スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

リサーチのご相談

調査データ

2022年5月19日

中古スマホ所有率11.6%、2020年より約2倍増
新品のスマートフォンは6.5ポイント減

MMD研究所は、予備調査ではスマートフォンを所有する18歳~69歳の男女10,000人、本調査では中古スマホ所有者500人を対象に2022年4月21日~4月24日の期間で「2022年中古スマホに関する調査」を実施いたしました。

【調査結果サマリー】

■ 中古スマホ所有率11.6%、2020年より約2倍増、新品のスマートフォンは6.5ポイント減
■ 以前メインで利用していた端末の処分方法の上位は
  「自宅保管」「キャリアの下取り」「中古販売店へ売却」、60代の6割が最多で「自宅保管」
■ 中古スマホ(修理・整備も含む)を購入した店舗/サービスサイトの上位は
  「キャリアのオンラインサイト(認定リユース品)」「ハードオフ」「ブックオフ」
■ 中古スマホ(修理・整備も含む)購入者の69.8%が「今の端末が初めての中古スマホ」と回答

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

中古スマホ所有率11.6%、2020年より約2倍増、新品のスマートフォンは6.5ポイント減

スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女10,000人を対象に、現在利用しているメイン端末の購入・入手方法を聞いたところ、「新品のスマートフォン」が84.5%と最も多く、次いで「中古スマホ(修理・整備品も含む)」が11.6%、「友人・家族からスマートフォンを譲り受けた」が3.3%となった。
2020年3月と比較すると、「新品のスマートフォン」は6.5ポイントダウン、「中古スマホ(修理・整備品も含む)」は5.5ポイントアップとなった。
※2020年以前の調査は15歳~69歳対象、以下同様

2016年4月からの中古スマホ(修理・整備品も含む)所有率の推移を見ると、9.8ポイントアップしていることがわかった。

 

以前メインで利用していた端末の処分方法の上位は「自宅保管」「キャリアの下取り」「中古販売店へ売却」、60代の6割が最多で「自宅保管」

スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女10,000人を対象に、以前メインで利用していた携帯電話・スマートフォンの処分方法について聞いたところ、「自宅に保管している」が52.4%と最も多く、次いで「キャリア下取り」が17.3%、「携帯電話買取店へ売却した」が7.1%となった。
これを年代別で見ると、「自宅に保管している」と回答した年代で最も多かったのは60代(n=1,520)で60.4%、最も回答が少なかった年代は10代(n=314)で38.2%となり、その差は22.2ポイントとなった。

 

中古スマホ(修理・整備も含む)を購入した店舗/サービスサイトの上位は「キャリアのオンラインサイト(認定リユース品)」「ハードオフ」「ブックオフ」

中古スマホ所有者500人を対象に、中古スマホ(修理・整備も含む)を購入した店舗/サービスサイトを聞いたところ、「キャリアのオンラインサイト(認定リユース品)」が13.6%と最も多く、次いで「ハードオフ」が13.2%、「ブックオフ」が11.6%となった。

 

中古スマホ(修理・整備も含む)購入者の69.8%が「今の端末が初めての中古スマホ」と回答

中古スマホ所有者500人を対象に、中古スマホ(修理・整備も含む)の購入回数を聞いたところ、「今の端末が初めて」が69.8%と最も多く、次いで「3回以上購入したことがある」が15.4%、「今回で2回目」が14.8%となった。

次に、中古スマホ(修理・整備も含む)を購入した理由を聞いたところ(複数回答可)、「新品より価格が安いから」が36.2%と最も多く、次いで「オンラインで購入できるから」が13.8%、「SIMフリー端末が欲しかったから」が12.8%となった。

 

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます

  • 本ページ内のグラフ
  • 回答者の属性情報(性別・年代など)

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

■ 調査のローデータを販売しております

販売商品:2022年中古スマホに関する調査
納品形式:GT表、調査票、ローデータ(Excel)
販売金額:250,000円+消費税25,000円
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

■ 調査概要

調査期間:2022年4月21日~4月24日
有効回答:予備調査10,000人、本調査500人
調査方法:インターネット調査
調査対象:<予備調査>スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女
     <本調査>中古スマホ所有者
設問数  :予備調査13問、本調査5問

■ 調査全設問項目

<予備調査>
SC1 あなたが現在利用しているスマートフォンを教えてください。
SC2 前問でiPhoneをメイン利用していると回答した方にお伺いします。あなたが現在使っている機種名を教えてください。
SC3 前問でAndroidをメイン利用していると回答した方にお伺いします。あなたが現在使っている機種名を教えてください。
SC4 あなたが現在メインで利用しているスマートフォンのおおよその利用年数を教えてください。
SC5 あなたが現在メインで利用している「SC1回答選択肢表示」の通信会社を教えてください。
SC6 あなたが以前メインで利用していた携帯電話・スマートフォン端末はどうされましたか。直近で変えたメインで利用しているスマートフォンについて教えてください。
SC7 前問であなたが回答した携帯電話・スマートフォン端末の処分方法を選んだ理由について、あてはまるかどうかを5段階で教えてください。
SC8 自宅に保管している、とお答えした方にお伺いします。下取りや売却をせず、そのまま持っている理由としてあなたの考えにあてはまるものを全て選んで下さい。
SC9 あなたが現在利用しているメイン端末の購入・入手方法を教えてください。
SC10 あなたは通信会社のショップで、通信の新規契約や乗り換え契約せずスマートフォン単体で購入が出来ることを知っていますか?
SC11 あなたは通信会社のショップで通信の新規契約や乗り換え契約せずスマートフォン単体を購入したことがありますか?
SC12 あなたはこの1ヶ月で、スマートフォンが「一括1円」などで販売されていることを見聞きしたことはありますか?あてはまるものを全て教えてください。
SC13 あなたは現在利用しているスマートフォンを、下取りサービスやオークションサイト・フリマサイトで売ることを意識して購入していますか?

<本調査>Q1 メインで利用している中古スマートフォンもしくは修理品・整備品を店舗、WEBショップまたはオークションサイト・フリマサイトで購入した方にお伺いします。あなたが購入した店舗を教えてください。
Q2 あなたは今までにも中古スマートフォンもしくは修理品・整備品を購入したことはありますか?
Q3 あなたが中古スマートフォンもしくは修理品・整備品を購入した理由を全て教えてください。
Q4 あなたが中古スマートフォンもしくは修理品・整備品を購入する際に重視した点について全て教えてください。
Q5 あなたが中古スマートフォンを購入することに対する意識を教えてください。

上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

  • 営利を目的としないこと
  • それによって経済的な利益を得ることがないこと

※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。 

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。