トップページ

 > 

調査データ

 > 

スマートフォンゲームアプリ内での交流経験36.7% 交流方法は「リアクション」「テキストチャットやメール」「ボイスチャット」

調査データ

日付:2020/11/18

執筆者:菊池 彩乃

スマートフォンゲームアプリ内での交流経験36.7% 交流方法は「リアクション」「テキストチャットやメール」「ボイスチャット」

スマートフォンゲームアプリ内での交流経験36.7% 交流方法は「リアクション」「テキストチャットやメール」「ボイスチャット」

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、予備調査でスマートフォンを所有する15歳~69歳の男女5,760人、本調査ではスマートフォンゲームアプリ内で他のプレイヤーと交流経験のある441人を対象に、2020年9月25日~10月7日の期間で「スマートフォンゲームアプリの利用と交流に関する実態調査」を実施いたしました。調査結果は以下の通りです。

【調査結果サマリー】


■ 約6割がスマートフォンゲームアプリで遊んだことがあり、経験ジャンルは「パズル」がトップ
  緊急事態宣言発令後に増えたのは「利用頻度/時間」「スマホゲームアプリ数」「遊ぶジャンル」

■ スマートフォンゲームアプリ内での交流経験36.7%
  交流方法は「リアクション」「テキストチャットやメール」「ボイスチャット」

■ 約9割がスマートフォンゲームアプリで1年以内にハマったものがある
  男性は「Pokémon GO」、女性は「LINE:ディズニー ツムツム」がそれぞれトップ




データをダウンロードする Download PDF


■ 約6割がスマートフォンゲームアプリで遊んだことがあり、経験ジャンルは「パズル」がトップ
  緊急事態宣言発令後に増えたのは「利用頻度/時間」「スマホゲームアプリ数」「遊ぶジャンル」


スマートフォンを所有する15歳~69歳の男女5,760人を対象に、スマートフォンゲームアプリで遊んだことがあるか聞いたところ、「遊んだことがある」は61.2%、「遊んだことがない」は38.8%となった。



続いて、スマートフォンゲームアプリで遊んだことがあると回答した3,528人を対象に、遊んだことがあるスマートフォンゲームアプリのジャンルを複数回答で聞いたところ、「パズル」が66.7%と最も多く、次に「ロールプレイング」が30.3%、「音楽」が28.9%となった。
性別で見てみると、男性(n=1,794)は「パズル」が57.0%と最も多く、次に「ロールプレイング」が39.8%、「アクション」が30.1%となり、女性(n=1,734)は「パズル」が76.6%と最も多く、次に「音楽」が31.1%、「シミュレーション」が22.5%となった。



次に、スマートフォンゲームアプリで遊んでいる2,912人を対象に、緊急事態宣言発令後にスマートフォンゲームアプリにおいて変化したものを聞いたところ、増えたと回答した中で最も多いのは「利用頻度/時間」で32.2%、次に「スマホ内の遊んでいるゲームアプリ数」で21.0%、「遊ぶジャンル」は15.6%、「ゲーム内の交流」は12.2%、「課金額」は11.8%となった。



■ スマートフォンゲームアプリ内での交流経験36.7%
  交流方法は「リアクション」「テキストチャットやメール」「ボイスチャット」


スマートフォンゲームアプリで遊んだことがある3,528人を対象に、スマートフォンゲームアプリ内で他のプレイヤーと交流したことがあるか聞いたところ、「交流したことがある」は36.7%、「交流したことはない」は63.3%となった。



次に、予備調査からスマートフォンゲームアプリ内で他のプレイヤーと交流経験のある441人を抽出し、スマートフォンゲームアプリ内で交流する際に気を付けていたことを複数回答で聞いたところ、「個人情報を流出させない」が42.9%と最も多く、次に「誹謗中傷をしない」が39.2%、「荒らし行為をしない」が37.4%となった。



続いて、スマートフォンゲームアプリ上での交流をどのようにしていたか複数回答で聞いたところ、「スマホゲーム内のリアクションで交流していた」が48.3%と最も多く、次に「スマホゲーム内のテキストチャットやメールで交流していた」が46.0%、「スマホゲーム内のボイスチャットで交流していた」と「同じスマホゲームで遊びながらSNSで交流していた」が22.0%となった。



次に、同じゲームで遊びながら通話アプリ・ツールで交流していたと回答した90人を対象に、スマートフォンゲームアプリ上で交流する際に利用経験のある通話アプリ・ツールを複数回答で聞いたところ、「LINE」が61.1%と最も多く、次に「Zoom」が42.2%、「Google ハングアウト」が38.9%となった。



■ 約9割がスマートフォンゲームアプリで1年以内にハマったものがある
  男性は「Pokémon GO」、女性は「LINE:ディズニー ツムツム」がそれぞれトップ


スマートフォンゲームアプリ内で他のプレイヤーと交流経験のある441人を対象に、スマートフォンゲームアプリで1年以内にハマったものはあるか聞いたところ、「ハマったゲームアプリがある」は88.0%、「ハマったゲームアプリはない」は12.0%となった。



続いて、ハマったスマートフォンゲームアプリがあると回答した388人を対象に、1年以内にハマったアプリを複数回答で聞いたところ、「LINE:ディズニー ツムツム」が31.7%と最も多く、次に「Pokémon GO」が30.7%、「パズル&ドラゴンズ」が23.7%となった。
性別で見てみると、男性は「Pokémon GO」が29.8%と最も多く、次に「パズル&ドラゴンズ」が27.1%、「ドラゴンクエストウォーク」が23.9%となり、女性は「LINE:ディズニー ツムツム」が42.4%と最も多く、次に「Pokémon GO」が31.8%、「LINE ポコポコ」が28.2%となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。



※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます


・ 本ページ内のグラフ
・ 回答者の属性情報(性別・年代など)
・ スマートフォンゲームアプリで遊ぶ頻度  ・・・など

データをダウンロードする Download PDF


■ 調査のロウデータを販売しております。
販売商品:スマートフォンゲームアプリの利用と交流に関する実態調査
納品形式:GT表、調査票、ロウデータ(Excel)
販売金額:170,000円(税抜)
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■ 調査概要
・ 調査期間:2020年9月25日~10月7日
・ 有効回答:予備調査5,760人、本調査441人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:<予備調査>スマートフォンを所有する15歳~69歳の男女
       <本調査>スマートフォンゲームアプリ内で他のプレイヤーとの交流経験者
・ 設問数 :予備調査4問、本調査5問

調査全設問項目
<予備調査>
・ あなたが遊んだことがあるスマートフォンゲームアプリのジャンルをすべて教えてください。
・ あなたは1週間のうちどれくらいの頻度でスマートフォンゲームアプリで遊びますか?
・ あなたはスマートフォンゲームアプリ内で他のプレイヤーと交流したことがありますか?
・ 緊急事態宣言発令後、あなたはスマートフォンゲームアプリにおいて変化したものがありますか?それぞれあてはまるものを教えてください。※複数のスマートフォンゲームアプリで遊んでいる方は、メインのスマートフォンゲームアプリについて教えてください。
<本調査>
・ 以前のアンケートで「スマートフォンのゲームアプリで遊んだことがある」と回答した方にお聞きします。あなたがスマートフォンゲームアプリで1年以内にハマったものをすべて教えてください。
・ 「ハマったスマートフォンゲームアプリがある」と回答した方にお聞きします。あなたがハマった理由であてはまるものをすべて教えてください。
・ 以前のアンケートで「スマートフォンゲームアプリ内で他のプレイヤーと交流したことがある」と回答した方にお聞きします。あなたはゲームアプリ上での交流をどのようにしていましたか?あてはまるものをすべて教えてください。
・ 「同じゲームで遊びながら通話アプリ・ツールで交流していた」と回答した方にお聞きします。あなたがゲームアプリ上で交流する際に利用している/したことがある通話アプリ・ツールをすべて教えてください。
・ あなたはスマートフォンゲームアプリ内で交流する際に気を付けている/気を付けていたことはありますか?あてはまるものをすべて教えてください。



上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約


≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

菊池 彩乃(キクチ アヤノ)

菊池 彩乃(キクチ アヤノ)

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop