スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

セミナー

2021年1月20日

※申し込み終了※1/28(木)MMD研究所主催「オンラインライブからみるコロナ禍のユーザーインサイトとは?」オンラインセミナーを開催します

セミナーは終了しました

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響下でwithコロナ、afterコロナ、ニューノーマルという従来にはなかった新しい生活様式が生まれています。

各国で外出禁止令やロックダウンなど行動制限が設けられ、生活、ビジネス、エンタメなど様々なシーンで大きな変化が起きています。


新型コロナウイルスの感染防止対策として、様々なことがオンラインで行われるようになり、昨年の秋頃より少しずつ動員可能数を増やして再開してきたリアルイベント等は、1月8日に1都3県を対象に「緊急事態宣言」が再発令されたことにより再び中止・延期をせざる得ない状況となりました。

今後、私生活におけるユーザーのオンラインの行動変容はより複雑になっていくことでしょう。
オンライン上でのイベントやライブを消費者は実際にどう捉えているのでしょうか。
2021年最初のオンラインセミナーとして「オンラインイベント/ライブ」をテーマとしたセミナーを開催いたします。

MMD研究所では、オンラインライブとオフラインライブの2つの観点で調査を行いました。
無料オンラインライブ配信を利用したことがある方は31.2%となり、有料オンラインライブ配信サービスは14.4%となりました。
参照 「音楽のオンラインライブ視聴に関する実態調査」

有料オンラインライブ配信サービスを知らなかった人にオンラインライブ配信サービスの特徴を記載したうえで利用意向を聞いたところ15.4%が利用意向を示す結果となりました。

有料オンラインライブはまだこれから利用者が増えるサービスですが、今後重要なのはオンライン、オフラインで分けて考えるのではなく、両面から見た時のユーザーの行動変容です。

今回のセミナーでは音楽ライブに焦点を当て、オンライン、オフラインの行動変化についてデータからみていくセミナーを行えればと思います。

音楽ライブにおけるオンライン利用、オフライン利用、併用利用の実態を知りたい方や、
その行動変容について興味のある方はぜひ、ご参加ください。

【今回のセミナー内容】
・音楽市場、有料のライブ配信サービス、通常のライブの実態把握
・有料のライブ配信サービス、通常のライブの利用意向から今後のライブ・イベントの動向
・オンラインサービス、オフラインサービス選択の違い


==================================================================
<オンラインセミナー詳細>
「オンラインライブからみるコロナ禍のユーザーインサイトとは?」

■主催
MMD研究所

■日程
1/28(木)14:00~15:00(受付13:50~)

■オンライン
Zoomにて開催

■定員:60名
1/26(火)までにお申込みいただいた皆様に当落の結果と、
当選された方にはZoomのURLを送付させていただきます。

■申込締切
1/26(火)

■費用:無料

■お申し込み
お申込みはページ下部のフォームよりご応募ください。

<注意事項>
事業が競合する企業様、または個人事業主の方のお申込みについては、
ご参加をお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

セミナーは終了しました

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。