トップページ

 > 

調査データ

 > 

高校生のiPhoneユーザー、30.2%が「公務員になりたい」

調査データ

日付:2018/10/25

執筆者:坂本 有珠

高校生のiPhoneユーザー、30.2%が「公務員になりたい」

高校生のiPhoneユーザー、30.2%が「公務員になりたい」

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、株式会社葵(東京都千代田区、代表取締役:石井貴基)の運営するオンライン学習塾アオイゼミとの共同調査第3弾として、アオイゼミを利用している高校生の男女922人を対象に2018年8月29日~9月25日の期間で「高校生の進路とスマートフォンに関する調査」を実施いたしました。

【調査結果サマリー】


■ オンライン学習塾「アオイゼミ」を利用している高校生の所有端末、スマートフォンが97.6% そのうちiPhoneが54.6%、Androidが43.0% 

■ 高校生の60.3%がスマートフォンで勉強するようになってから「勉強時間が増えた」と回答 

■ 四年制大学に進学したい理由、高校1・2年生のトップは「専門的な勉強をしたいから」 高校3年生のトップは「就職に有利だと思うから」

■ 志望校を決める際の情報源、高校1年生のトップは「大学のパンフレット」、高校2・3年生のトップは「オープンキャンパス」

■ 高校生の将来なりたい職業・企業トップ3は「公務員」(29.5%)「大手企業」(17.1%)「海外で働きたい」(10.6%) 「公務員」は各学年いずれもトップ

■ 高校生のiPhoneユーザー、30.2%が「公務員になりたい」 OS別で最も差が出たのは「就職できれば何でもよい」




データをダウンロードする Download PDF


■ オンライン学習塾「アオイゼミ」を利用している高校生の所有端末、スマートフォンが97.6% そのうちiPhoneが54.6%、Androidが43.0%


オンライン学習塾「アオイゼミ」を利用している高校1~3年生の男女922人を対象に、所有している携帯端末について聞いたところ、所有率が最も高かったのは「スマートフォン」で97.6%だった。OS別にみると、「iPhone」が54.6%、「Android」が43.0%。フィーチャーフォン(ガラケー)は0.8%に留まった。


また、性・学年別にみると、「iPhone」の所有率が最も高かったのは女子が高校3年生(n=136)で58.8%、男子で最も高かったのは高校1年生(n=125)で56.8%となった。「Android」の所有率が最も高かったのは、女子が高校2年生(n=145)で48.3%、男子で最も高かったのも高校2年生(n=85)で48.2%となった。



■ 高校生の60.3%がスマートフォンで勉強するようになってから「勉強時間が増えた」 と回答


高校1~3年生の男女922人を対象に、スマートフォンで勉強するようになってから勉強時間に変化があったかどうか聞いたところ、「勉強時間が増えた」と回答したのは29.6%、「どちらかといえば勉強時間が増えた」は30.7%、「どちらともいえない」は38.2%、「どちらかといえば勉強時間が減った」は1.0%、「勉強時間が減った」は0.5%となった。
「勉強時間が増えた」と「どちらかといえば勉強時間が増えた」のいずれかを解答した高校生は60.3%に上り、全体の6割以上が勉強時間の増加を実感していることが分かった。


また、学年別にみると、「勉強時間が増えた」と回答した割合が最も高いのはやはり高校3年生(n=236)で、38.6%だった。さらに、「勉強時間が増えた」と「どちらかといえば勉強時間が増えた」を合算した割合でも高校3年生は最も高く、67.4%だった。



■ 四年制大学に進学したい理由、高校1・2年生のトップは「専門的な勉強をしたいから」 高校3年生のトップは「就職に有利だと思うから」


四年制大学への進学を検討していると回答した高校生の男女762人を対象に、四年制大学に進学したい理由について聞いたところ(複数回答可)、高校1年生のトップは「専門的な勉強をしたいから」で50.4%、高校2年生のトップも同じく「専門的な勉強をしたいから」で53.2%、高校3年生のトップは「就職に有利だと思うから」で53.5%となった。



■ 志望校を決める際の情報源、高校1年生のトップは「大学のパンフレット」、高校2・3年生のトップは「オープンキャンパス」


続いて、四年制大学への進学を検討していると回答した高校生の男女762人を対象に、志望校を決める際の情報源について聞いたところ(複数回答可)、高校1年生のトップは「大学のパンフレット」で45.1%、高校2年生のトップは「オープンキャンパス」で49.5%、高校3年生のトップも同じく「オープンキャンパス」で53.5%となった。



■ 高校生の将来なりたい職業・企業トップ3は「公務員」(29.5%)「大手企業」(17.1%)「海外で働きたい」(10.6%) 「公務員」は各学年いずれもトップ


高校1~3年生の男女922人を対象に、将来なりたい職業や入りたい企業について聞いたところ、全体のトップ3は「公務員」(29.5%)、「大手企業」(17.1%)、「海外で働きたい」(10.6%)となった。


また、学年別にみても「公務員」はいずれもトップで、高校1年生(n=456)は32.2%、高校2年生(n=230)は28.3%、高校3年生(n=236)は25.4%だった。



■ 高校生のiPhoneユーザー、30.2%が「公務員になりたい」 OS別で最も差が出たのは「就職できれば何でもよい」


さらに、スマートフォンを所有していると回答した高校生の男女899人を対象に、利用しているOS別に将来なりたい職業・入りたい企業について集計してみたところ、iPhoneユーザー(n=503)のトップ3は「公務員」(30.2%)、「大手企業」(18.9%)、「海外で働きたい」(11.9%)だった。一方、Androidユーザー(n=396)のトップ3は「公務員」(28.3%)、「大手企業」(15.2%)、「海外で働きたい」(8.8%)・「クリエイター」(8.8%)という結果になった。「海外で働きたい」と並んでAndroidユーザーの3位に食い込んだ「クリエイター」はiPhoneユーザーでは4.2%だった。
iPhoneユーザーとAndroidユーザーで最も差が出たのは「就職できれば何でもよい」で、iPhoneユーザーが10.1%だったのに対し、Androidユーザーでは14.9%だった。



※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます



・ 本ページ内のグラフ
・ 回答者の属性情報(性別・学年・地域など)
・ 全設問の全体集計グラフ・・・など

データをダウンロードする Download PDF


■ 調査のロウデータを販売しております。
販売商品:「高校生の進路とスマートフォンに関する調査」
納品形式:GT表(Excel)、調査票、ロウデータ
販売金額:\90,000(税抜)
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■ 調査概要
「高校生の進路とスマートフォンに関する調査」
・ 調査期間:2018年8月29日~9月25日
・ 有効回答:922人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:アオイゼミを利用する高校生922人
(高校1年生456人、高校2年生230人、高校3年生236人)
・ 設問数 :14問

調査全設問項目
【設問一覧】
Q1 あなたが現在使っている携帯電話を教えてください。複数お使いの方は、メインで利用しているものをお答えください。
Q2 あなたが現在通っている学校の種類を教えてください。
Q3 あなたは文系と理系どちらですか?
Q4 あなたの普段の勉強時間はどれくらいですか?アオイゼミで勉強する時間も含めてお考えください。ただし、学校の授業時間は除いてください。
Q5 アオイゼミなどでスマートフォンを使って勉強するようになり、あなたの勉強時間に変化はありましたか?もっとも当てはまるものを一つお選びください。
Q6 高校を卒業した後の進路について、あなたはどのように考えていますか?現時点で考えている候補について、当てはまるものを全てお選びください。
Q7あなたが四年制大学に進学したいと思う理由は何ですか?当てはまるものを全てお選びください。
Q8あなたが現在志望している大学を選んだ理由は何ですか?当てはまるものを全てお選びください。
Q9 あなたが現在志望している大学を選んだ際、参考にした情報は何ですか?当てはまるものを全てお選びください。
Q10 あなたが大学について情報収集をする際、もっとも利用している媒体・端末は何ですか?当てはまるものを一つお選びください。
Q11 あなたは今現在、なりたい職業や入りたい企業はありますか?もっとも当てはまるものを一つお選びください。
Q12 前問で回答した職業・企業について、あなたはどのように情報収集をしていますか?当てはまるものを全てお選びください。
Q13 あなたが将来なりたい職業や入りたい企業について情報収集をする際、もっとも利用している媒体・端末は何ですか?当てはまるものを一つお選びください。
Q14 あなたは将来企業などで働く上で、どんなことを重視したいですか?当てはまるものを全てお選びください。







調査データに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

坂本 有珠(サカモト アリス)

坂本 有珠(サカモト アリス)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop