トップページ

 > 

調査データ

 > 

緊急事態宣言発令以降の買い物の変化は「実店舗への回数を減らした」が最多 今後のネット購入について、総合ECは「今後も購入」、ネットスーパーは「変わらない」

調査データ

日付:2020/6/17

執筆者:菊池 彩乃

緊急事態宣言発令以降の買い物の変化は「実店舗への回数を減らした」が最多 今後のネット購入について、総合ECは「今後も購入」、ネットスーパーは「変わらない」

緊急事態宣言発令以降の買い物の変化は「実店舗への回数を減らした」が最多 今後のネット購入について、総合ECは「今後も購入」、ネットスーパーは「変わらない」

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第30弾として「2020年5月新型コロナウイルスにおけるEC利用動向調査」を実施致しました。スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女2,128人を対象に2020年5月13日~5月18日の期間で調査を行いました。
※本調査は全2回のリリースとなり、第1回は総合EC・ネットスーパーの利用動向について、第2回は新型コロナウイルスにおけるEC利用動向についてご報告いたします。

【調査結果サマリー】


■ 利用頻度は3月以前と比べ、総合EC利用者は約3割増、ネットスーパー利用者は約5割増

■ 今後のネット購入について、総合ECは「今後も購入すると思う」が55.6%、
  ネットスーパーは「今まで通り購入頻度は変わらないと思う」が54.3%

■ 直近3ヶ月以内の購入で「書籍」「ゲーム、おもちゃ」「家電」はインターネット
  「食品」「ティッシュ・トイレットペーパー」「紙類・マスク以外の日用品」は実店舗

■ 直近3ヶ月以内の高額転売商品を半数以上が「見たことがある」と回答
  うち、購入経験のある商品は「マスク」が最多

■ 緊急事態宣言発令以降の買い物の変化は「実店舗への回数を減らした」が最多




データをダウンロードする Download PDF


■ 利用頻度は3月以前と比べ、総合EC利用者は約3割増、ネットスーパー利用者は約5割増


「2020年5月総合EC・ネットスーパー利用動向調査」にて総合ECを利用している18歳~69歳の男女1,830人を対象に、2020年3月以前と比べて利用頻度に変化があったか聞いたところ、全体で「増えた」「やや増えた」を合わせて増えたと回答した人は31.6%、「あまり変わらない」は62.2%、「減った」「やや減った」を合わせて減ったと回答した人は6.3%となった。年代別で見てみると、「増えた」「やや増えた」を合わせて増えたと回答した年代は10~20代が36.8%と最も多く、60代の27.5%と比べると9.3ポイント差となった。



ネットスーパーを利用している119人を対象に、2020年3月以前と比べて利用頻度に変化があったか聞いたところ、「増えた」「やや増えた」を合わせて増えたと回答した人は38.6%、「あまり変わらない」は51.3%、「減った」「やや減った」を合わせて減ったと回答した人は10.1%となった。年代別で見てみると、「増えた」「やや増えた」を合わせて増えたと回答した年代は10~20代が58.8%と最も多く、60代の20.6%と比べると38.2ポイント差となった。



■ 今後のネット購入について、総合ECは「今後も購入すると思う」が55.6%、
  ネットスーパーは「今まで通り購入頻度は変わらないと思う」が54.3%


総合ECまたはネットスーパーを利用している1,836人を対象に、今後インターネットで商品を購入するか総合ECとネットスーパーそれぞれで聞いたところ、総合ECは「今後も購入すると思う」が55.6%、ネットスーパーは「今まで通り購入頻度は変わらないと思う」が54.3%とそれぞれ最も多い結果となった。



■ 直近3ヶ月以内の購入で「書籍」「ゲーム、おもちゃ」「家電」はインターネット
  「食品」「ティッシュ・トイレットペーパー」「紙類・マスク以外の日用品」は実店舗


総合ECまたはネットスーパーを利用している1,836人を対象に、直近3ヶ月以内の商品の購入についてインターネットと実店舗どちらの利用が多いか聞いたところ、インターネットでの購入が多い商品は「書籍」が37.4%と最も多く、次に「ゲーム、おもちゃ」が30.3%、「家電」が28.4%となった。実店舗での購入が多い商品は「食品」が85.5%と最も多く、次に「ティッシュ・トイレットペーパー」が76.6%、「紙類・マスク以外の日用品」が76.4%となった。



■ 直近3ヶ月以内の高額転売商品を半数以上が「見たことがある」と回答
  うち、購入経験のある商品は「マスク」が最多


総合ECを利用している1,830人を対象に、直近3ヶ月以内に高額で転売されている商品を見たことがあるか聞いたところ、「見たことがある」が53.8%、「見たことはない」が46.2%と見た経験がある人は半数以上となった。



次に、直近3ヶ月以内に高額で転売されている商品を見たことがある985人を対象に、高額転売商品の購入経験を複数回答で聞いたところ、購入経験がある人は32.6%で、そのうち購入商品は「マスク」が29.4%と最も多く、次に「除菌、アルコール消毒類」が12.3%、「ゲーム機本体」が7.6%となり、購入経験がない人は67.4%となった。



続いて、年代別で上位3項目について見てみると、「マスク」は10~20代が38.7%、30代が38.5%、「除菌、アルコール消毒類」は10~20代が22.0%、30代が16.0%、「ゲーム機本体」は10~20代が16.7%、30代が10.7%という結果となった。



■ 緊急事態宣言発令以降の買い物の変化は「実店舗への回数を減らした」が最多


スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女2,128人を対象に、緊急事態宣言発令以降に買い物の仕方に変化があったか複数回答で聞いたところ、「実店舗に買いに行く回数を減らした」が43.1%と最も多く、次に「店舗の消毒液を必ず使うようになった」が41.4%、「スーパーに買いに行く際に、混雑時間を避けた」が35.1%となった。



続いて、年代別で上位3項目について見てみると、「実店舗に買いに行く回数を減らした」は60代が49.6%、50代が42.5%、「店舗の消毒液を必ず使うようになった」は60代が49.4%、50代が47.2%、「スーパーに買いに行く際に、混雑時間を避けた」は60代が45.1%、50代が39.9%という結果となった。




※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます


・ 本ページ内のグラフ
・ 回答者の属性情報(性別・年代など)
・ 高額転売商品の購入経験  ・・・など

データをダウンロードする Download PDF


■ 調査のロウデータを販売しております。
販売商品:2020年5月総合EC・ネットスーパー利用動向調査
     2020年5月新型コロナウイルスにおけるEC利用動向調査
納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
販売金額:200,000円(税抜)
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■ 調査概要
・ 調査期間:2020年5月13日~5月18日
・ 有効回答:2,128人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女
・ 設問数:20問

調査全設問項目
・ 総合EC(通販サイト、ネットショップの総称)について、あなたにあてはまるものをお選びください。※ZOZOTOWN、ニッセン、メーカー・ブランド公式(ユニクロ、ニトリ等)、小売店公式(ヨドバシカメラドットコム、ヤマダウェブコム等)などの一部に特化したECは除く
・ 現在利用しているとお答えした方にお聞きします。あなたが最も利用している総合ECを教えてください。
・ あなたが総合ECを利用する際に最も使用するデバイスを教えてください。
・ あなたが総合ECを利用する頻度を教えてください。
・ 総合ECの利用頻度は3月以前と比べて変化はありますか?
・ 現在、マスクやトイレットペーパーなど、品薄になっているものが高額で出品されています。あなたは直近3ヶ月以内で高額で転売されている商品を見たことがありますか?
・ 高額で転売されているものを見たことがあると回答した方にお伺いします。高額で転売されている商品を購入したことはありますか?購入したことがあるものをすべて教えてください。
・ 総合ECの関連サービスを利用しているかそれぞれ教えてください。
・ 総合ECの関連サービスを利用していると回答した方にお聞きします。関連サービスを利用する理由をすべて教えてください。
・ あなたが利用しているポイントをすべて教えてください。
・ ネットスーパーについて、あなたにあてはまるものをお選びください。
・ 現在利用しているとお答えした方にお聞きします。あなたが最も利用しているネットスーパーを教えてください。
・ 現在利用しているとお答えした方にお聞きします。あなたがネットスーパーを利用する際に最も使用するデバイスを教えてください。
・ 現在利用しているとお答えした方にお聞きします。あなたがネットスーパーを利用する頻度を教えてください。
・ ネットスーパーの利用頻度は3月以前と比べて変化はありますか?
・ あなたは商品を購入する際、インターネットと実店舗どちらの利用が多いですか。直近3ヶ月以内の行動でそれぞれ教えてください。
・ あなたは緊急事態宣言発令以降、買い物の仕方に変化はありましたか?あてはまるものをすべて教えてください。
・ インターネットで商品を購入する際に良かった点をすべて教えてください。
・ インターネットで商品を購入する際に困った点をすべて教えてください。
・ インターネットで商品を購入することについて、今後のあなたの気持ちにあてはまるものをすべて教えてください。



上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約


≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。



MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:菊池
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

菊池 彩乃(キクチ アヤノ)

菊池 彩乃(キクチ アヤノ)

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop