トップページ

 > 

調査データ

 > 

月間のデータ通信契約プラン、4キャリア利用者は5GB、格安SIM利用者は3GBが最多 4キャリア利用者は月のデータ通信の契約プランが「わからない」が2割

調査データ

日付:2016/5/9

執筆者:佐々木 怜

月間のデータ通信契約プラン、4キャリア利用者は5GB、格安SIM利用者は3GBが最多 4キャリア利用者は月のデータ通信の契約プランが「わからない」が2割

月間のデータ通信契約プラン、4キャリア利用者は5GB、格安SIM利用者は3GBが最多 4キャリア利用者は月のデータ通信の契約プランが「わからない」が2割

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、スマートフォンを利用している10代以上の男女1,097人(4キャリア利用者:551人 格安SIM利用者546人)を対象に「モバイルインターネット通信に関する利用意識調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 月間のデータ通信契約プラン、4キャリア利用者は5GB、格安SIM利用者は3GBが最多
  4キャリア利用者は月のデータ通信の契約プランが「わからない」が2割

■ 月間のデータ通信利用量、格安SIM利用者は「1GB未満」、
  4キャリア利用者は「わからない」が最多

■ スマホのデータ通信量の節約意識
  格安SIM利用者と4キャリア利用者で10ポイント以上の差

■ データ通信量の節約方法は、4キャリア利用者、格安SIM利用者ともにWi-Fi接続が最多

■ スマホでのインターネットの接続方法、4キャリア利用者と格安SIM利用者で大差なし
  唯一、通信事業者が提供しているWi-Fiサービスの利用で5ポイント以上の差



・ 調査期間:2016年4月15日~4月22日
・ 有効回答:1,097人

データをダウンロードする Download PDF

■ 月間のデータ通信契約プラン、4キャリア利用者は5GB、格安SIM利用者は3GBが最多
  4キャリア利用者は月のデータ通信の契約プランが「わからない」が2割


スマートフォンを利用している10代以上の男女1,097人(4キャリア利用者551人 格安SIM利用者546人)に契約している月間データ通信容量プランについて聞くと、4キャリア利用者では、「5Gプラン」が17.8%で最多となり、格安SIM利用者では、「3Gプラン」が31.9%で最多となった。また、契約している通信プランがわからないと回答した人が、格安SIM利用者では5.9%に対し、4キャリア利用者では20.1%と差が出る結果となった。

■ 月間のデータ通信利用量、格安SIM利用者は「1GB未満」、
  4キャリア利用者は「わからない」が最多


スマートフォンを利用している10代以上の男女1,097人(4キャリア利用者551人 格安SIM利用者546人)に実際に使用している月間のデータ通信量について聞くと、4キャリア利用者では、「わからない」が18.7%で最多となり、格安SIM利用者では、「1G未満」が19.2%で最多となった。

■ スマホのデータ通信量の節約意識
  格安SIM利用者と4キャリア利用者で10ポイント以上の差


スマートフォンを利用している10代以上の男女1,097人(4キャリア利用者551人 格安SIM利用者546人)にスマホのデータ通信量の節約意識について聞くと、4キャリア利用者では、「かなり意識している」が20.3%、「やや意識している」が33.0%と合わせて、53.3%が意識しているのに対して、格安SIM利用者では、「かなり意識している」が28.9%、「やや意識している」が36.3%と合わせて、65.2%が意識している結果となり、両者の間で10ポイント以上差がでる結果となった。

■ データ通信量の節約方法は、4キャリア利用者、格安SIM利用者ともにWi-Fi接続が最多


スマートフォンのデータ通信量に節約意識があると回答した10代以上の男女650人(4キャリア利用者294人 格安SIM利用者356人)にスマホのデータ通信量の節約のためにしていることについて聞くと、両者ともに「アプリのDLやアップデートはWi-Fi接続時のみ行う」が約6割で最多となり、「常時通信するようなアプリはオフにしている」「外出時などは公衆無線LANの接続をするようにしている」が両者ともに約3割で続いた。閲覧制限による節約としては「動画などのデータ容量の大きいコンテンツはみないようにしている」が約半数、「あまりインターネット接続をしないようにしている」が約1割という回答が続いた。

■ スマホでのインターネットの接続方法、4キャリア利用者と格安SIM利用者で大差なし
  唯一、通信事業者が提供しているWi-Fiサービスの利用で5ポイント以上の差


スマートフォンを利用している10代以上の男女1,097人(4キャリア利用者551人 格安SIM利用者546人)にスマートフォンのインターネット接続状況について聞くと、「家庭の無線LAN接続」がともに約6割で最多となり、「モバイルWi-Fiルーター接続」が約3割、「駅や空港、カフェなど公衆無線LAN接続」が約2割と両者の間で大きな差がない結果となった。唯一差があったのは、「通信事業者が提供しているWi-Fiサービス」という回答で、4キャリア利用者と格安SIM利用者の間で6.7ポイントの差が出る結果となった。


※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。

■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・契約している通信契約プラン
・実際に利用しているデータ通信量
・月間の契約データ容量を超えた経験
・データ通信量の追加購入の頻度
・データ通信量節約の意識
・データ通信量節約の為にしていること
・スマートフォンのインターネット接続状況
・スマートフォンで無線LAN接続を行う理由
・スマートフォンでLTE/3G接続しかしない理由

**********************************************************

「モバイルインターネット通信に関する利用意識調査」
・ 調査期間:2016年4月15日~4月22日
・ 有効回答:1,097人(4キャリア利用者:551人 格安SIM利用者546人)
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを利用している10代以上の男女
・ 設問数:10問
・ 販売価格:50,000円(税抜)※CSV全ロウデータになります。
オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・あなたが利用しているスマートフォンで契約している通信事業者を教えてください(回答者属性)
・あなたが利用しているスマートフォンの月間データ通信容量プランとして
 最も近いものを教えてください。
 ※実際に月間に利用しているデータ通信量ではなく 契約しているプランの容量を教えてください。
・あなたが利用しているスマートフォンの月間で利用しているデータ通信量として
 最も近いものを教えてください。
・あなたが利用しているスマートフォンについて、月間の契約しているデータ通信容量を
 超えることがありますか。
・あなたが利用しているスマートフォンについて、月間の契約データ通信容量を超えた際に、
 データ通信容量を追加購入したことがありますか。追加購入の頻度を教えてください。
・あなたは利用しているスマートフォンのデータ通信量節約を意識していますか。
・あなたは利用しているスマートフォンのデータ通信量節約のためにしていることがありますか。
・あなたが利用しているスマートフォンのインターネット接続状況について、
 日頃インターネットにつなぐ方法として当てはまるものを全て教えてください。
・あなたがスマートフォンでLTE/3G接続以外にモバイルWi-Fiルーターや家庭や駅などの
 無線LAN接続を行う理由を教えてください。
・あなたがスマートフォンでLTE/3G接続しかしない理由を教えてください。

**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6427-6990 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

佐々木 怜(ササキ レイ)

佐々木 怜(ササキ レイ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
12月度定点調査
VR調査

新着記事

不可試験.com
pagetop