スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

プレスリリース

2018年5月23日

FINTECH REPORT 2018 日中米のFinTech領域の市場及び今後に関して

金融市場はいま様々なIT技術により発展を遂げています。ベンチャー企業がもたらす革新的な技術により、金融システム自体の転換期が訪れようとしています。オンラインバンキングなど従来の金融機関が提供するシステムも発展していますが、モバイルペイメントやP2P融資の広がりは従来の金融機関が担ってきたサービスの代わりになる可能性を秘めています。また、仮想通貨の登場は今後の金融市場発展の鍵となってくるでしょう。今回の資料では、日本、アメリカ、中国のFinTech市場の現状をお伝えするとともに、様々なベンチャーが勃興する米国のキーカンパニーの紹介などを通して、FinTechによってもたらされる未来を展望していきます。また、第4章ではモバイルペイメントの状況を知ることで、日本での普及の鍵を考察します。


【調査概要や調査項目が分かる資料をPDFでご用意しています。下記よりダウンロードください】

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする



FINTECH REPORT 2018
日中米のFinTech領域の市場及び今後に関して

【章立て】
第1章 市場について
1.FinTech市場の現状
2.日中米のサービス比較概要
3.米国のFinTech市場の現状と年代別分析
3-1.米国のリーディングカンパニー
3-2.米国のリーディングカンパニー
4.中国のFinTech市場の現状と年代別分析
4-1.中国のリーディングカンパニー
4-2.中国のリーディングカンパニー
5.日本のFinTech市場の現状と年代別分析
5-1.日本のリーディングカンパニー
5-2.日本のリーディングカンパニー
第2章 FinTech市場への投資に関して
6-1.米国におけるFinTech領域に強いベンチャーキャピタル
6-2.米国におけるFinTech領域に強いベンチャーキャピタル
7.米国におけるFinTechに投資する大手企業の特徴
第3章 FinTechにより変化する未来
8.FinTechによりディスラプトされる既得権益と我々の未来
第4章 日中米の決済状況
9.日中米のモバイル決済状況と消費者利用者動向
10.モバイル決済による生活の変化と生体認証決済
10-1.生体認証決済とは?
10-2.生体認証の採用事例
10-3. 2013年〜2024年までの米国における生体認証の市場規模
11.米中からみる日本でのモバイル決済の普及のカギ
参考文献

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする




■調査概要
・調査タイトル:FINTECH REPORT 2018
・調査方法:日中米消費者調査及び既存の市場データを活用
 (北米の協力企業と調査を実施しています)
・発行日:2018年5月23日

■納品形式
・PDF全28ページ

■販売価格
・270,000円(税抜)
オンラインで購入する(291,600円税込)
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

レポート内容の説明を受けてからご購入を検討したい方は、お問い合わせください。
お問い合わせフォーム





MMDLabo株式会社
TEL:03-6451-4414



MMDLaboでは本レポートのようなデータ販売のほか、各企業様に合わせたリサーチ業務を請け負っております。
スマートフォンデバイス・コンテンツ・サービス関連のマーケティングリサーチはお任せください。
調査企画立案・お見積りは無料です。
お電話またはEメール・お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
利用規約

■本レポートにおける免責事項
データについて、以下の点について責任を負うものではありません
1、データが全て正しく、全て安全で、全て有用であること
2、データが、特定目的への適合性、機能性があること
3、データが、常に最新のものであること
4、データにもとづく判断、意志決定等によって発生したあらゆるトラブル・損失・損害
5、コンピュータウイルスその他の有害性を含まないこと等の安全に関すること
6、当社の利用条件やデータの変更、削除、公開の中断、中止・停止に起因してお客様に生じる一切の損害

■本調査レポートのご利用について
本調査レポートはMMD研究所が独自に収集した情報を含んでおり当該情報に対する著作権・その他の権利はMMDLabo株式会社に帰属します。
本調査レポートにおいては調査申込者(企業)の内部資料としてのみのご利用をいただき、外部への資料の持ち出し、その他の手段により調査レポートの内容を第三者に漏らすことは一切禁止します。また、調査レポートの複製、貸与、翻訳等の著作権を侵害する行為は禁止します。
なお、このデータの2次利用は原則禁止としています。各種引用・転載行為も禁じていますので、よろしくお願いいたします。

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。