トップページ

 > 

調査データ

 > 

タブレット端末を常時携帯している人がよく利用するコンテンツTOP3「動画、SNS、ゲーム」

調査データ

日付:2015/3/23

執筆者:セノオ アキコ

タブレット端末を常時携帯している人がよく利用するコンテンツTOP3「動画、SNS、ゲーム」

タブレット端末を常時携帯している人がよく利用するコンテンツTOP3「動画、SNS、ゲーム」

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、タブレット端末を所有する20歳以上の男女1,108人を対象に「2015年3月タブレット端末に関する利用動向調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ タブレット端末利用者の89.1%が「週1回以上」利用している

■ 20代の43.1%、30代の36.6%がタブレット端末を「常時携帯」している

■ タブレット端末を常時携帯している人がよく利用するコンテンツTOP3「動画、SNS、ゲーム」


・ 調査期間 / 2015年3月5日~3月7日
・ 有効回答 / 1,108人

データをダウンロードする Download PDF


■ タブレット端末利用者の89.1%が「週1回以上」利用している


タブレット端末を所有する20歳以上の男女(N=1,108)を対象に、タブレット端末の利用頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日」が54.1%、「週4~5回」が14.7%、「週2~3回」が11.8%、「週1回程度」が8.5%という結果となり週1回以上の利用者は89.1%となった。


■ 20代の43.1%、30代の36.6%がタブレット端末を「常時携帯」している


続いて、タブレットの持ち歩きについて聞いたところ、「よく携帯している」が32.4%、「たまに携帯している」が23.7%となり合わせて56.1%の人が持ち歩きしていることがわかった。
これを年代別で見てみると、20代の43.1%、30代の36.6%が「よく携帯している」ことがわかった。


■ タブレット端末を常時携帯している人がよく利用するコンテンツTOP3「動画、SNS、ゲーム」


タブレット端末所有者(N=1,108)に毎日~週1回程度、または定期的に利用しているアプリのジャンル(複数回答)について聞いたところ、最も利用が多かったのは「動画」で45.8%、次いで「天気」「ニュース」が35.3%となった。
続いて、よくタブレット端末を持ち歩いている人(N=359)に定期的に利用しているアプリのジャンル(複数回答)を聞いたところ「動画」が57.9%と最も多く、次いで「SNS」が49.3%、「ゲーム」が45.4%と全体とは異なる結果となった。



■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ タブレット端末の利用頻度
・ タブレット端末の携帯状況
・ タブレット端末が便利な理由
・ 毎日~週1回程度、定期的に利用しているアプリのジャンル
・ タブレット端末をよく利用している人が毎日~週1回程度、定期的に利用しているアプリのジャンル
・ タブレット端末の買い替え意向
・ タブレット端末を購入したきっかけ
・ タブレット端末を購入する際に、重視する(した)端末機能
・ 所有しているタブレット端末の満足度

**********************************************************
「2015年3月タブレット端末に関する利用動向調査」
・ 調査期間:2015年3月5日~3月7日
・ 有効回答:1,108人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:タブレット端末を所有する20歳以上の男女
・ 設問数:8問
・ 販売価格:49,800円(税抜)※CSV全ロウデータになります。
・ 申込方法:https://mmdlabo.jp/contact/
にてご連絡ください。
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ タブレット端末の利用頻度を教えてください。
・ タブレット端末を携帯していますか?
・ タブレット端末が便利な理由は何ですか?
・ タブレット端末で毎日~週1回程度、または定期的に利用しているアプリのジャンルを教えてください。
・ タブレット端末を買い替える予定はありますか?
・ あなたがタブレット端末を購入したきっかけは何ですか?
・ あなたがタブレット端末を購入する際に、重視する(した)端末機能について教えてください。
・ ご利用中のタブレット端末の満足度について教えてください。
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop