トップページ

 > 

調査データ

 > 

【JR山手線】スマートフォンユーザーを悩ますパケ詰まりの実態は?

調査データ

日付:2013/10/15

執筆者:妹尾 亜紀子

【JR山手線】スマートフォンユーザーを悩ますパケ詰まりの実態は?

【JR山手線】スマートフォンユーザーを悩ますパケ詰まりの実態は?

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加


MMD研究所は、2013年6月の「*1JR山手線パケ詰まり調査」、7月の「*2名古屋・大阪パケ詰まり調査」に続く第3弾として、docomo、au、SoftBankの3社から発売されたiPhone5cにて第1弾同様の駅にてJR山手線パケ詰まり調査を2013年9月24日~27日、9月30日の平日5日間にて実施しました。調査結果及び、調査概要については以下の通りです。
*1:第1弾【JR山手線】スマートフォンユーザーを悩ますパケ詰まりの実態は?
 http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=1210
*2:第2弾【大阪・名古屋編】スマートフォンユーザーを悩ますパケ詰まりの実態は?
 http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=1223


【 調査結果サマリー(※一部抜粋) 】


■ JR山手線上位6駅のiPhone5cパケ詰まり率
‐docomo    :13.4%(161/1200回)
‐au      :2.3%(28/1200回)
‐SoftBank    :1.0%(12/1200回)

■ 通勤・帰宅ラッシュ時のiPhone5cのWEBページが表示されるまでの平均時間
‐docomo    :10.61秒
‐au      :6.28秒
‐SoftBank    :5.11秒


調査は、第1弾同様にJR東日本発表のJR東日本エリア内の2012年度乗車人員より山手線上位6駅である新宿・池袋・渋谷・東京・品川・新橋のホーム・改札付近の6駅12スポットにて、通勤・帰宅ラッシュ時に、Yahoo!Japanのトップページが完全に開くまでの表示時間を計測しました。


■ JR山手線上位6駅のiPhone5cパケ詰まりが最も少ないのはSoftBank、auは前回から改善
docomoが13.4%(161/1200回)、auが2.3%(28/1200回)、SoftBankが1.0%(12/1200回)


JR山手線のパケ詰まりの状況は、SoftBankのiPhone5cが最もパケ詰まり回数が少なく1200回調査中12回(1.0%)、次いでauで1200回中28回(2.3%)、パケ詰まり回数が最も多かったのはdocomoで、1200回調査中161回(13.4%)となった。

6月に行ったJR山手線のパケ詰まり調査と比較すると、auはiPhone5のパケ詰まり率20.4%(245/1200回)からiPhone5cでは2.3%(28/1200回)とパケ詰まりの改善が見られた。前回もパケ詰まりの少なかったSoftBankは、iPhone5のパケ詰まり率2.3%(28/1200回)からiPhone5cでは1.0%(12/1200回)と前回よりも改善され、iPhone5、5cともにパケ詰まりが最も少ない結果となった。docomoは当時iPhoneが発売されていないので、参考として前回調査に使用したXperia(TM) Z SO-02Eと比較すると、パケ詰まり率4.9%(59/1200回)からiPhone5cでは13.4%(161/1200回)と前回よりもパケ詰まり頻度が高くなった。

※画像をクリックいただくと拡大画像が表示されます。


■ 通勤・帰宅ラッシュ時のiPhone5cのWEBページが表示されるまでの平均時間は、
docomoが10.61秒、auが6.28秒、SoftBankが5.11秒


Yahoo!Japanのトップページが表示されるまでの時間は、全調査平均でdocomoのiPhone5cが10.61秒で最も遅く、次いでauが6.28秒、SoftBankが5.11秒となり、SoftBankのiPhone5cが表示されるまでの時間が最も速かった。
朝夕別でみると、朝の7時~9時はdocomoが9.01秒、auが5.55秒、SoftBankが4.50秒となり、夕方の17時~19時は、docomoが12.20秒、auが7.02秒、SoftBankが5.71秒で、3キャリアともに夕方のほうが表示されるまでに時間がかかった。

※画像をクリックいただくと拡大画像が表示されます。







■ 調査概要
「2013年9月通勤・帰宅ラッシュ時におけるスマートフォンのWEB表示時間調査」
プレスリリース PDFデータはコチラ

・ 調査期間   2013年9月24日(火)~9月27日(金)、9月30日(月)(平日5日間)
・ 調査時間   7:00~9:00、17:00~19:00
・ 調査地域   (JR山手線 6駅・各2スポット)

新宿駅(742,833)    山手線ホーム / 南口改札
池袋駅(550,756)    山手線ホーム / 中央改札
渋谷駅(412,009)    山手線ホーム / 中央改札
東京駅(402,277)    山手線ホーム / 丸の内北口改札
品川駅(329,679)    山手線ホーム / 中央改札
新橋駅(250,682)    山手線ホーム / 烏森口改札
※JR東日本発表のJR東日本エリア内の2012年度乗車人員より山手線上位6駅を選定
 ()内は、各駅の乗車人員平均/日

■ 調査方法
Yahoo!Japanのトップページが完全に表示されるまでの時間を、上記の各駅2スポット(ホーム並びに改札)において、平日の5日間で7:00-9:00、17:00-19:00の時間帯でそれぞれの場所、時間帯にて各端末10回ずつの合計1200回/端末の計測。
※調査回数:(6駅)×(2スポット)×(5日間)×(朝夕2回)×(10回計測)=1200回/端末
※全ての調査端末がLTE(4G)を捕捉しているスポットを選定し、実施
※1回計測毎に履歴並びにキャッシュをクリア
※パケ詰まり:WEBページが表示されるまでの時間が30秒を経過したもの並びに、計測が出来なかったものは、30秒として計算し、「パケ詰まり」としてカウント

■ 調査使用スマートフォン端末
docomo   iPhone 5c
au      iPhone 5c
SoftBank   iPhone 5c


※本調査結果のリリース内容は、当該調査時の条件下でのデータ及び所感であり、諸条件等によって異なります。



MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6427-6990(担当:妹尾 せのお / 大江)
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop