トップページ

 > 

プレスリリース

 > 

【マカフィー×MMD研究所 特別対談ホワイトペーパー】 「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化

プレスリリース

日付:2019/4/10

記事提供会社:MMDLabo株式会社

【マカフィー×MMD研究所 特別対談ホワイトペーパー】 「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化

【マカフィー×MMD研究所 特別対談ホワイトペーパー】 「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加

【マカフィー×MMD研究所 特別対談ホワイトペーパー】
「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化


モバイル専門マーケティングリサーチ機関であるMMD研究所(東京都港区、所長:吉本浩司)は、マカフィー株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 辰夫)と2018年12月に実施した『「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化』をまとめたホワイトペーパーをリリースいたしました。

調査を元に国内コンシューマ製品のマーケティングを統括するマカフィー株式会社の執行役員青木大知氏とMMD研究所所長の吉本浩司が対談を行い、3つのコラムと総括のコメントをまとめました。
調査から見えたIoTのニーズについて考察しています。

<ホワイトペーパータイトル>

『「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化 日本におけるIoT意識調査』

<対談目次>

■ 共同調査実施の思い
■ 日本におけるIoT意識調査
■ IoTは30-40代の働き盛りの時間や行動制約を改善するソリューションとなる
■ 子育て世代(30-40代)の母親の育児をIoTで支えるために必要なことは?
■ 自分の健康と高齢の親が気になり始める30-40代がIoTに求めていることは?
■ 共同調査を振り返って

現在、IoT(Internet of Things)は「モノのインターネット」と翻訳されています。

あらゆるモノがネットにつながる時代ですが、本当に必要なのはネットでつながったことによって得られるコト、体験や価値なのではないか?という仮説から、今回の調査を実施いたしました。
世の中をますます便利にする仕組みである「IoT」、調査で明らかになったのはIoTのニーズと普及における現状の課題でした。

調査結果はメディアにも掲載され、IoTへの注目度の高さが伺えました。
IoTを普及させてより便利な世の中を作るためには、サービス提供者や自治体、国の動きはどうあるべきなのでしょうか。

それを探るために、調査後に執行役員青木大知氏とMMD研究所所長の吉本浩司で調査を読み解く対談を行いました。IoTのニーズと課題について調査を深堀する3つのコラムを執筆いたしました。
本ホワイトペーパーは調査、コラム、2社のIoTに対する総括コメントを収録しています。
是非ご覧ください。


データをダウンロードする Download PDF


【ホワイトペーパー掲載作品】

「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化 日本におけるIoT意識調査

2018年10月3日~10月5日の期間でスマートフォンを利用する20歳~69歳の男女1,000人を対象に調査を実施いたしました。

第一回目コラム:IoTは30-40代の働き盛りの時間や行動制約を改善するソリューションとなる

言葉はよく聞くがイマイチ理解が難しい「IoT」に関してマカフィー セキュリティエヴァンジェリストの青木大知氏とMMD研究所 所長の吉本浩司との対談を行いました。対談中に二人が注目したのは働き盛りの子育て世代で、親も介護予備軍に含まれてきて、自身の健康も気になりはじめる30代~40代でした。本コラムは「生活と時間」に焦点をあてて解説しています。

第二回目コラム:子育て世代(30-40代)の母親の育児をIoTで支えるために必要なことは?

第一弾コラムでわかったのはやりたい"コト"には「場所」というキーワードがあり「不安」をIoTによって解消したいニーズでした。そのニーズは"自分以外に守るべき対象"と"自分の時間を自由に使えなくなる不満"の2つの環境を持つことでより高まることがわかりました。今回は子育て世代(30代~40代)の母親がIoTに求めるコトをより掘り下げています。

第三回目コラム:自分の健康と高齢の親が気になり始める30-40代がIoTに求めていることは?

第一弾、第二弾ではIoTで出来るようになる"コト"のニーズに注目する重要性を述べてきました。そこには「場所」というキーワードがあり、「時間」という問題点も浮き彫りになりました。その「場所」と「時間」で解消したいものは「不安」であり、「不安」の原因となっているのは "自分以外に守るべき対象"の存在でした。第二弾ではその対象である"子ども"にフォーカスしたが、今回は"自分自身の健康"と"高齢の親の介護"を中心に30代~40代の悩みを解説しています。

データをダウンロードする Download PDF



上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約


≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

記事提供会社

MMDLabo株式会社

MMDLabo株式会社
WEB:http://www.mmdlabo.co.jp/
住所:東京都港区港南2-4-13 スターゼン品川ビル2階
TEL:03-6451-4414
代表者:吉本 浩司
Twitter:https://twitter.com/mmd_labo
facebook:https://www.facebook.com/mmdlabo

マーケティングリサーチ、プレスリリース代行、インバウンドマーケティング、MMD研究所の企画・運営

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop