トップページ

 > 

調査データ

 > 

2015年最も利用したアプリのジャンルは「ゲーム、SNS、動画」、「ゲーム、動画」は増加、「SNS」は減少

調査データ

日付:2015/12/22

執筆者:セノオ アキコ

2015年最も利用したアプリのジャンルは「ゲーム、SNS、動画」、「ゲーム、動画」は増加、「SNS」は減少

2015年最も利用したアプリのジャンルは「ゲーム、SNS、動画」、「ゲーム、動画」は増加、「SNS」は減少

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は20~69歳以上の男女562人を対象に「2015年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」を実施致しました。※本調査は「2015年版:スマートフォン利用者実態調査」とは調査対象が異なります。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 2015年最も利用したアプリのジャンルは「ゲーム、SNS、動画」
 「ゲーム、動画」は増加、「SNS」は減少

■ 現在利用しているSNS、2014年と比較すると
 「Facebook」は減少、「Instagram」は増加傾向に

■ スマートフォンでの音楽利用「定額制音楽配信サービス」の利用が2014年よりも増加

■ プリインストールアプリの利用「メッセージ、ミュージック、メモ」の3項目がOS別で異なる傾向に


・ 調査期間:2015年12月10日~12月12日
・ 有効回答:562人

データをダウンロードする Download PDF


■ 2015年最も利用したアプリのジャンルは「ゲーム、SNS、動画」
 「ゲーム、動画」は増加、「SNS」は減少


スマートフォンを所有する(N=562)を対象に、コミュニケーションアプリ以外で2015年最も使ったスマートフォンアプリのジャンルを聞いたところ、「ゲーム」が19.0%と最も多く、次いで「SNS」が13.0%、「動画」が10.7%となった。
2013年、2014年に行った同様の調査と比較すると「ゲーム」と「動画」の利用がそれぞれ増え、「SNS」の利用は減少傾向にあることがわかった。


■ 現在利用しているSNS、2014年と比較すると
 「Facebook」は減少、「Instagram」は増加傾向に


スマートフォンを所有する(N=562)を対象に、SNSの利用状況について聞いたところ、「現在利用している」という回答が最も多かったのは「Facebook」が44.1%、次いで「Twitter」が39.5%、「Instagram」が14.9%となった。
1年前の2014年12月に行った同様の調査と比較すると「Facebook」が7.9ポイント減少、「Instagram」が1.4ポイント増とそれぞれのサービスの利用に変化が見える結果となった。


■ スマートフォンでの音楽利用「定額制音楽配信サービス」の利用が2014年よりも増加


スマートフォンを所有する(N=562)を対象に、スマートフォンでの音楽利用状況について聞いたところ、iOSユーザーでは「購入したCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が32.6%と最も多く、次いで「iTunes Storeから購入して聴いている」が27.6%、「レンタルしたCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が23.0%となり、「スマートフォンで音楽を聴かない」と回答した人が35.1%だった。


続いて、Androidユーザーでは「YouTubeなどの動画サイトで音楽を聴いている」が19.5%、「購入したCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が15.5%、「レンタルしたCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が10.5%となり、60.7%が「スマートフォンで音楽を聴かない」と回答した。
2014年に行った同様の調査と比較すると増加傾向にあるのは「スマートフォンで音楽を聴かない」がiOSで3.4ポイント増、Androidでは2ポイント増、「定額制音楽配信サービスで音楽を聴いている」ではiOS8.2ポイント増、Androidでは0.6ポイント増えていることがわかった。


■ プリインストールアプリの利用「メッセージ、ミュージック、メモ」の3項目がOS別で異なる傾向に


プリインストールアプリの利用について聞いたところ、iOSユーザー(N=239)の回答で最も多かったのが「インターネット」で91.6%、次いで「カメラ」が90.8%となった。Androidユーザー(N=323)では「電話」が88.5%と最も多く、次いで「メール」が87.6%となった。
また、OS別で異なる結果となった項目は「メッセージ」「ミュージック」「メモ」の3項目だった。
「メッセージ」ではiOSが69.0%、Androidが34.4%と34.6ポイント差、「ミュージック」ではiOSが55.2%、Androidが28.2%と27.0ポイント差、「メモ」ではiOSが69.9%、Androidが44.6%と25.3ポイント差とプリインストールの利用はOS別で異なる傾向となった。



※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。

■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ スマートフォン接触時間
・ スマートフォン接触時間※性年代別
・ SNS/コミュニケーションサービス利用状況
・ 2015年に最も利用したアプリのジャンル
・ 最も利用したアプリのジャンル「ゲーム」「SNS」「動画」 2013年からの推移
・ 2015年に最も利用したアプリのジャンル①※性年代別
・ 2015年に最も利用したアプリのジャンル②※性年代別
・ スマートフォンでの音楽利用状況 ※iOS
・ スマートフォンでの音楽利用状況 ※Android
・ スマートフォンでの音楽利用状況※性年代別
・ プリインストールアプリの利用状況 ※iOS
・ プリインストールアプリの利用状況 ※Android
**********************************************************
「2015年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」
・ 調査期間:2015年12月10日~12月12日
・ 有効回答:562人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:20~69歳以上のスマートフォンを所有する男女
・ 設問数:6問
・ 販売価格:49,800円(税抜)※CSV全ロウデータになります。
・ 申込方法:https://mmdlabo.jp/contact/
にてご連絡ください。
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ あなたは1日のうちどれくらいの時間スマートフォンに接触していますか?
・ SNS/コミュニケーションサービスの利用状況を教えてください。
・ 2015年に無料通話/チャットなどのコミュニケーション以外のスマートフォンアプリであなたが最も利用したアプリのジャンルを教えてください。
・ あなたがよく利用しているニュースアプリを教えてください。
・ スマートフォンでの音楽利用状況について教えてください。
・ あなたはスマートフォンに元々入っていたアプリ(プリインストールアプリ)を利用していますか?
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop