービスに関する調査
納品形式:調査票・ロウデータ・GT表(Excel)
販売金額:100,000円(税抜)
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■ 調査概要
・ 調査期間:2020年6月23日~6月26日
・ 有効回答:1,144人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを所有する18歳~49歳の1都3県に住む男女
・ 設問数 :14問

調査全設問項目
Q1 あなたが知っているインターネットやアプリのフードデリバリーサービスを教えてください。あてはまるものすべてお答えください。
Q2 あなたはここ1年以内に、以下のインターネットやアプリのフードデリバリーサービスを使って出前を頼んだことがありますか?あてはまるものをすべてお答えください。
Q3 「Q2回答選択肢」の中で、最も利用しているサービスをひとつお答えください。
Q4 「Q3回答選択肢」を利用している理由としてあてはまるものをすべてお答えください。
Q5 あなたは「Q3回答選択肢」サービスをどこで知りましたか?あてはまるものをすべてお答えください。
Q6 あなたが「Q3回答選択肢」を利用し始めたキッカケを教えてください。あてはまるものをすべてお答えください。
Q7 あなたがフードデリバリーサービスを利用するシチュエーションについて、あてはまるものをすべてお答えください。
Q8 あなたがフードデリバリーサービスを利用する頻度を教えてください。
Q9 緊急事態宣言発令後に飲食店のデリバリーもしくはテイクアウトを利用しましたか?(1回以上)
Q10 あなたがフードデリバリーサービスを利用して良かったこととしてあてはまるものをすべてお答えください。
Q11 あなたがフードデリバリーサービスを利用して不満に思ったこと、困ったこととしてあてはまるものをすべてお答えください。
Q12 利用して不満に思ったこと、困ったことを、こんなことに遭遇したなどエピソードがあれば具体的に教えてください。
Q13 あなたはフードデリバリーサービスで何を頼むことが多いですか?あてはまるものをすべてお答えください。
Q14 あなたがフードデリバリーサービスを利用する際の決済方法としてあてはまるものをすべてお答えください。



データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。



MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop