スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

プレスリリース

2021年12月24日

【バックナンバー】12月 通信に関する調査のまとめ

今年はオンライン専用プランのahamo、povo、LINEMOが加わりました。
それにより乗り換える人も増え、通信サービスのシェアや支払っていた通信料金など変動したかと思います。

今回は通信に関する調査をご紹介します。
是非ご覧ください。

2021年12月通信サービスの料金と容量に関する実態調査

■ 月々の携帯料金の支払い、平均金額(通話代込み)は大手3キャリアが8,471円、オンライン専用プランは6,345円、サブブランドは4,673円、MVNOは3,841円

 

2021年12月通信サービスの利用動向調査

■ メイン利用のMNO4キャリア合計は90.7%、うちオンライン専用プランは6.8%、サブブランドは12.8%

■ ahamoは75.0%、povoは83.7%、LINEMOは63.2%が同一キャリアから移行

 

2021年夏の大手4キャリアの満足度と契約状況調査

■ 大手4キャリア+キャリアサブブランドの総合満足度は
「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」が984ptでトップ、次いで「UQ mobile」が969pt

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます

■ 春から夏の契約シェアは「ahamo」が20.9%、次いで「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」が17.6%

 

バックナンバー一覧

  • 2021年12月通信サービスの料金と容量に関する実態調査
  • 2021年12月通信サービスの利用動向調査
  • 2021年夏の大手4キャリアの満足度と契約状況調査

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。