トップページ

 > 

調査データ

 > 

シニア世代の58.8%がフィーチャーフォンを4年以上継続利用

調査データ

日付:2015/7/2

執筆者:佐々木 怜

シニア世代の58.8%がフィーチャーフォンを4年以上継続利用

シニア世代の58.8%がフィーチャーフォンを4年以上継続利用

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、フィーチャーフォンを利用する60歳以上の男女1,110人を対象に「2015年シニア世代のフィーチャーフォン利用動向調査」を実施致しました。本調査は、シニア世代における携帯電話の利用動向調査の第2弾になります。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ シニア世代の58.8%が4年以上フィーチャーフォンを継続利用

■ シニア世代のフィーチャーフォンで、2~3日に一回以上インターネットを利用する割合は3.8%

■ シニア世代のフィーチャーフォンのコミュニケーションツールの利用用途は、通話「友人・知人と」67.5%、メール「友人・知人と」57.4%、写真撮影・送信は「息子・娘と」19.3%

■ シニア世代がフィーチャーフォンを使い続ける理由は、「操作が簡単」74.9%、「月額料金が安い」69.0%、「折りたためる」が52.2%

■ シニア世代のチャットアプリへの興味度は23.5%

・ 調査期間:2015年6月16日~6月17日
・ 有効回答:1,110人

データをダウンロードする Download PDF


■ シニア世代の58.8%が4年以上フィーチャーフォンを継続利用

フィーチャーフォンを利用している60歳以上の男女(N=1,110)を対象に、現在利用している携帯電話の利用年数を聞いたところ、「4年以上」が58.8%、「3年以上~4年未満」が12.7%となった。一方、「半年未満」が3.4%、「半年以上~1年未満」が3.4%と、1年以内に携帯電話を購入した人は6.8%にとどまった。


■ シニア世代のフィーチャーフォンで、2~3日に一回以上インターネットを利用する割合は3.8%

フィーチャーフォンを利用している60歳以上の男女(N=1,110)を対象に、電話でよく使う機能を聞いたところ、フィーチャーフォンでのインターネットについては、「毎日使う」が1.2%、「2~3日に1度使う」が2.6%にとどまり、「全く使わない」が70.8%となった。また、通話とメールについては「毎日使う」が3割を超えたが、お財布ケータイ、ワンセグについては、ほとんど使われていない結果となった。


■ シニア世代のフィーチャーフォンのコミュニケーションツールの利用用途は、通話「友人・知人と」67.5%、メール「友人・知人と」57.4%、写真撮影・送信は「息子・娘と」19.3%

フィーチャーフォンを利用している60歳以上の男女のうち、「通話」「メール」「写真撮影・送信」のいずれかの機能を利用していると答えた人(N=1,106)にコミュニケーションツールの利用用途について聞くと(複数回答)電話については「友人・知人と」が67.5%、「配偶者と」が58.9%、「息子・娘と」が53.5%となった。


また、メールについては、「友人・知人と」が57.4%、「息子・娘」が51.0%、「配偶者と」が41.0%となった。


なお、写真撮影・送信については、「息子・娘と」が19.3%、「友人・知人と」が14.7%、「配偶者と」が11.0%にとどまった。


■ シニア世代がフィーチャーフォンを使い続ける理由は、「操作が簡単」74.9%、「月額料金が安い」69.0%、「折りたためる」が52.2%

フィーチャーフォンを利用している60歳以上の男女(N=1,110)を対象に、次回、携帯電話を購入する際に、最も前向きに検討するものを聞いたところ、「フィーチャーフォン」が40.3%と最も多く、続いて「シニア向けフィーチャーフォン」が11.9%、「スマートフォン」が11.4%となった。また、「わからない」12.3%、「買う予定はない」8.6%といった回答もあった。


次回、携帯電話を購入する際に、最も前向きに検討するものを「フィーチャーフォン」「シニア向けフィーチャーフォン」「買わない」と回答した60代(N=674)にフィーチャーフォンを使い続ける理由を聞いたところ(複数回答)、「操作が簡単」が74.9%、「月額料金が安い」が69.0%、「折りたためる(コンパクト)が52.2%となった


■ シニア世代のチャットアプリへの興味度

フィーチャーフォンを利用している60歳以上の男女(N=1,110)を対象に、チャットアプリへの興味度をきいたところ、「使っている」が2.8%、「知っていて興味はある」が11.4%、「知らないが興味はある」が9.3%と合わせて興味度は23.5%となった。



※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。

■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ シニアのフィーチャーフォンのキャリア内訳
・ シニアのフィーチャーフォンの利用年数
・ シニアが利用しているフィーチャーフォンの機能
・ シニアの通話の利用用途
・ シニアのメールの利用用途
・ シニアの写真撮影・送信の利用用途
・ シニアのインターネットの使用状況
・ シニアのフィーチャーフォン機能への満足度
・ シニアが次回購入を検討する携帯端末
・ シニアがフィーチャーフォンを使い続ける理由
・ シニアのチャットアプリへの興味度

**********************************************************
「2015年シニア世代のフィーチャーフォン利用動向調査」
・ 調査期間:2015年6月16日~17日
・ 有効回答:1,110人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:60歳以上の男女
・ 設問数:9問
・ 販売価格:ページ下部のバナーよりご確認ください
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ あなたがお持ちのフィーチャーフォンのキャリアを教えてください。
・ あなたがメインで利用しているフィーチャーフォンの利用年数を教えてください。
・ あなたが現在メインでお使いのフィーチャーフォンの各機能について、利用頻度を教えてください。
・ あなたが利用しているコミュニケーションツール(通話/メール/写真撮影)の主な利用用途について教えて下さい。
・ あなたのインターネットの使用状況について教えてください。(フィーチャーフォン/パソコン/タブレット別)
・ あなたが現在メインで利用しているフィーチャーフォンの満足度について教えてください。
・ あなたが次回、携帯電話を購入する際に、最も前向きに検討するものをお選びください。
・ あなたがフィーチャーフォンを使い続ける理由を教えてください。
・ あなたはチャットアプリ(LINEなど)に興味はありますか。
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6427-6990 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

佐々木 怜(ササキ レイ)

佐々木 怜(ササキ レイ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
12月度定点調査
VR調査

新着記事

不可試験.com
pagetop