トップページ

 > 

調査データ

 > 

オンライン英会話サービス最も重要視した項目は「料金の安さ」料金満足度が最も高かったのは「DMM英会話」

調査データ

日付:2014/10/1

執筆者:妹尾 亜紀子

オンライン英会話サービス最も重要視した項目は「料金の安さ」料金満足度が最も高かったのは「DMM英会話」

オンライン英会話サービス最も重要視した項目は「料金の安さ」料金満足度が最も高かったのは「DMM英会話」

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、2014年9月12日~9月18日にかけて、20代から50代のオンライン英会話サービスの利用者を対象に「オンライン英会話に関する利用実態調査」を実施しました。
前回のオンライン英会話に関する調査において、認知度の高かった上位5サービス(DMM英会話、レアジョブ英会話、産経オンライン英会話、QQイングリッシュ、ラングリッチの5サービス各100人)合計500人を対象に、オンライン英会話を利用した理由、利用サービスの満足度などを調査しています。
調査結果及び、調査概要は以下の通りです。


【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 93.8%が過去に英語学習の経験有り、継続率はわずか5.8%
  断念した理由は「通うのが面倒になったから」

■ オンライン英会話サービス申込時に最も重要視した項目は「料金の安さ」
料金満足度が最も高かったのは「DMM英会話」

■ オンライン英会話利用者の96.0%が今後も継続して利用したいと回答


・ 調査期間 … 2014年9月12日~9月18日(7日間)
・ 有効回答 … 500人

データをダウンロードする Download PDF


■ 93.8%が過去に英語学習の経験有り、継続率はわずか5.8%
  断念した理由は「通うのが面倒になったから」


オンライン英会話利用者(N=500)に、オンライン英会話を利用しようと思った理由を聞いたところ、「オンライン英会話という新しいサービスが気になったから」が70.8%と最も多く、次いで「通う必要がないから」が55.8%、「価格が安いから」が51.4%という理由がランクインした。

過去の英語学習の経験については、「特に何もしていなかった」と回答したのは6.2%で、全体の93.8%が何らかの英語学習を行っていたことがわかった。
英語学習経験者(N=469)のうち「現在も継続している」と回答したのはわずか5.8%で、断念した理由として最も多かった回答は「通うのが面倒になったから」で46.1%だった。



■ オンライン英会話サービス申込時に最も重要視した項目は「料金の安さ」
  料金満足度が最も高かったのは「DMM英会話」


オンライン英会話利用者(N=500)に、現在利用しているサービスを申し込む際に重要視した点を聞いたところ「料金の安さ(58.4%)」が最も多く、次いで「講師の質(47.2%)」「予約のしやすさ(45.4%)」の順に続いた。

自身が利用している「オンライン英会話」の満足度について、5段階評価(とても満足、やや満足、どちらでもない、やや不満、とても不満)で料金の安さ、講師の教え方、予約のしやすさなど計9項目について聞いた。「とても満足」と「やや満足」を合わせた数値で最も重要視した項目である「料金の安さ」で、満足度が最も高かったのはDMM英会話だった。
サービス別に満足度を見ていくと、DMM英会話では「料金の安さ」のほか、「予約のしやすさ」と「サポート対応」の満足度が高く、レアジョブ英会話では、「教材の内容」と「講師の人数」、産経オンライン英会話では、「受講時間の長さ」、QQイングリッシュでは、「講師の教え方」と「Skype音声の質」、ラングリッチでは「ブランイメージ」の満足度がそれぞれ高い結果となった。


■ オンライン英会話利用者の96.0%が今後も継続して利用したいと回答


最後に、今後もオンライン英会話を継続して利用したいかという質問をしたところ4.0%の人が「継続して利用する予定はない」と回答し、オンライン英会話利用者の96.0%の人が今後も継続意向があることがわかった。


■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ オンライン英会話を利用しようと思った理由
・ 現在利用しているサービスを選んだ理由
・ 現在利用しているプラン
・ 現在利用しているプランの利用期間
・ サービス申込時に重要視した項目
・ 現在利用中のオンライン英会話の満足度
・ 過去の英語学習の経験
・ 過去の英語学習を断念した理由
・ オンライン英会話の継続意向

**********************************************************
「オンライン英会話に関する利用実態調査」
・ 調査期間:2014年9月12日~9月18日
・ 有効回答:500人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:20代~50代のオンライン英会話利用している男女500人
(DMM英会話、レアジョブ英会話、産経オンライン英会話、QQイングリッシュ、ラングリッチの各サービス100人)
・ 設問数 :9問
ロウデータ購入に関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/

-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ オンライン英会話を利用しようと思った理由を教えてください。
・ 現在利用しているオンライン英会話サービスを選んだ理由について教えてください。
・ 現在利用しているプランを教えて下さい。
・ 現在利用しているプランの利用期間を教えてください。
・ 現在利用しているサービスを申し込む際に、重要視した点を教えてください。
・ 現在利用している「オンライン英会話」の満足度を教えて下さい。
・ 過去の英語学習の経験について教えてください。
・ 過去の英語学習経験で断念した理由を教えてください。
・ オンライン英会話を今後も継続して利用したいと思いますか?
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6427-6990 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop