トップページ

 > 

調査データ

 > 

やらなくなった課金してきたゲームのデータ 男女では、「きれいさっぱりやめる」割合で差が出る結果に

調査データ

日付:2016/4/26

執筆者:佐々木 怜

やらなくなった課金してきたゲームのデータ 男女では、「きれいさっぱりやめる」割合で差が出る結果に

やらなくなった課金してきたゲームのデータ 男女では、「きれいさっぱりやめる」割合で差が出る結果に

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMDLabo株式会社が運営するMMD研究所と株式会社AppBroadCastが運営するスマートフォンアプリゲーム向けメディアプラットフォーム「ゲームギフト」は共同調査第2弾としてスマートフォンゲームをプレイする10代以上の男女556人を対象に「スマートフォンゲーマーのアプリ内課金に関する実態調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 課金しているタイトル数は「ひとつに決めている」が最多
  男性は、「ひとつに決めている」「2タイトル並行して課金している」がほぼ同数

■ 並行して課金しているゲームのジャンルは別ジャンルのゲームが76.0%
  ゲームタイトルの優先順位は、「イベントやキャンペーンで変わる」が73.1%

■ あまりやらなくなった課金ゲームに再び熱中した経験は約半数

■ やらなくなった課金ゲームのデータ「いつか再開するかもしれないので、
  消さない」が33.1%で最多。男女では、アカウント削除の割合で差が出る結果に



・ 調査期間:2016年3月17日~3月23日
・ 有効回答:556人

データをダウンロードする Download PDF



■ 課金しているタイトル数は「ひとつに決めている」が最多
  男性は、「ひとつに決めている」「2タイトル並行して課金している」がほぼ同数


スマートフォンでゲームをする10代以上の男女556人に対し、同時に料金の支払いをしているゲームタイトルの有無を聞いたところ、39.9%が「課金するタイトルは1つに決めている」と回答し、続いて「2タイトル並行して課金している」という回答が35.1%となった。


男女別に見てみると、「課金するタイトルは1つに決めている」という回答では、男性36.3%、女性45.8%と9.5パーセントの差が出る結果となり、男性については、「2タイトル並行して課金している」という回答が37.4%と僅かながらも、「課金するタイトルは1つに決めている」という回答を上回る結果となった。


■ 並行して課金しているゲームのジャンルは別ジャンルのゲームが76.0%
  ゲームタイトルの優先順位は、「イベントやキャンペーンで変わる」が73.1%


次に同時に課金しているタイトルがあると回答した334人に対し、並行して課金しているゲームのジャンルについて聞いたところ、「別のジャンルのゲームで並行して課金している」が76.0%で最多となり、「同ジャンルで並行して課金している」という回答は24.0%に留まった。



続いて、並行して課金しているゲームの課金の優先順位を聞いたところ、「イベントや出現キャラ、キャンペーンなどに応じて、優先タイトルが変わる」という回答が73.1%で最多となり、「常にメインで課金しているタイトルが決まっている」という回答は26.9%に留まった。

これを男女別で見てみると、「イベントや出現キャラ、キャンペーンなどに応じて、優先タイトルが変わる」という回答では、男性70.6%、女性77.6%と7.0パーセントの差が出る結果となり、並行して課金する割合は、男性に比べて女性の方が少ないものの、並行して課金している女性ユーザーの中では、イベントやキャンペーンに応じて優先タイトルが変わる割合が多い結果となった。 


■ あまりやらなくなった課金ゲームに再び熱中した経験は約半数。
  きっかけは「ひまつぶしに思い立って」「他のゲームに飽きたタイミングで思い出して」
  ウェルカムバックキャンペーンを見て」が上位


スマートフォンでゲームをする 566人に対し、課金してきたスマートフォンゲームアプリをやめた理由を複数回答で聞いたところ、「ゲームそのものに飽きた」49.8%、「あからさまな課金への誘導」45.7%が上位となった。


続いて、課金してきたゲームで一度はあまりやらなくなったものの、再び熱中したことがあるかどうかを聞くと、51.8%が「再び熱中したことがある」と回答した。また、そのきっかけについて、複数回答で聞くと、「ひまつぶしに思い立って」61.8%「他のゲームに飽きたタイミングで思い出して」32.6%「ウェルカムバックキャンペーンを見て」22.6%と続いた。また、その他の回答をフリーアンサーで詳細を聞いたところ、「好きなアニメのコラボ」(20代男性)、「他のメインでやっているゲームとのコラボ」(30代女性)といった回答があがった。



■ やらなくなった課金ゲームのデータ「いつか再開するかもしれないので、
  消さない」が33.1%で最多。男女では、アカウント削除の割合で差が出る結果に
課金してきたスマートフォンゲームアプリをやめた経験のある477人に対し、やらなくなった課金してきたゲームのデータをどうするか聞いたところ、「いつか再開するかもしれないので、消さない」が33.1%で最多となり、続いて「アカウントごと削除して、きれいさっぱりやめる」「やる予定はないが、もったいなくて消せない」がそれぞれ22.2%となった。

これを男女別に見ると、「いつか再開するかもしれないので、消さない」という回答で男性29.7%、女性39.1%と9.6%の差、「アカウントごと削除して、きれいさっぱりやめる」という回答で男性25.1%、女性17.2%と7.9%の差となり、男女で差が出る結果となった。


※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。

■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・並行して課金しているタイトルの有無
・並行して課金しているタイトルのジャンル
・並行して課金しているタイトルの組み合わせ
・並行して課金しているタイトルの優先順位
・課金する動機
・課金する動機(その他のフリーアンサー)
・課金してよかったと思うとき
・課金で解決したいのにできないこと
・最も多い課金方法
・課金してきたゲームをやめてしまった理由
・課金してきたやめた時の気持ち
・課金してきたゲームに再び熱中した経験
・課金してきたゲームに再び熱中したきっかけ
・課金してきたゲームに再び熱中したきっかけ(その他のフリーアンサー)
・やらなくなった課金してきたゲームのデータについて
・一番課金してきたゲームに課金をした理由
**********************************************************
「スマートフォンゲーマーのアプリ内課金に関する実態調査」
・ 調査期間:2016年3月17日~3月23日
・ 有効回答:556人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを所有する10代以上の男女(ゲームギフトユーザー)
・ 設問数:16問
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ 並行して課金しているタイトルはありますか
・ 並行して課金しているタイトルは、同じジャンルのゲームですか?
・ 課金しているタイトル名を教えてください
・ 並行して課金しているタイトルで優先順位はありますか
・ 課金する動機について教えてください(複数回答)
・ 前問で「その他」と答えた方は具体的な内容を教えて下さい
・ 課金して「よかった」と思うのはどんなときですか?(複数回答)
・ 課金することで解決したいのに、解決できないことがありますか?
  ある場合はどんなときですか?
・ 最も多い課金方法を教えてください。
・ 課金してきたゲームをやめてしまった理由について教えてください。(複数回答)
・ やめたその時の気持ちをそのままお書きください。
・ 課金してきたゲームで一度はあまりログインしなくなったゲームに
再び熱中したことはありますか。
・ 「再開する」と答えた方は、その時のきっかけを教えてください。(複数回答)
・ 前問で「その他」と答えた方は具体的な内容を教えてください
・ やらなくなった課金してきたゲームのデータはどうしていますか。
・ これまでに一番課金したゲームに関して、たくさん課金した理由を教えてください
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

佐々木 怜(ササキ レイ)

佐々木 怜(ササキ レイ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop