トップページ

 > 

調査データ

 > 

格安SIM通信速度調査、上位4位の平均ダウンロード速度1.0Mbps以内で大差なし

調査データ

日付:2015/10/7

執筆者:セノオ アキコ

格安SIM通信速度調査、上位4位の平均ダウンロード速度1.0Mbps以内で大差なし

格安SIM通信速度調査、上位4位の平均ダウンロード速度1.0Mbps以内で大差なし

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は「2015年9月格安SIM通信速度調査 JR山手線編」を実施致しました。
本調査は、2015年9月3日当研究所から発表した「格安SIMに関する調査※」よりMVNOのサービスシェア上位10社と通信速度の参考として今回の調査対象のMVNOへ回線を提供しているdocomo、auを合わせた計12社にて通信速度を計測しました。

調査場所・計測日は、JR東日本エリア内の2014年度乗車人員より山手線上位10駅を選定し2015年9月9日~11日、14日、15日にわたり実施しました。計測は「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを利用し、平日5日間、14時~18時の時間帯で各サービス各駅3回計測しています。
また、今回は、従来の平均速度に加えて、箱ひげ図を用いて通信速度の分布を出しています。
結果及び、調査概要については以下の通りです。
※2015年9月3日「格安SIMに関する調査」

データをダウンロードする Download PDF


■ 格安SIM通信速度調査、上位4位の平均ダウンロード速度1.0Mbps以内で大差なし



JR山手線10駅のホームでのダウンロード平均スピード上位格安SIMはmineoが17.2 Mbps、DMM mobileが17.0 Mbps、BIGLOBE LTE・3Gが16.7 Mbps、IIJmioが16.5 Mbpsで上位4社の速度差は1.0 Mbps以内で大きな速度差はなかった。上位4社から少し差が開いてNifMoが15.5Mbps、 OCNモバイルONEが13.5Mbpsで続いた。なおアップロード平均スピードに関しては、mineoが10.1Mbps、DMM mobileが8.9Mbps、BIGLOBE LTE・3Gが8.8Mbps、OCNモバイルONEが8.3 Mbpsだった。



■ 箱ひげ図による通信速度調査結果解説 速度が安定している格安SIMはIIJmioとDMM mobile


箱ひげ図※で今回のダウンロード速度の調査結果を見てみると、速度帯の参考となる中央値、箱の高さにおいてはIIJmio、BIGLOBE LTE・3G、mineo、DMM mobile、NifMoが上位となった。また、その5社の中で、速度の安定性の目安となる箱の長さ(箱の長さが短いほど速度の振れ幅が少ない)を見てみると、IIJmio、DMM mobileの2社が、箱が短くなっており、5社の中で相対的に速度が安定していた結果となった。

※箱ひげ図とは・・・ばらつきのあるデータを分かりやすく表現するための統計学的グラフである。すべての測定値の25%(第1四分位数)と75%(第3四分位)を箱の上下とし、最大値、最小値をひげとして、中央値(箱の中の太線)に近い半数をわかりやすく表示したものである。箱ならびにひげの長さが短ければ短いほど、その速度帯で安定している事を意味し、逆に長ければばらつきがある事を意味している。
箱の位置が高ければ、中央値に近い半数が、速度が速い範囲に分布している事を意味し、逆に位置が低ければ、速度が遅い範囲に分布している事を意味する。

※本調査結果は、当該調査時の条件下でのデータ及び所感であり、電波の状態、回線の混雑状況、利用される場所などにより異なります。
※調査途中に通信速度制限になったものは都度SIM交換を行い、高速通信が出来る状況にて調査を実施しております。
※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っております。


■調査概要
「2015年9月格安SIM通信速度調査 JR山手線編」
・ 調査場所 JR東日本発表のJR東日本エリア内の2014年度乗車人員より山手線上位10駅を選定し、
外回りで乗車し、各駅ホーム中央付近にて計測

調査駅:渋谷駅、新宿駅、高田馬場駅、池袋駅、上野駅、秋葉原、
東京駅、有楽町駅、新橋駅、品川駅
調査時間による各駅での速度差を調整するため、毎日スタートする駅を変え計測
1日目:渋谷駅~品川駅、2日目:高田馬場駅~新宿駅、3日目:上野駅~池袋駅、
4日目:東京駅~秋葉原駅、5日目:新橋駅~有楽町駅

・ 調査期間 2015年9月9日~11日、14日、15日、平日5日間、14時~18時

・ 調査方法 スピードテスト:「RBB TODAY SPEED TEST」アプリにて計測
平日5日間、JR山手線10駅で各駅各端末3回計測
平日5日間×JR山手線10駅×(MVNO10社+通信キャリア2社)×3回計測=1800回調査
(1社あたり150回調査)

・ 調査利用端末 docomo回線SIM:ASUS Zenfone5  / au回線SIM:京セラ LUCE /
 docomo,au:iPhone6

・ 調査対象サービス 2015年9月3日発表「格安SIMに関する調査」よりシェア上位10サービス
[各MVNO LTE通信対応サービス※下り最大150Mbpsプランを選定]
OCN モバイル ONE / 楽天モバイル / IIJ mio / BIGLOBE LTE・3G /
mineo※ / DMM mobile / b-mobile /ぷららモバイルLTE / NifMo / U-mobile
[各キャリアの定額通信プラン]docomo / au  
※mineoはau回線にて計測。「格安SIMに関する調査」の調査時点(8月調査)では
au回線のみの提供だったため。
データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop