スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

調査データ

2021年4月13日

オンラインの本人確認(eKYC)の利用経験者は12.0%、オンラインや郵送・窓口での本人確認手続き中、面倒になり中断したことがあるのは41.6%

MMD研究所は、20歳~69歳のスマートフォンを所有する男女659人を対象に2021年3月23日~3月30日の期間で「本人確認(eKYC)に関する調査」を実施いたしました。

【調査結果サマリー】

■ オンラインの本人確認(eKYC)の認知は28.6%、利用経験者は12.0%
  利用経験は20代が19.7%、「全く知らない」は60代が86.8%でそれぞれ最多
■ オンラインや郵送・窓口での本人確認手続き中、面倒になり中断したことがあるのは41.6%
■ eKYC利用経験者の9割以上が今後さらに普及してほしいと回答
  利用して感じたメリットは「郵送や書類コピーなどの手間が減った」が最多で67.1%
■ eKYC未経験者の利用意向、40.5%は「利用したいと思う」と回答
  希望する利用シーンは「クレジットカード発行時」「銀行・証券口座開設時」「キャッシュレス決済サービス利用時」

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

オンラインの本人確認(eKYC)の認知は28.6%、利用経験者は12.0%
利用経験は20代が19.7%、「全く知らない」は60代が86.8%でそれぞれ最多

20歳~69歳のスマートフォンを所有する男女659人を対象に、オンライン上で完結する本人確認の方法「eKYC」を知っているか聞いたところ、「全く知らない」が最も多く71.5%となり、次いで「利用したことがある」が12.0%、「名称は知っているが、どんな内容なのか知らない」が5.9%となった。
年代別で見ると、「利用したことがある」は20代(n=117)が最も多く19.7%、次いで30代(n=130)が16.2%、40代(n=165)が11.5%となった。「全く知らない」は60代(n=106)が最も多く86.8%、次いで50代(n=141)が79.4%、40代(n=165)が75.2%となった。

 

オンラインや郵送・窓口での本人確認手続き中、面倒になり中断したことがあるのは41.6%

20歳~69歳のスマートフォンを所有する男女659人を対象に、オンラインでの銀行口座開設やクレジットカード発行などの本人確認手続き中に、アプリのインストールや書類郵送、窓口に向かうのが面倒になり、手続きを中断したことはあるか聞いたところ(本人確認の手続きをしたことがない222人を除く)、「手続きを中断したことがある」が41.6%となり、「手続きを中断したことがない」が41.9%となった。

 

eKYC利用経験者の9割以上が今後さらに普及してほしいと回答
利用して感じたメリットは「郵送や書類コピーなどの手間が減った」が最多で67.1%

オンライン上で完結する本人確認(以下、eKYC)の経験者79人に、eKYCが今後さらに普及してほしいか聞いたところ、「とてもそう思う」は58.2%、「ややそう思う」は36.7%となり、普及に肯定的なのは合わせて94.9%となった。

次に、eKYCを利用して感じたメリットを聞いたところ(複数回答)、「郵送や書類コピーなどの手間が減った」が最も多く67.1%、次いで「スピーディーに手続きできる」が63.3%、「外出しなくて済む」が59.5%となった。

続いて、eKYCを利用して感じたデメリットを聞いたところ(複数回答)、「個人情報の漏洩の可能性」が最も多く41.8%、「何回試しても認証されない」が31.6%、「本人確認書類の画像や動画などの読み込みができない」が29.1%となった。

続いて、利用したことのあるシーンを聞いたところ(無回答者1人を除く、複数回答)、「銀行・証券口座開設時」が最も多く59.0%、次いで「キャッシュレス決済サービス利用時」が43.6%、「クレジットカード発行時」が35.9%となった。

 

eKYC未経験者の利用意向、40.5%は「利用したいと思う」と回答
希望する利用シーンは「クレジットカード発行時」「銀行・証券口座開設時」「キャッシュレス決済サービス利用時」

eKYC未経験者580人に、eKYCを今後利用したいと思うか聞いたところ、「利用したいと思う」は13.6%、「やや利用したいと思う」は26.9%となり、利用することに肯定的なのは合わせて40.5%となった。「利用したいと思わない」は16.6%、「あまり利用したいと思わない」は20.0%となり、利用することに否定的なのは合わせて36.6%となった。

次に、eKYCを今後利用したいと思うと回答した235人に、希望する利用シーンを聞いたところ(複数回答)、「クレジットカード発行時」が最も多く57.0%、次いで「銀行・証券口座開設時」が49.8%、「キャッシュレス決済サービス利用時」が49.4%となった。

 

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます

  • 本ページ内のグラフ
  • 回答者の属性情報(性別・年代など)

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

■ 調査のロウデータを販売しております

販売商品:本人確認(eKYC)に関する調査
納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
販売金額:36,000円(税抜)
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

■ 調査概要

調査期間:2021年3月23日~3月30日
有効回答:659人
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを所有する20歳~69歳の男女
設問数  :8問

■ 調査全設問項目

Q1 あなたは「eKYC」という本人確認の方法を知っていますか?
※「eKYC」とは、身分証明書の情報や本人の顔を撮影した画像をスマートフォンまたはPCで送信するようなオンライン上で完結する本人確認の方法のことです。
Q2 あなたは、オンラインでの銀行口座開設やクレジットカード発行などでの本人確認手続き中に、アプリのインストールや書類郵送、窓口に向かうのが面倒になり、手続きを中断したことはありますか。
Q3 オンライン上で完結する本人確認(eKYC)を利用したことがある方にお聞きします。あなたが経験したことのある利用シーンをすべてお選びください。
Q4 あなたがオンライン上で完結する本人確認(eKYC)を利用して感じたメリットとしてあてはまるものをすべてお選びください。
Q5 あなたがオンライン上で完結する本人確認(eKYC)を利用して感じたデメリットとしてあてはまるものをすべてお選びください。
Q6 あなたはオンライン上で完結する本人確認(eKYC)が今後さらに普及してほしいと思いますか。
Q7 オンライン上で完結する本人確認(eKYC)を利用したことがない方にお聞きします。あなたはオンライン上で完結する本人確認(eKYC)を今後利用してみたいと思いますか。
※「eKYC」とは、身分証明書の情報や本人の顔を撮影した画像をスマートフォンまたはPCで送信するようなオンライン上で完結する本人確認の方法のことです。
Q8 前問で「利用したいと思う」、「やや利用したいと思う」と回答した方にお聞きします。あなたが希望する利用シーンをすべてお選びください。

上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

  • 営利を目的としないこと
  • それによって経済的な利益を得ることがないこと

※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。