スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

調査データ

2021年12月16日

医療機関や調剤薬局への支払い方法で77.5%がキャッシュレス決済に対応して欲しいと思う
マイナンバーカードの保険証利用認知は81.7%、利用経験は7.6%

MMD研究所は、予備調査では20歳~69歳の男女8,661人、本調査ではオンライン診療とお薬手帳アプリ利用経験者221人を対象に2021年11月16日~11月25日の期間で「医療機関のデジタル化に関する調査」を実施いたしました。調査結果は以下のとおりです。

【調査結果サマリー】

■ 普段利用している医療機関への支払い方法は
  「現金」が86.1%、「クレジットカード・デビットカード」が39.9%
  医療機関や調剤薬局への支払い方法で77.5%がキャッシュレス決済に対応して欲しいと思う
■ オンライン診療の認知は87.2%、利用経験は7.8%
  2020年に比べ、認知は3.1ポイント、利用経験は1.8ポイント増加
■ お薬手帳アプリの認知は67.7%、利用経験は16.4%
  2020年に比べ、認知は10.6ポイント、利用経験は4.2ポイント増加
  利用経験者の8割以上がお薬手帳アプリに個人情報を載せることに不安
■ マイナンバーカードの保険証利用認知は81.7%、利用経験は7.6%
  認知はシニア層が多く、利用経験は若年層が多い傾向

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

普段利用している医療機関への支払い方法は「現金」が86.1%、「クレジットカード・デビットカード」が39.9%
医療機関や調剤薬局への支払い方法で77.5%がキャッシュレス決済に対応して欲しいと思う

20歳~69歳の男女8,661人を対象に、普段利用している医療機関への支払い方法を複数回答で聞いたところ、「現金」が86.1%と最も多く、次に「クレジットカード・デビットカード」が39.9%、「QR/バーコード決済」が9.6%となった。

続いて、医療機関や調剤薬局への支払い方法でキャッシュレス決済に対応して欲しいと思うか聞いたところ、「そう思う」が51.6%、「ややそう思う」が25.9%とあわせて77.5%がキャッシュレス決済に対応して欲しいと思うと回答した。

 

オンライン診療の認知は87.2%、利用経験は7.8%
2020年に比べ、認知は3.1ポイント、利用経験は1.8ポイント増加

20歳~69歳の男女8,661人を対象に、オンライン診療について聞いたところ(無回答者336人を除く)、「現在利用している」が5.4%、「過去に利用していた(現在は利用していない)」が2.4%とあわせて利用経験は7.8%となり、「オンライン診療を知っていて、今まで利用したことはないが利用したいと思う」が18.2%、「オンライン診療を知っているが、今まで利用したことはないし利用したいと思わない」が20.2%、「名前だけ聞いたことがある」が40.9%と利用経験をあわせた認知は87.2%となった。
2020年(n=12,491)と比較すると、認知は3.1ポイント、利用経験は1.8ポイントそれぞれ増加した。

 

お薬手帳アプリの認知は67.7%、利用経験は16.4%
2020年に比べ、認知は10.6ポイント、利用経験は4.2ポイント増加
利用経験者の8割以上がお薬手帳アプリに個人情報を載せることに不安

20歳~69歳の男女8,661人を対象に、お薬手帳アプリについて聞いたところ(無回答者295人を除く)、「現在利用している」が12.9%、「過去に利用していた(現在は利用していない)」が3.6%とあわせて利用経験は16.4%となり、「お薬手帳のアプリを知っていて、今まで利用したことはないが利用したいと思う」が13.5%、「お薬手帳のアプリを知っているが、今まで利用したことはないし利用したいと思わない」が11.7%、「名前だけ聞いたことがある」が26.1%と利用経験をあわせた認知は67.7%となった。
2020年(n=12,493)と比較すると、認知は10.6ポイント、利用経験は4.2ポイントそれぞれ増加した。

次に、予備調査からオンライン診療とお薬手帳アプリ利用経験者221人を抽出し、お薬手帳アプリに対して個人情報を載せることに不安はあるか聞いたところ、「とても不安に思う」が37.1%、「やや不安に思う」が45.7%となり、あわせて82.8%が不安があると回答した。

 

マイナンバーカードの保険証利用認知は81.7%、利用経験は7.6%
認知はシニア層が多く、利用経験は若年層が多い傾向

20歳~69歳の男女8,661人を対象に、マイナンバーカードが保険証利用できることを知っているか聞いたところ(無回答者293人を除く)、「現在保険証として利用している」が5.4%、「過去に保険証として利用していた(現在は保険証として利用していない)」が2.1%とあわせて利用経験は7.6%となり、「保険証利用できることを知っていて、今まで利用したことはないが利用したいと思う」が35.1%、「保険証利用できることを知っているが、今まで利用したことはないし利用したいと思わない」が39.1%と利用経験をあわせた認知は81.7%となった。

続いて、性年代別に認知と利用経験を抜粋したところ、認知は男性60代(n=854)が90.9%と最も多く、次に女性60代(n=929)が89.8%、女性50代(n=886)が86.7%となり、利用経験は男性20代(n=667)が18.0%と最も多く、次に女性20代(n=636)が17.0%、男性30代(n=771)が16.1%となった。

 

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます

  • 本ページ内のグラフ
  • 回答者の属性情報(性別・年代など)
  • 医療機関に対して改善して欲しいと思うこと・・・など

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

■ 調査のローデータを販売しております

販売商品:医療機関のデジタル化に関する調査
納品形式:GT表、調査票、ローデータ(Excel)
販売金額:120,000円+消費税12,000円
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

■ 調査概要

調査期間:2021年11月16日~11月25日
有効回答:予備調査8,661人、本調査221人
調査方法:インターネット調査
調査対象:<予備調査>20歳~69歳の男女
     <本調査>オンライン診療とお薬手帳アプリ利用経験者
設問数  :予備調査5問、本調査4問

■ 調査全設問項目

<予備調査>
・ オンライン診療について、あなたにあてはまるものを教えてください。
・ お薬手帳のアプリについて、あなたにあてはまるものを教えてください。
・ あなたはマイナンバーカードが保険証利用できることを知っていますか?あなたにあてはまるものを教えてください。
・ あなたが普段利用している医療機関への支払い方法としてあてはまるものをすべて教えてください。
・ あなたは医療機関や調剤薬局への支払い方法でキャッシュレスに対応して欲しいと思いますか?

<本調査>
・ あなたはすべての医療機関に対し、改善して欲しいと思うことはありますか?あてはまるものをすべて教えてください。
・ あなたは調剤薬局を選ぶ際に決めている基準はありますか?あてはまるものをすべて教えてください。
・ あなたは処方される薬に対し、不安に思ったことはありますか?不安に思った際にとった行動をすべて教えてください。
・ あなたはお薬手帳アプリに対し、個人情報を載せることに不安はありますか?

上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

  • 営利を目的としないこと
  • それによって経済的な利益を得ることがないこと

※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。