トップページ

 > 

調査データ

 > 

全国主要14都市のダウンロード平均スピードが速いのはAndroid、iPhoneともにSoftBank

調査データ

日付:2014/6/4

執筆者:セノオ アキコ

全国主要14都市のダウンロード平均スピードが速いのはAndroid、iPhoneともにSoftBank

全国主要14都市のダウンロード平均スピードが速いのはAndroid、iPhoneともにSoftBank

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、docomo、au、SoftBankの各キャリアから夏モデルの主要Android端末が発売されたことを受け、各キャリアのネットワーク状況の実態を把握するため、Androidの夏モデル端末並びにiPhone5cを使用し、全国の主要都市(14都市95箇所)にて、「2014年6月最新Android、iPhone5c 全国主要都市通信速度調査」を2014年5月24日~28日に実施しました。調査結果及び、調査概要については以下の通りです。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋) 】


■ 全国主要14都市のダウンロード平均スピードが速いのはAndroid、iPhoneともにSoftBank
・全国主要14都市95箇所のダウンロード平均スピード
-Android:SoftBankが29.89 Mbps、docomoが28.02 Mbps、auが25.12 Mbps
-iPhone :SoftBankが29.67Mbps、docomoが25.33Mbps、auが20.67 Mbps



■ ダウンロード平均スピードが20 Mbps以上の調査スポット数
・Android
-docomo :65/95箇所(68.4%)
-au :58/95箇所(61.1%)
-SoftBank:78/95箇所(82.1%)

・iPhone
-docomo :59/95箇所(62.1%)
-au :40/95箇所(42.1%)
-SoftBank:72/95箇所(75.8%)


今回は、札幌、盛岡、仙台、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、岡山、高松、広島、福岡、熊本の14都市95箇所にて、docomo、au、SoftBank3社の*夏モデルAndroid端末並びにiPhone5cを使用し、通信速度テストを実施しました。調査スポットは過去の調査同様に主要都市の駅・ランドマークをランダムに抽出しました。

計測は「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを利用し、10時~19時の時間帯に同条件下で各端末3回計測を行い、平均値を記録しました。尚、調査は主要都市の中心部を調査したため、調査スポットのLTE化率は100%でした。
*docomo:Xperia(TM)Z2 SO-03F、au:GALAXY S5 SCL23、SoftBank:AQUOS Xx 304SH

■ 全国主要都市のダウンロード平均スピードが速いのはAndroid、iPhoneともにSoftBank
Android :SoftBank29.89Mbps、docomo28.02Mbps、au25.12Mbps
iPhone :SoftBank29.67Mbps、docomo25.33Mbps、au20.67Mbps


調査結果は表の通り、ダウンロード平均スピードが最も速かったのはSoftBankのAndroid端末で29.89Mbps、次いでSoftBankのiPhoneが29.67Mbps、docomoのAndroidが28.02Mbps、iPhoneが25.33Mbpsで続いた。アップロード平均スピードが速かったのは、SoftBankのiPhoneで13.53Mbps、次いでauのiPhoneが9.97Mbps、docomoのAndroidが9.80Mbpsで続いた。

尚、今回の調査スポットでの最速地点はauのAndroidが高松「高松空港」で記録した87.97Mbpsだった。docomoの最速地点はAndroidで金沢「堅町ストリート」の74.80Mbps、SoftBankの最速地点がiPhoneで金沢「香林坊109」の66.37Mbpsだった。


■ ダウンロード平均スピードが20Mbps以上の調査スポット数
Android :SoftBankが78箇所、docomoが65箇所、auが58箇所
iPhone :SoftBankが72箇所、docomoが59箇所、auが40箇所


次に全調査スポットのダウンロード平均スピードの結果を10Mbpsごとに6段階に区分けし、各携帯キャリアの通信速度の分布を見てみると、20Mbps以上のダウンロード平均スピードが出た調査スポット数は、SoftBankのAndroidが最も多く95箇所中78箇所(82.1%)、次いでSoftBankのiPhoneが72箇所(75.8%)、docomoのAndroidが65箇所(68.4%)、docomoのiPhoneが59箇所(62.1%)で続いた。

携帯キャリアごとに分布を見てみると、docomoはAndroid、iPhoneともに「20以上30Mbps未満」の調査スポットが最も多く、ともに31箇所で32.6%。auは、Androidが「20以上30Mbps未満」が多く29箇所30.5%、iPhoneは「10以上20Mbps未満」が最も多く42箇所44.2%だった。SoftBankはAndroidが「20以上30Mbps未満」が多く33箇所34.7%、iPhoneが「30以上40Mbps未満」で最も多く28箇所29.5%だった。


■調査概要
「2014年6月最新Android、iPhone5c 全国主要都市通信速度調査」
・ 調査期間 2014年5月24日~2014年5月28日
・ 調査地域 14都市 / 95箇所 ※詳細はダウンロードレポート(無料)を参照ください。
・ 調査方法
  スピードテスト:「RBB TODAY SPEED TEST」アプリにて計測。
  -10:00~19:00の時間帯に同条件下で各3回計測し、平均値を記録
  -調査スポットは、各都道府県における主要都市の駅やランドマークをランダムに抽出。
役所、大学、商業施設、スタジアムなどの測定箇所は、施設のメイン入口付近にて計測。
・ 調査使用スマートフォン端末
  docomo Xperia(TM)Z2 SO-03F / iPhone5c
  au GALAXY S5 SCL23 / iPhone5c
  SoftBank AQUOS Xx 304SH / iPhone5c

データをダウンロードする Download PDF


公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop