トップページ

 > 

調査データ

 > 

スマートフォンユーザーを悩ますパケ詰まりの実態は?

調査データ

日付:2013/6/21

執筆者:妹尾 亜紀子

スマートフォンユーザーを悩ますパケ詰まりの実態は?

スマートフォンユーザーを悩ますパケ詰まりの実態は?

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、2013年6月7日にリリースした「*携帯キャリアに関する意識調査」の結果より、「通信速度の遅さ」「*パケ詰まり」「通信障害」というネットワーク通信への不満を受けて、iPhone5・Android端末を対象に、JR山手線の乗降客数の多い駅にて「2013年6月通勤・帰宅ラッシュ時におけるスマートフォンのWEB表示時間調査」を2013年6月10日~14日に実施しました。

調査は、JR山手線の乗降客数が多い新宿・池袋・渋谷・東京・品川・新橋(6駅・12スポット)にて、通勤ラッシュ・帰宅ラッシュ時に各キャリアのiPhone5並びにAndroid端末を対象に、Yahoo!Japanのトップページが完全に開くまでの表示時間を計測しました。尚、使用端末は以下の通りです。

au、SoftBankの「iPhone5」並びに docomo「Xperia(TM) Z SO-02E」、au「HTC J butterfly HTL21」、SoftBank「AQUOS PHONE Xx 203SH」

*携帯キャリアに関する意識調査:http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=1202

*パケ詰まり:本調査ではLTE(4G)を捕捉しているスポットにおいて、WEBページが完全に表示されるまでに30秒を経過したものをパケ詰まりとしてカウントしています。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ iPhone5のパケ詰まり率は、au版が20.4%、SoftBank版が2.3%

■ Androidのパケ詰まり率は、docomoが4.9%、au・SoftBankは0.0%




データをダウンロードする Download PDF


■ iPhone5のパケ詰まり率は、au版が20.4%、SoftBank版が2.3%




■ 通勤・帰宅ラッシュ時のiPhone5のWEBページが表示されるまでの平均時間は、au版11.38秒、SoftBank版4.91秒

・iPhone5 通勤ラッシュ時(7:00~9:00)
  ‐ au 「iPhone5」:8.97秒
   ‐ SoftBank「iPhone5」:4.42秒

・iPhone5 帰宅ラッシュ時(17:00~19:00)
   ‐ au「iPhone5」:13.79秒
   ‐ SoftBank「iPhone5」:5.40秒





まずiPhone5のパケ詰まりの状況については、au版が全1200回調査中245回(20.4%)、SoftBank版が全1200回中28回(2.3%)だった。
Yahoo!Japanトップページが表示されるまでの時間は、全調査平均でauのiPhone5が11.38秒、SoftBankのiPhone5が4.91秒となり、SoftBank版が約6秒短い結果となった。

朝夕別でみると、朝の7時~9時はau版が8.97秒、SoftBank版が4.42秒、夕方の17時~19時はau版が13.79秒、SoftBank版が5.40秒となり、ともに夕方のほうが表示されるまでの時間が長かった。

調査駅別では、パケ詰まりの回数が多かった新宿駅・品川駅で表示までの時間が長く、au版は2駅平均で18秒を超える結果となった。



■ Androidのパケ詰まり率は、docomoが4.9%、au・SoftBankは0.0%




■ 通勤・帰宅ラッシュ時のAndroid端末のWEBページが表示されるまでの平均時間は、docomo6.19秒、au2.98秒、SoftBank3.95秒

・Android 通勤ラッシュ時(7:00~9:00)
  ‐ docomo「Xperia(TM) Z SO-02E」:5.29秒
  ‐ au「HTC J butterfly HTL21」:2.88秒
  ‐ SoftBank「AQUOS PHONE Xx 203SH」:3.94秒

・Android 帰宅ラッシュ時(17:00~19:00)
  ‐ docomo「Xperia(TM) Z SO-02E」:7.09秒
  ‐ au「HTC J butterfly HTL21」:3.08秒
  ‐ SoftBank「AQUOS PHONE Xx 203SH」:3.96秒





次に、docomo、au、SoftBankそれぞれのAndroidのパケ詰まりの状況については、docomoが1200回中59回(4.9%)、auとSoftBankに関しては、30秒以上のパケ詰まりに関しては0回だった。

Yahoo!Japanトップページが表示されるまでの時間は、全調査平均でdocomoが6.19秒、auが2.98秒、SoftBankが3.95秒となり、Androidについては、docomoが若干表示されるまでの時間が長いものの、iPhone5ほどの差は見られなかった。
朝夕別は、朝の7時~9時はdocomoが5.29秒、auが2.88秒、SoftBankが3.94秒、夕方の17時~19時はdocomoが7.09秒。auが3.08秒、SoftBank版が3.96秒となり、こちらもiPhone5同様にどのキャリアも夕方のほうが表示されるまでの時間が遅かった。



■ 調査概要
「2013年6月通勤・帰宅ラッシュ時におけるスマートフォンのWEB表示時間調査」
・ 調査期間  2013年6月10日~2013年6月14日(5日間)
・ 調査時間  7:00~9:00、17:00~19:00
・ 調査地域  (JR山手線 6駅・各2スポット)
  新宿駅   南口 / 東口
  池袋駅   南口改札前 / 西武東口
  渋谷駅   玉川改札前 / ヒカリエ入口
  東京駅   八重洲中央口 / 丸ノ内北口
  品川駅   港南口 / 中央改札
  新橋駅   烏森口 / SL広場
※JR東日本発表のJR東日本エリア内の2011年度乗車人員より山手線上位6駅を選定

・ 調査方法
各端末にて、Yahoo!Japanが完全に表示されるまでの時間を、上記の日程、時間帯、
スポットにて各端末10回ずつ(合計:1200回/端末)計測。
※全ての調査端末がLTE(4G)を捕捉しているスポットを選定し、実施
※1回計測毎に履歴並びにキャッシュをクリア
※パケ詰まり:表示されるまでの時間が30秒を経過したもの並びに、計測が出来なかったものは、30秒として計算し、「パケ詰まり」としてカウント

・ 調査使用スマートフォン端末
  au     iPhone 5
  SoftBank  iPhone 5
  docomo   Xperia(TM) Z SO-02E
  au     HTC J butterfly HTL21
  SoftBank  AQUOS PHONE Xx 203SH

※本調査結果のリリース内容は、当該調査時の条件下でのデータ及び所感であり、諸条件等によって異なります。

データをダウンロードする Download PDF


MMD研究所
電話:03-6427-6990(担当:妹尾)
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop