スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

調査データ

2021年12月14日

メイン利用のスマートフォン、iPhoneは45.7%、Androidは47.0%
10代、20代は男女ともにiPhoneの利用率がAndroidの利用率を上回る

MMD研究所は、スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女36,006人を対象に2021年11月15日~11月17日の期間で「2021年12月スマートフォンOSシェア調査」を実施いたしました。
※本リリースでは、アンケート調査により回収されたサンプルを人口構成比に合わせるために、ウエイトバック集計しています。

【調査結果サマリー】

■ メインで利用しているスマートフォン、iPhone利用率45.7%、Android利用率47.0%
  10代、20代は男女ともにiPhoneの利用率がAndroidの利用率を上回る
■ 現在メイン利用している端末のシリーズの上位
  iPhoneは「iPhone SE(第2世代)」「iPhone 7以前」「iPhone 8」
  Androidは「AQUOSシリーズ」「Xperiaシリーズ」「Galaxyシリーズ」

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

メインで利用しているスマートフォン、iPhone利用率45.7%、Android利用率47.0%
10代、20代は男女ともにiPhoneの利用率がAndroidの利用率を上回る

スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女36,006人を対象に、現在メインで利用しているスマートフォンについて聞いたところ、「iPhone」が45.7%、「Android」が47.0%となり、「その他のスマートフォン」が2.2%、「わからない」が5.0%となった。

2019年に聴取した同様の調査と比較すると「iPhone」は3.2ポイント増、「Android」は3.2ポイント減という結果となった。

年代別にみると、iPhoneは10代女性(n=561)が最も多く82.4%、次いで20代女性(n=2,861)が76.5%、10代男性(n=582)が69.5%、20代男性(n=2,983)が62.2%となった。
Androidは、60代男性(n=3,430)最も多く58.9%、次いで40代男性(n=4,146)が55.6%、60代女性(n=3,571)が55.0%、50代男性(n=3,564)が54.4%となった。

 

現在メイン利用している端末のシリーズの上位
iPhoneは「iPhone SE(第2世代)」「iPhone 7以前」「iPhone 8」
Androidは「AQUOSシリーズ」「Xperiaシリーズ」「Galaxyシリーズ」

iPhoneユーザー16,453人と、Androidユーザー16,929人を対象に、現在メイン利用しているスマートフォン端末のシリーズを聞いたところ、iPhoneユーザー(n=16,453)は「iPhone SE(第2世代)」が17.8%、次いで「iPhone 7以前のiPhone」が14.1%、「iPhone 8/iPhone 8 Plus」が13.9%となった。
Androidユーザー(n=16,929)はメーカーシリーズ別で聞くと、「AQUOSシリーズ」が30.6%、次いで「Xperiaシリーズ」が23.5%、「Galaxyシリーズ」が14.3%という結果となった。

 

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます

  • 本ページ内のグラフ
  • 回答者の属性情報(性別・年代など)

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

■ 調査概要

調査期間:2021年11月15日~11月17日
有効回答:36,006人
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女
設問数  :1問

■ 調査全設問項目

・ 下記のスマートフォン端末について、あなたに最も当てはまるものをそれぞれひとつお選びください。

上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

  • 営利を目的としないこと
  • それによって経済的な利益を得ることがないこと

※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。 

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。