スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

調査データ

2021年8月31日

コロナ禍で生活様式に変化があったことのトップは「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」
キャッシュレス決済全体に求めるものは「ポイント」「セキュリティ」「素早い会計」

MMD研究所は、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:スティーブン・カーピン、以下Visa)と共同で、2021年8月17日~8月19日の期間で「コロナ禍での支払いやお金の管理に関する調査」を実施いたしました。対象者は日本在住の全国15~69歳の男女50,000人です。
※本リリースでは、アンケート調査により回収されたサンプルを人口構成比に合わせるために、ウエイトバック集計しています。

【調査結果サマリー】

■ コロナ禍で生活様式に変化があったことの全体トップは「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」
■ キャッシュレス決済全体に求めるものの上位は「ポイント」「セキュリティ」「素早い会計」
  Z世代、ミレニアル世代は「ポイント」「素早い会計」「利用できる場所が多い」、40代は「ポイント」「セキュリティ」「素早い会計」、50代~60代は「ポイント」「セキュリティ」「利用できる場所が多い」と世代によって求めることに差がある
■ コロナ禍で、キャッシュレス決済を利用している理由
  クレジットカードとQRコード決済利用者:「ポイント還元率が良いから」
  デビットカード、プリペイドカード、カード型電子マネー、タッチ式スマートフォン決済利用者:「素早く会計したいから」
■ 消費、金銭管理への価値観や意識、「ポイントを意識して買い物」「お金を増やしたい」「将来のお金が不安」が上位にランクイン
  下位にランクインした項目のうち、「たくさんお金を使いたい」「好きなものにお金を使いたい」はZ世代が全体の約2倍の回答に

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

コロナ禍で生活様式に変化があったことの全体トップは「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」

全国15~69歳の男女50,000人を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大前後で普段の生活様式の変化について聞いたところ(複数回答可)、「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」が19.4%と最も多く、次いで「テレビやネットニュースを以前よりも確認するようになった」が17.6%、「オンラインでの買い物が増えた」と「公共交通機関を利用することが減った」が17.1%となった。

これを世代別で見ると、どの世代も「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」という回答がランクインしているが、Z世代は「オンラインでの買い物が増えた」「自宅内でする趣味・娯楽の支出が増えた」、ミレニアル世代は、「オンラインでの買い物が増えた」「公共交通機関を利用することが減った」、60代は「テレビやネットニュースを以前よりも確認するようになった」が上位にランクインする結果となった。

世代ごとに生活様式の変化の項目は異なるものの、全世代で「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」という回答が上位にランクインしており、コロナ禍がキャッシュレス決済の普及が加速した一因と考えられる。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます

 

キャッシュレス決済全体に求めるものの上位は「ポイント」「セキュリティ」「素早い会計」
Z世代、ミレニアル世代は「ポイント」「素早い会計」「利用できる場所が多い」、40代は「ポイント」「セキュリティ」「素早い会計」、50代~60代は「ポイント」「セキュリティ」「利用できる場所が多い」と世代によって求めることに差がある

全国15~69歳の男女50,000人を対象に、キャッシュレス決済全体に求めるものを聞いたところ(複数回答可)、「ポイントが貯まりやすいこと」が41.5%と最も多く、次いで「セキュリティ面で安心して利用できること」が32.9%、「素早く会計できること」が32.2%となった。

これを世代別で見ると、Z世代、ミレニアル世代は「ポイントが貯まりやすいこと」「素早く会計できること」「利用できる場所が多いこと」の3項目が上位にランクインし、40代は「ポイントが貯まりやすいこと」「セキュリティ面で安心して利用できること」「素早く会計できること」がランクイン、50代~60代は「ポイントが貯まりやすいこと」と「セキュリティ面で安心して利用できること」「利用できる場所が多いこと」となった。

どの世代ともに「ポイントが貯まりやすいこと」が1位だが、次点はZ世代、ミレニアル世代はスピードを重視するのに対し、50代~60代はセキュリティ面を上げており、支払い手段へのニーズの多様化が見て取れる結果となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます

 

コロナ禍で、キャッシュレス決済を利用している理由
クレジットカードとQRコード決済利用者:「ポイント還元率が良いから」
デビットカード、プリペイドカード、カード型電子マネー、タッチ式スマートフォン決済利用者:「素早く会計したいから」

新型コロナウイルス感染拡大後に現金以外の支払い方法をしている人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後にキャッシュレス決済を利用している理由を聞いたところ(複数回答可)、各支払い方法で最も多かった理由は、クレジットカード利用者(n=35,149)とQRコード決済利用者(n=25,224)では「ポイント還元率が良いから」、デビットカード利用者(n=7,337)、プリペイドカード利用者(n=6,590)、カード型電子マネー利用者(n=22,901)、タッチ式スマートフォン決済利用者(n=12,486)では「素早く会計したいから」となった。

クレジットカードとQRコード決済利用者はポイントや割引サービスに関する項目を重視するのに対し、デビットカード、プリペイドカード、カード型電子マネー、タッチ式スマートフォン決済利用者ではスピードを重視し、生活に親和性のある項目がランクインする結果となった。

 

消費、金銭管理への価値観や意識、「ポイントを意識して買い物」「お金を増やしたい」「将来のお金が不安」が上位にランクイン
下位にランクインした項目のうち、「たくさんお金を使いたい」「好きなものにお金を使いたい」はZ世代が全体の約2倍の回答に

全国15~69歳の男女50,000人を対象に、消費、金銭管理についての価値観や意識について聞いたところ(複数回答可)、「ポイントを意識して買い物をするようにしている」が30.3%と最も多く、次いで「お金を増やしたい」30.1%、「将来のお金が不安」が29.5%となった。一方で、「貯蓄が苦手」「たくさんお金を使いたい」「貯蓄はしていない」の項目の回答は少ない結果となった。

これを世代別で見ると、Z世代では「お金を増やしたい」「好きなこと以外は節約したい方だ」「将来のお金が不安」が上位にランクインし、「貯蓄が苦手」「たくさんお金を使いたい」「貯蓄はしていない」が下位にランクインする結果となった。
さらに60代では「身の丈に合った支出をしている」「現金より、キャッシュレス決済の方が便利だ」「ポイントを意識して買い物をするようにしている」が上位にランクインし、「好きなものにとことんお金を使いたい」「貯蓄はしていない」「たくさんお金を使いたい」が下位にランクインした。

全体では上位の回答には世代別の差異はみられないものの、下位の回答のうち「たくさんお金を使いたい」はZ世代が9.5%、全体は5.0%、「好きなものにとことんお金を使いたい」はZ世代が19.5%、全体は10.1%と約2倍の差があり、消費、金銭管理についての価値観や意識が異なる結果となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます

 

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます

  • 本ページ内のグラフ
  • 回答者の属性情報(性別・年代など)

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

■ 調査概要

調査期間:2021年8月17日~8月19日
有効回答:50,000人
調査方法:インターネット調査
調査対象:15~69歳の男女
設問数  :11問

■ 調査全設問項目

SC1 あなたの年間の世帯年収(手取り)の内、年間で貯蓄額に回すおおよその割合として最も当てはまるものをお選びください。
SC2 新型コロナウイルスの感染が拡大する前(2020年3月以前)数ヶ月間の、それぞれの支払い方法の平均的な利用頻度をお選びください。
SC3 新型コロナウイルスの感染が拡大した後(2020年3月以降)の、それぞれの支払い方法の平均的な利用頻度をお選びください。
SC4 新型コロナウイルスの感染が拡大した後(2020年3月以降)、あなたが現金以外の支払い方法(キャッシュレス決済)を利用し始めた理由として当てはまるものを全てお選びください。
SC5 新型コロナウイルスの感染が拡大した後(2020年3月以降)、あなたが現金以外の支払い方法(キャッシュレス決済)を利用している理由を全てお選びください。
SC6 下記のキャッシュレス決済に対するイメージとして、あなたに当てはまるものをそれぞれ全てお選びください。
SC7 新型コロナウイルスの感染が拡大する前と後で、あなたの普段の生活様式に変化はありましたか?変化したこととして当てはまるものを全てお選びください。
SC8 消費、金銭管理について、あなたの価値観や意識に当てはまるものを全てお選びください。
SC9 あなたがキャッシュレス決済全体に求めるものとして当てはまるものを全てお選びください。
SC10 あなたはデビット機能付きのキャッシュカードを持っていますか?現在の所有と利用に関して当てはまるものをお選びください。
SC11 新型コロナウイルスの感染が拡大した後(2020年3月以降)、あなたがATMを利用するタイミングとして当てはまるものを全てお選びください。

上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

  • 営利を目的としないこと
  • それによって経済的な利益を得ることがないこと

※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。