トップページ

 > 

調査データ

 > 

緊急事態宣言解除後の在宅勤務頻度は発令中と比べ、「在宅勤務は行っていない」は増加、「完全在宅勤務」は減少

調査データ

日付:2020/6/25

執筆者:菊池 彩乃

緊急事態宣言解除後の在宅勤務頻度は発令中と比べ、「在宅勤務は行っていない」は増加、「完全在宅勤務」は減少

緊急事態宣言解除後の在宅勤務頻度は発令中と比べ、「在宅勤務は行っていない」は増加、「完全在宅勤務」は減少

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第31弾として「2020年6月在宅勤務に関する調査」を実施致しました。スマートフォンを所有する20歳~59歳の会社員の男女1,120人を対象に緊急事態宣言解除後の2020年6月2日に調査を行いました。※緊急事態宣言発令前発令中にも同様の調査を聴取しています。

【調査結果サマリー】


■ 緊急事態宣言解除後の在宅勤務頻度は発令中と比べ、
  「在宅勤務は行っていない」は増加、「完全在宅勤務」は減少

■ 新型コロナウイルスの影響で変化なく出社していることに対して
  「通常勤務のままでいい」がトップ 50代が50.8%に対し20代は29.1%と21.7ポイント差

■ 在宅勤務時に個人的にしたことで「フードデリバリーサービスを使って出前した」が
  5.9ポイントと最も増加




データをダウンロードする Download PDF


■ 緊急事態宣言解除後の在宅勤務頻度は発令中と比べ、
  「在宅勤務は行っていない」は増加、「完全在宅勤務」は減少


スマートフォンを所有する20歳~59歳の会社員の男女1,120人を対象に、新型コロナウイルスの影響で勤務体系に変化があったか複数回答で聞いたところ、変化があった勤務体系のうち「在宅勤務」が33.2%と最も多く、次に「時差出勤」が20.9%、「時短勤務」が14.5%となった。約4割は変わらずに出社していると回答した。



次に、在宅勤務をしている372人を対象に、在宅勤務の頻度について聞いたところ、「在宅勤務と必須出社が混ざっている」が38.4%と最も多く、次に「完全在宅勤務(出社は状況に応じて可能)」が23.1%、「現在は在宅勤務は行っていない(会社がやめてしまった)」が21.2%となった。
緊急事態宣言前後の推移を見ると、緊急事態宣言解除後で宣言前と発令中より増加した項目は「現在は在宅勤務は行っていない(会社がやめてしまった)」で、発令中と比べると19.0ポイント増加となった。対して減少した項目は完全在宅勤務となり、発令中と比べると「完全在宅勤務(出社は状況に応じて可能だが必須ではない)」は3.6ポイント、「完全在宅勤務(出社禁止)」は9.7ポイントそれぞれ減少となった。




■ 新型コロナウイルスの影響で変化なく出社していることに対して
  「通常勤務のままでいい」がトップ 50代が50.8%に対し20代は29.1%と21.7ポイント差


新型コロナウイルスの影響で勤務体系に変化がなく、変わらず出社していると回答した497人に、出社している理由を複数回答で聞いたところ、「在宅では行える仕事ではない」が61.8%と最も多く、次に「会社が在宅勤務を推奨していないから」が17.7%、「接客業のため在宅勤務ができないから」が17.3%となった。



続いて、変化なく出社していることに対してどう思うか複数回答で聞いたところ、「通常勤務のままでいい」が38.0%と最も多く、次に「時差出勤や時短勤務を導入してほしい」が18.1%、「在宅勤務を今後導入してほしい」が7.2%となった。



年代別で見てみると、「通常勤務のままでいい」は50代が50.8%、「時差出勤や時短勤務を導入してほしい」は30代が22.2%、「在宅勤務を今後導入してほしい」は20代が10.3%となった。20代と50代を比べると、最も差が出た項目は「通常勤務のままでいい」で21.7ポイント、次に「時差出勤や時短勤務を導入してほしい」が12.2ポイント、「在宅勤務を今すぐ導入してほしい」が10.3ポイント差となった。



緊急事態宣言前後の推移を見ると、緊急事態宣言解除後で宣言前と発令中より減少した項目は「時差出勤や時短勤務を導入してほしい」と「在宅勤務を今すぐ導入してほしい」で、発令中と比べると「時差出勤や時短勤務を導入してほしい」は8.8ポイント、「在宅勤務を今すぐ導入してほしい」は4.2ポイント減少となった。



■ 在宅勤務時に個人的にしたことで「フードデリバリーサービスを使って出前した」が
 5.9ポイントと最も増加


新型コロナウイルスの影響で在宅勤務をしていると回答した372人に、在宅勤務時に個人的にしたことを複数回答で聞いたところ、「部屋を片付けた」が40.9%と最も多く、「保存がきく食料を買った」が18.5%、「動画配信サービスを利用した」が18.0%となった。緊急事態宣言発令中と比べ、「インターネットやアプリのフードデリバリーサービスを使って出前した」が5.9ポイント、「フリマで不要なものを売った」が3.7ポイント、「部屋を片付けた」が2.4ポイントそれぞれ増加し、「保存がきく食料を買った」が4.1ポイント減少となった。



次に、在宅勤務で経験したエピソードをフリー回答で聞いており、一部抜粋して紹介する。

「家ではやはり気が抜けてしまうので仕事をするスペースや環境を作り、その費用が思いの外かかった。(20代・男性)」
「コミュニケーションが減りメールが増えて余計な時間が増えた。1人で考える時間が増えたので1人仕事には役立った。(30代・男性)」
「通勤がなくなっているので起床時間が遅くなり逆に夜型になってきたのが心配(40代・男性)」
「外出しなくなりタバコの量が増えた(50代・男性)」

「家での時間が増えたりメールなどを大画面で見ることが多くなったのでタブレットの機種変更とプラン変更をした。(20代・女性)」
「ネット回線状況が悪くweb会議で支障がでた(30代・女性)」
「新しいスキルを身につけないと生き残っていけないと気付いた(40代・女性)」
「デリバリーが増えて、出費が増えた(50代・女性)」



※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます


・ 本ページ内のグラフ
・ 回答者の属性情報(性別・年代など)
・ 在宅勤務の導入時期  ・・・など

データをダウンロードする Download PDF


■ 調査のロウデータを販売しております。
販売商品:2020年6月在宅勤務に関する調査
納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
販売金額:100,000円(税抜)
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■ 調査概要
・ 調査期間:2020年6月2日
・ 有効回答:1,120人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを所有する20歳~59歳の会社員の男女
・ 設問数 :14問

調査全設問項目
・ あなたの勤務先では、新型コロナウイルスの影響で勤務体系に変化はありましたか。あてはまるものをすべてお選びください。
・ あなたの現在の在宅勤務の頻度を教えてください。
・ とくになにもしていない(変わらず出社している)と回答した方に質問です。その理由を教えてください。
・ 通常と変わらず出社していることに対してどう思いますか?あてはまる理由を教えてください。
・ 在宅勤務を経験したとお答えした方にお伺いします。あなたの職場の在宅勤務の制度はいつからありますか?
・ 会社が在宅勤務をやめてしまったと回答した方にお伺いします。やめてしまった理由を教えてください。
・ あなたが現在勤めている会社についてお伺いします。会社の創立年を教えてください。
・ あなたが現在勤めている会社についてお伺いします。会社の従業員数(日本国内に限る、アルバイト含め)を教えてください。派遣や出向の方は派遣出向「先」の従業員数をお答えください。
・ 在宅勤務をしていて良かったと思う点をすべて教えてください。
・ 在宅勤務をしていて困った点をすべて教えてください。
・ あなたは在宅勤務時にビデオ通話をすることはありますか?
・ 在宅勤務時にビデオ通話を利用している、と回答した方にお伺いします。どういうシチュエーションでビデオ通話をしますか?すべて教えてください。
・ 在宅勤務で経験したエピソードがあれば教えてください。
・ 在宅勤務を機に個人的にしたことがあれば教えてください。



上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約


≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。



MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:菊池
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

菊池 彩乃(キクチ アヤノ)

菊池 彩乃(キクチ アヤノ)

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop