トップページ

 > 

調査データ

 > 

新型コロナウイルスによって約2割の人が支払い方法に変化あり 「現金」の利用が減ったのは73.6%、一方で「スマホ決済」の利用は増加

調査データ

日付:2020/4/30

執筆者:MMD研究所

新型コロナウイルスによって約2割の人が支払い方法に変化あり 「現金」の利用が減ったのは73.6%、一方で「スマホ決済」の利用は増加

 新型コロナウイルスによって約2割の人が支払い方法に変化あり 「現金」の利用が減ったのは73.6%、一方で「スマホ決済」の利用は増加

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第26弾として「新型コロナウイルスによる支払い方法の変化に関する調査」を実施致しました。スマートフォンを利用する18歳~69歳の男女5,530人を対象に2020年4月22日に調査を実施いたしました。
調査結果は以下の通りです。

【調査結果サマリー】

■ 支払い方法の上位は「現金」88.4%、「クレジットカード」68.7%、「QRコード式のスマホ決済」40.3% 直近3ヶ月の消費行動は減少傾向

■ 新型コロナウイルスによって約2割の人が支払い方法に変化あり
  「現金」の利用が減ったのは73.6%、一方で「スマホ決済」の利用は増加

■ 現金を使わない理由に「接触を避けたい」、「家から出ない」、「ネット通販の利用が増えた」などの声

■ 10万円支給、使い道は「食品、飲料品」、「貯金」、「食事」



データをダウンロードする Download PDF


■ 支払い方法の上位は「現金」88.4%、「クレジットカード」68.7%、「QRコード式のスマホ決済」40.3% 直近3ヶ月の消費行動は減少傾向

18歳から69歳のスマートフォンを利用する男女5,530人を対象に、普段の支払い方法と直近3ヶ月以内の支払い方法について聞いたところ、上位から「現金」、「クレジットカード」、「QRコード式のスマホ決済」という順番は変わらないものの、直近3ヶ月以内では全体的に利用が落ちており、消費行動が控えられていることがわかる結果となった。



■ 新型コロナウイルスによって約2割の人が支払い方法に変化あり
  「現金」の利用が減ったのは73.6%、一方で「スマホ決済」の利用は増加

次に、新型コロナウイルスによって各支払い方法の利用に変化があったか聞いたところ、「やや変化があった」、「変化があった」をあわせて変化があったと回答したのは20.2%となった。

支払い方法に変化があったと回答した1,115人に対して、各支払い方法はどのような変化があったか聞いたところ、「利用が減った」という回答が最も多かったのは「現金」で73.6%、次いで「交通系電子マネー」が28.5%、「利用が増えた」という回答が最も多かったのは「QRコード式のスマホ決済」で78.9%、次いで「タッチ式のスマホ決済」で65.3%となった。



■ 現金を使わない理由に「接触を避けたい」、「家から出ない」、「ネット通販の利用が増えた」などの声

なぜ利用頻度に変化があったのか自由回答で聞いた。一部抜粋して紹介する。

<現金の利用が減った>

「実店舗に行く機会が減り、代わりに通販などを利用する機会が増えたから(29歳・男性)」
「家から出なくなったから(41歳・男性)」
「現金収入が減って当座の資金が不足しないように(38歳・男性)」

「現金で支払う事がかなり減った。お金を触るのも感染リスクがあると思うので(54歳・女性)」
「コインなどの現金が1番皆が触ってて汚いから(42歳・女性)」
「インターネット通販での利用が増えたからキャッシュレスが増えた(23歳・女性)」


<キャッシュレス決済の利用が増えた>

「現金だと菌がつく可能性があったため(22歳・男性)」
「お店の人と触れる機会を減らしたい(51歳・男性)」
「現金の受渡しによる接触を減らし、機械に入れれば済む決済がコロナを避けられる思うので(60歳・男性)」

「なるべくお会計をスムーズに済ませて室内の滞在時間を短くしたいから(53歳・女性)」
「現金にウイルスがついている可能性があることから、キャッシュレス決済を積極的に使うようになった(28歳・女性)」
「外出が減ってネットショッピング中心となったため、クレジットカード利用が増え、現金が減った。コンビニでは、店員との接触を減らすためQRコード決済を利用した(47歳・女性)」




■ 10万円支給、使い道は「食品、飲料品」、「貯金」、「食事」

最後に、国民への一律10万円給付を受けて、どんな使い道を考えているのか聞いた。
最も多かったのは「食品、飲料品」で30.8%、次いで「貯金」で27.5%、「食事」で24.1%となった。上位5項目中、3項目が生活費に関わるものであることがわかった。




※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます

・ 本ページ内のグラフ
・ 回答者の属性情報(性別・年代など)
 ・・・など

データをダウンロードする Download PDF



■ 調査のロウデータを販売しております。
・ 販売商品:新型コロナウイルスによる支払い方法の変化に関する調査
・ 納品形式:調査票・ロウデータ・GT表(Excel)
・ 販売金額:180,000円(税抜)


オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■調査概要
「新型コロナウイルスによる支払い方法の変化に関する調査」
・ 調査期間:2020年4月22日
・ 有効回答:5,530人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを利用する18歳から69歳の男女
・ 設問数 :6問

■調査全設問項目
・ あなたの普段の支払い方法をすべて教えてください。
・ あなたの直近3ヶ月以内に利用した支払い方法をすべて教えてください。
・ 新型コロナウイルスによって、あなたの普段の支払い方法に変化はありましたか?
・ 変化があったと回答した方にお伺いします。あなたの普段の支払い方法から利用変化があったものを教えてください。
・ なぜ、支払い方法の利用頻度が変わったのか教えて下さい。些細なことでも構いません。自由にご記入ください。
・ 政府から国民一人に対して、10万円の一律支給が発表されました。あなたはどんなことに利用する予定ですか?




上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約


≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。



MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:妹尾、菊池
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

MMD研究所(編集部員)

MMD研究所(編集部員)

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop