スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

調査データ

2021年3月11日

通信キャリアのプラン変更・乗換え検討先はトップがドコモ、次いで楽天モバイル、「ahamo」の72.9%、「povo」の82.4%、「LINEMO」の76.6%は現通信キャリアから移行

MMD研究所は、18歳~69歳の男女40,000人を対象に2021年2月8日~2月10日の期間で「2021年3月 通信サービスの利用動向調査」を実施し、その中から「通信サービスのプラン変更・乗換え意識」をまとめました。
※本リリースでは、アンケート調査により回収されたサンプルを人口構成比に合わせるために、ウエイトバック集計しています。
※グラフ表記の「LINEMO」に関し、調査配信時にはまだプラン名称の発表がされておらず、「SoftBank on LINE」の表記で調査を実施し、本リリースでは「LINEMO」としています。

【調査結果サマリー】


■ docomo、au、SoftBankの通信のみの月額料金は平均で6,786円、
  Y!mobile、UQ mobileは平均で3,548円、MVNOは平均で2,030円

■ オンラインでの契約経験無しはdocomoで64.4%、auで73.6%、SoftBankで72.1%

■ 通信キャリアのプラン変更・乗り換え検討先はトップがドコモ、次いで楽天モバイル
  「ahamo」の72.9%、「povo」の82.4%、「LINEMO」の76.6%は現通信キャリアから移行

■ 各社の発表を受け、新たに2台目としてサブ回線を契約検討している人は5.6%
  契約検討先1位は「Rakuten UN-LIMIT」で24.8%、次いで「docomo」18.7%、
  「ahamo」15.4%




調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする


■ docomo、au、SoftBankの通信のみの月額料金は平均で6,786円、
  Y!mobile、UQ mobileは平均で3,548円、MVNOは平均で2,030円


18歳~69歳の男女40,000人のうち、通信契約をしているスマートフォンを現在メイン利用している34,489人を対象に、通信の月額料金を通信サービス別に聞いたところ(支払っている月額料金が分からない回答者を除く)、docomo、au、SoftBankの合計(n=21,816)は平均で6,786円となり、Y!mobile、UQ mobileの合計(n=3,544)は平均で3,548円、MVNO(n=3,701)は2,030円であることがわかった。 ※Rakuten UN-LIMITは無料期間のため除く


次に、通信の月額料金の詳細をみると、docomo、au、SoftBankの合計(n=21,816)は「4,000円~5,000円未満」と「5,000円~6,000円未満」が12.4%、Y!mobile、UQ mobileの合計(n=3,544)は「2,000円~3,000円未満」が32.6%、MVNO(n=3,701)は「1,000円~2,000円未満」が55.8%でそれぞれ最も多い結果となった。 ※Rakuten UN-LIMITは無料期間のため除く



■ オンラインでの契約経験無しはdocomoで64.4%、auで73.6%、SoftBankで72.1%


通信契約をしている携帯電話・スマートフォンを現在利用している37,731人を対象に、通信会社の新規契約や機種変更、プラン変更等の手続きをオンライン上で行ったことがあるか通信サービス別に聞いたところ、「オンラインでの契約経験がない」はau(n=9,232)が最も多く73.6%、次いでSoftBank(n=5,931)が72.1%、docomo(n=13,214)が64.4%となった。



■ 通信キャリアのプラン変更・乗り換え検討先はトップがドコモ、次いで楽天モバイル
  「ahamo」の72.9%、「povo」の82.4%、「LINEMO」の76.6%は現通信キャリアから移行


通信契約をしている携帯電話・スマートフォンを現在利用している37,731人のうち、メイン利用の通信会社の料金プラン変更や乗り換えを検討しているか聞いたところ、「検討している」が37.0%となり、「検討していない」が63.0%となった。


次に、料金プラン変更や乗り換えを検討している13,962人を対象に、メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信会社での次のプラン変更や乗り換えの検討先を聞いたところ(3つまで回答可)、「docomo(ahamo以外のプラン)」が最も多く24.7%、次いで「ahamo」が21.8%、「Rakuten UN-LIMIT」が18.1%となった。


続いて、契約変更先として最も検討度が高いプラン別に、現在利用している通信キャリアで表にしたところ、docomo、au、SoftBankの新プランである、「ahamo」の72.9%、「povo」の82.4%、「LINEMO」の76.6%は現在利用の通信キャリアからの移行検討であった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます

※現在利用しているキャリアにて自動でプラン移行やアップグレードされるサービスの場合は0%表記になります。


■ 各社の発表を受け、新たに2台目としてサブ回線を契約検討している人は5.6%
  契約検討先1位は「Rakuten UN-LIMIT」で24.8%、次いで「docomo」18.7%、
  「ahamo」15.4%


サブ端末を持っていない33,626人に、2台目のスマートフォンの契約を検討しているか聞いたところ、「検討している」が5.6%となり、「検討していない」が94.4%となった。

次に、2台目のスマートフォンの契約を検討している1,893人に、契約検討先を聞いたところ(3つまで回答可)、「Rakuten UN-LIMIT」が24.8%と最も多く、次いで「docomo(ahamo以外のプラン)」が18.7%、「ahamo」が15.4%であることがわかった。




※グラフ表記の「LINEMO」に関し、調査時にはまだプラン名称の発表がされておらず、「SoftBank on LINE」の表記で調査を実施し、本リリースでは「LINEMO」としています。
※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます


・ 本ページ内のグラフ
・ 回答者の属性情報(性別・年代など)

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする


■ 調査のロウデータを販売しております。
販売商品:2021年3月 通信サービスのプラン変更・乗換え意識調査
納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
販売金額:350,000円(税抜)
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■ 調査概要
・ 調査期間:2021年2月8日~2月10日
・ 有効回答:40,000人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:18歳~69歳の男女
・ 設問数 :20問


調査全設問項目
Q1 あなたがメイン利用しているモバイル端末と、サブ利用しているモバイル端末として当てはまるものをそれぞれお選びください。
Q2 あなたが現在メイン端末、サブ端末を契約している通信事業者をそれぞれお選びください。
Q3 あなたが現在メイン端末、サブ端末を契約している通信事業者を利用し始めた時期として当てはまるものをひとつお選びください。
Q4 フィーチャーフォン(ガラケー)をメインで利用している方にお伺いします。あなたはメインで利用する端末として、スマートフォンを持ちたいと思いますか?当てはまるものをひとつお選びください。
Q5 あなたが現在メイン利用している端末の機種として当てはまるものを教えてください。
Q6 あなたが現在メイン端末を契約している通信事業者で契約している料金プランとして当てはまるものをひとつお選びください。
Q7 あなたが現在メイン端末を契約している通信事業者で契約している月間のデータ容量プランと、実際に使用している月間のデータ容量として当てはまるものをそれぞれひとつずつお選びください。
Q8 あなたが現在メイン利用端末を契約している通信事業者で加入している(適応されている)割引プランとして当てはまるものを全てお選びください。
Q9 あなたが現在メインで利用している端末の1ヶ月の通信料金として当てはまるものをそれぞれお選びください。
※通信料金は、端末代や光回線の料金は含まずにお答えください。
Q10 あなたが現在メインで利用している端末の契約・購入場所について当てはまるものをひとつお選びください。
Q11 あなたは今まで通信会社の乗り換えを行ったことがありますか?また、通信会社の新規契約や機種変更、プラン変更等の手続きをオンライン上で行ったことがありますか?行ったことがある人は、それぞれ何回行ったことがあるか、当てはまる回数をひとつずつお選びください。
Q12 あなたが現在利用しているメイン端末、サブ端末を契約している「Q2回答選択肢表示」の満足度は、10点満点中何点ですか?
Q13 下記の料金プランについて、あなたの認知状況として当てはまるものをお選びください。
Q14 前問で新料金プランを知っている(名前を聞いたことがある)と回答した人にお伺いします。あなたは通信会社の新料金プランをどこで知りましたか?当てはまるものをそれぞれひとつお選びください。
Q15 前問で新料金プランを「聞いたことがあり、内容も知っている」と回答した人にお伺いします。あなたは新料金プランの内容を調べましたか?調べた場合は、調べたところに関して当てはまるものを全て教えてください。
Q16 あなたは現在利用している通信会社から他社の通信会社へ乗り換え、または同じ通信会社内で料金プラン変更を検討していますか?乗り換えを検討している会社や変更を検討している料金プランが複数ある場合は、3つまで選択してください。
Q17 最も検討度合いが高い通信会社(料金プラン)をひとつ教えてください。現在2台目のスマートフォン契約を検討している方は検討している通信会社のうち、最も検討しているものをひとつだけお選びください。
Q18 前問で、docomo(ahamo)、au(povo)、SoftBank(SoftBank on LINE)いずれかへの乗り換え、もしくはプラン変更を検討していると回答した方にお伺いします。あなたが現在最も検討している通信会社(料金プラン)にすでに先行エントリーをしていますか?前問で、Rakuten UN-LIMITへの乗り換えを検討していると回答した方にお伺いします。楽天モバイルの新料金プラン(Rakuten UN-LIMIT Ⅵ)の発表はあなたの契約検討具合に影響していますか?
Q19 現在利用している通信会社から他社の通信会社へ乗り換え、または同じ通信会社内で料金プラン変更を検討している方にお伺いします。最も検討度合いが高い通信会社(料金プラン)への乗り換え(料金プランの変更)をあなたはいつ頃行おうとしていますか?最も当てはまる時期をひとつお選びください。
Q20 あなたが他社へ乗り換え、または契約プラン変更を検討している理由として当てはまるものを全て教えてください。あなたがサブ利用のスマートフォン契約を検討している理由として当てはまるものを全てお選びください。



上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約


≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。