トップページ

 > 

調査データ

 > 

ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、「利用したいと思う」が1割にとどまる

調査データ

日付:2014/6/24

執筆者:妹尾 亜紀子

ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、「利用したいと思う」が1割にとどまる

ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、「利用したいと思う」が1割にとどまる

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、2014年6月10日~6月14日にかけて、18歳以上の男女2,017人にウェアラブル端末に関する調査を実施いたしました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、
ウェアラブル端末を「利用したいと思う」が1割にとどまる

■ 認知度が一番高いウェアラブル端末は「Google Glass(66.6%)」

■ ウェアラブル端末に求める機能
メガネ型が「道案内(36.6%)」、腕時計型が「健康管理(32.1%)」


・ 調査期間 … 2014年6月10日~6月14日(5日間)
・ 有効回答 … 2,017人

データをダウンロードする Download PDF


■ ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、
ウェアラブル端末を「利用したいと思う」が1割にとどまる


18歳以上の男女(N=2,017)を対象に、ウェアラブル端末の認知について聞いたところ、「知らない(60.2%)」と回答した人の割合が過半数を超えた。
また、「名前は聞いたことがあるが意味はわからない」、「知らない」と回答したユーザーも含めてウェアラブル端末の説明を行った上で利用意向を聞いたところ、「利用したいと思う」との回答が1割にとどまり、「利用したいと思わない」と回答した人が3割となった。




■ 認知度が一番高いウェアラブル端末は「Google Glass(66.6%)」


ウェアラブル端末を知っていると答えた人(N=803)を対象に、「知っている(聞いたことがある)ウェアラブル端末」にについて聞いたところ、「Google Glass(66.6%)」の認知度が一番高く、次に「GALAXY Gear(25.0%)」と続いた。



■ ウェアラブル端末に求める機能
メガネ型が「道案内(36.6%)」、腕時計型が「健康管理(32.1%)」


18歳以上の男女(N=2,017)を対象に、ウェアラブル端末に求める機能について聞いたところ、メガネ型が「道案内(36.6%)」「周辺情報通知/視界情報補足(24.8%)」「写真・動画撮影(23.6%)」、腕時計型が「健康管理(32.1%)」「道案内(22.7%)」、「通話(19.4%)」と続き、それぞれ違う機能を求められていることがわかった。




また、ウェアラブル端末を購入する際に重視する点を聞いたところ「金額(46.9%)」と答えた人が最も多く、「性能(41.1%)」「デザイン(34.7%)」の順に続いた。




■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ ウェアラブル端末の認知度
・ ウェアラブル端末の利用意向
・ 知っている(聞いたことがある)ウェアラブル端末の名前
・ メガネ型のウェアラブル端末に求める機能
・ 腕時計型のウェアラブル端末に求める機能
・ ウェアラブル端末を購入する際に重視する点


■ロウデータのご販売について
本調査結果の全選択肢の集計結果とフリー回答を含むロウデータを
下記の通り販売しております。
**********************************************************
「ウェアラブル端末に関する調査」
・ 調査期間 / 2014年6月10日~6月14日(5日間)
・ 有効回答 / 2,017人
・ 調査方法 / オンライン調査
・ 調査対象 / 18歳以上の男女
・ 全設問数 / 5問
・ 販売価格 / 48,000円(税抜)※CSV全ロウデータになります。
・ 申込方法 / https://mmdlabo.jp/contact/
にてご連絡ください。
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ あなたは、ウェアラブル端末を知っていますか。
・ あなたはウェアラブル端末を利用したいと思いますか。
・ あなたが知っている(聞いたことがある)ウェアラブル端末を教えてください。
・ あなたはウェアラブル端末にどのような機能を求めますか?
・ あなたがウェアラブル端末を購入する際に重視する点を教えてください。
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6427-6990 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop