スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

調査データ

2021年5月11日

スマートフォンで健康記録経験者の記録方法は「アプリのみ」が70.1%、「ウェアラブルデバイス使用」は27.4%

MMD研究所は、予備調査では15歳~79歳の男女6,521人、本調査ではウェアラブルデバイスで健康に関する記録をしている322人を対象に2021年4月7日~4月16日の期間で「スマートフォンやウェアラブルデバイスでのヘルスケアに関する調査」を実施いたしました。調査結果は以下の通りです。

【調査結果サマリー】

■ 約4割がスマートフォンでの健康記録経験あり
  性年代別では20代女性、10代女性、20代男性と若年層がトップ
■ 健康記録経験者の記録方法は「アプリのみ」が70.1%、「ウェアラブルデバイス使用」は27.4%
  健康記録未経験者の約3割が健康管理できるデバイスやアプリを利用したい
■ ウェアラブルデバイスの健康記録をしたきっかけは男女ともに「健康への意識が芽生えたから」
■ ウェアラブルデバイスを利用する際に感じるメリットは「記録が簡単にできる」
  デメリットは「充電が面倒くさい」

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

約4割がスマートフォンでの健康記録経験あり
性年代別では20代女性、10代女性、20代男性と若年層がトップ

15歳~79歳の男女6,521人を対象に、スマートフォンを所有しているか聞いたところ、88.1%がスマートフォンを所有していると回答した。
スマートフォンを所有している5,742人を対象に、現在スマートフォンで健康に関する記録をしているか聞いたところ、「現在記録をしている」が29.7%、「過去に記録をしていたが、現在は記録していない」が9.2%となり、合わせて38.9%が健康に関する記録をしたことがあるとなった。

性年代別でみると、「現在記録をしている」と「過去に記録をしていたが、現在は記録していない」を合わせた健康記録経験者は20代女性(n=386)が52.8%と最も多く、次に10代女性(n=183)が50.8%、20代男性(n=378)が47.4%となった。「記録していない」は70代女性(n=439)が76.5%と最も多く、次に60代女性(n=463)が71.3%、40代女性(n=565)が67.4%となった。

 

健康記録経験者の記録方法は「アプリのみ」が70.1%、「ウェアラブルデバイス使用」は27.4%
健康記録未経験者の約3割が健康管理できるデバイスやアプリを利用したい

スマートフォンで健康に関する記録をしたことがある2,234人を対象に、スマートフォンで健康に関する記録をどのように行っていたか聞いたところ、「アプリのみで記録」が70.1%と最も多く、次に「ウェアラブルデバイスを使って記録」が14.2%、「アプリとウェアラブルデバイス両方で記録」が13.2%となった。

続いて、ウェアラブルデバイスやアプリで健康に関する記録をしたことがある項目を複数回答で聞いたところ(無回答者80人を除く)、「運動した時間」が58.4%と最も多く、次に「身長や体重」が47.3%、「起床・就寝時間」が25.6%となった。

次に、スマートフォンで健康に関する記録をしたことがない4,287人を対象に、健康データを管理できるデバイスやアプリがあれば利用したいか聞いたところ、「とても利用したいと思う」が2.9%、「利用したいと思う」が28.4%となり、合わせて31.3%が利用したいと回答した。

 

ウェアラブルデバイスの健康記録をしたきっかけは男女ともに「健康への意識が芽生えたから」

予備調査からウェアラブルデバイスで健康に関する記録をしている322人を抽出し、ウェアラブルデバイスを使った健康に関する記録をしたきっかけを複数回答で聞いたところ、「健康への意識が芽生えたから」が42.2%と最も多く、次に「ウェアラブルデバイスを身に付けたかったから」が33.9%、「体重が増えたから」が32.3%となった。
性別でみると、男性(n=222)は「健康への意識が芽生えたから」が37.8%と最も多く、次に「ウェアラブルデバイスを身に付けたかったから」が36.9%、「体重が増えたから」が31.5%となり、女性(n=100)は「健康への意識が芽生えたから」が52.0%と最も多く、次に「自分を見直したいから」が39.0%、「運動しなくなったから」が36.0%となった。

 

ウェアラブルデバイスを利用する際に感じるメリットは「記録が簡単にできる」
デメリットは「充電が面倒くさい」

ウェアラブルデバイスで健康に関する記録をしている322人を対象に、ウェアラブルデバイスを利用する際に感じるメリットを複数回答で聞いたところ、「記録が簡単にできる」が62.1%と最も多く、次に「健康状態がわかる」が47.2%、「通知にすぐ気付くことができる」が46.9%となった。

続いて、ウェアラブルデバイスを利用する際に感じるデメリットを複数回答で聞いたところ、「充電が面倒くさい」が36.6%と最も多く、次に「バッテリーの減りが早い」が34.2%、「価格が高い」が29.5%となった。

 

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます

  • 本ページ内のグラフ
  • 回答者の属性情報(性別・年代など)
  • ウェアラブルデバイスを使った健康に関する記録を行う頻度 ・・・など

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

■ 調査のロウデータを販売しております

販売商品:スマートフォンやウェアラブルデバイスでのヘルスケアに関する調査
納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
販売金額:100,000円+消費税10,000円
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

■ 調査概要

調査期間:2021年4月7日~4月16日
有効回答:予備調査6,521人、本調査322人
調査方法:インターネット調査
調査対象:<予備調査>15歳~79歳の男女
     <本調査>ウェアラブルデバイスで健康に関する記録をしている人
設問数  :予備調査5問、本調査5問

■ 調査全設問項目

<予備調査>
・ あなたは現在スマートフォンで健康に関する記録をしていますか?
・ スマートフォンで健康に関する記録をしたことがあると回答した方にお伺いします。あなたはスマートフォンで健康に関する記録をどのように行っていましたか?
・ あなたがウェアラブルデバイス(スマートウォッチやスマートブレスレットなど)やアプリで健康に関する記録をしたことがある項目をすべて教えてください。
・ スマートフォンで健康に関する記録をしたことがないと回答した方にお伺いします。あなたは健康データを管理できるデバイス(電子機器や端末など)やアプリがあれば利用したいですか?
・ 健康データを管理できるデバイス(電子機器や端末など)やアプリを利用したいと回答した方にお伺いします。もし健康データを管理できるデバイスやアプリを利用した場合、あなたはどのような事を記録しますか?記録する項目をすべて教えてください。

<本調査>
・ あなたがウェアラブルデバイスを使った健康に関する記録をしたきっかけをすべて教えてください。
・ あなたがウェアラブルデバイス(スマートウォッチやスマートブレスレットなど)を使った健康に関する記録を行う頻度を教えてください。
・ あなたがウェアラブルデバイス(スマートウォッチやスマートブレスレットなど)を利用する場面をすべて教えてください。
・ あなたがウェアラブルデバイス(スマートウォッチやスマートブレスレットなど)を利用する際に感じるメリットをすべて教えてください。
・ あなたがウェアラブルデバイス(スマートウォッチやスマートブレスレットなど)を利用する際に感じるデメリットをすべて教えてください。

上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

  • 営利を目的としないこと
  • それによって経済的な利益を得ることがないこと

※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。