スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

インタビュー

2016年12月20日

Vo.51 「軒先」が提供するスペースシェアから生まれる新たな出会いと価値

近年ニュースで耳にすることが増えた「シェアリングエコノミー」。海外では拡がりを見せており、
日本でも多くのサービスが展開されている。今回はスペースシェア事業を展開している軒先株式会社の代表取締役 西浦明子氏に話を伺った。


----■御社の事業、具体的にはどのようなことをされているのか、教えていただけますか。



弊社は「軒先ビジネス」と「軒先パーキング」というスペースシェアの事業を展開しています。
通常の不動産流通市場では取引されないような種類の土地建物を対象にして、そこを短期で使う方と、場所の提供者をインターネット上でマッチングするサービスを運営しています。

利用シーン、ユーザーのプロフィール、利用目的で、二つサービスを設けているのですが、1日単位でお店を開くことができ、リアルにビジネスをしていただくことができるスペースを提供しているのが軒先ビジネスです。
軒先ビジネスのユーザーには使ってない土地建物などを提供してくださる方と、ちょっとしたスペースを使ってご商売する方がいらっしゃいます。
例えば、オフィス街ですと、キッチンカーでランチを販売しに来られる方が使われたりとか、商材はさまざまですが、催事販売する方や、企業による期間限定のポップアップショップやキャンペーンなどプロモーションで使っていただくというのを目的にしています。

ここから先は会員の方のみ、
お読みいただけます。会員登録がお済みでない方は、会員登録(無料)へお進みください。

無料会員登録

登録済みの方はこちらからログインして
ご覧ください。

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。