トップページ

 > 

調査データ

 > 

非接触スマホ決済利用率は13.6%、約半数が1年以上の長期ユーザー QRコード決済利用率は14.8%、継続利用期間は1週間未満が最も多い

調査データ

日付:2019/8/27

執筆者:立石 明日香

非接触スマホ決済利用率は13.6%、約半数が1年以上の長期ユーザー QRコード決済利用率は14.8%、継続利用期間は1週間未満が最も多い

非接触スマホ決済利用率は13.6%、約半数が1年以上の長期ユーザー QRコード決済利用率は14.8%、継続利用期間は1週間未満が最も多い

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、スマートフォンを所有する15歳~69歳の男女10,000名を対象に予備調査を行い、スマホ決済利用者400名(非接触200名、QRコード200名)、過去利用者300名、未利用者300名に対して「2019年7月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査 第2弾~消費者編~」を実施いたしました。調査期間は2019年6月26日~6月30日です。調査結果は以下の通りです。
※本リリースは、2019年7月31日に販売開始した上記調査の中から、結果を一部抜粋しております。


【調査結果サマリー】


■ 非接触スマホ決済利用率は13.6%、QRコード決済利用率は14.8%、
  半年前と比較してQRコード決済利用率は約2倍の伸び

■ スマホ決済利用場所、朝は「コンビニエンスストア」での利用が最多で、
  非接触スマホ決済利用者33.0%、QRコード決済利用者31.0%

■ スマホ決済の利用頻度、非接触スマホ決済利用者の33.0%は毎日利用、
  QRコード決済利用者で毎日利用する人は21.5%

■ スマホ決済の継続利用、非接触スマホ決済の約半数は1年以上の長期ユーザー、
  QRコード決済は1週間未満が最も多い

■ 各キャッシュレス決済の利用意向、非接触スマホ決済利用者とQRコード決済利用者ともに
  最多は「クレジットカード」で8割以上が利用したいと回答



データをダウンロードする Download PDF


■ 非接触スマホ決済利用率は13.6%、QRコード決済利用率は14.8%、
  半年前と比較してQRコード決済利用率は約2倍の伸び

スマートフォンを持つ15~69歳の男女(n=10,000)を対象に、直近1ヶ月間で利用した決済方法について聞いたところ(複数回答可)、非接触スマホ決済の利用率は13.6%、QRコード決済の利用率は14.8%となり、QRコード決済の利用率が非接触スマホ決済の利用率を上回る結果となった。
また、2019年1月調査と比較すると、QRコード決済に関しては約2倍の伸びがみられた。


■ スマホ決済利用場所、朝は「コンビニエンスストア」での利用が最多で、
  非接触スマホ決済利用者33.0%、QRコード決済利用者31.0%

スマホ決済利用者を対象に、スマホ決済を利用する場所について時間帯ごとに分けて聞いたところ(複数回答可)、朝は「コンビニエンスストア」での利用が最も多く、非接触スマホ決済利用者(n=200)が33.0%、QRコード決済利用者(n=200)が31.0%となった。また、昼・夜になると、QRコード決済の方が非接触スマホ決済より利用が上がった。



■ スマホ決済の利用頻度、非接触スマホ決済を利用する人の33.0%は毎日利用、
  QRコード決済利用者で毎日利用する人は21.5%

スマホ決済利用者を対象に、スマホ決済を利用する頻度を聞いたところ、毎日利用する人は非接触スマホ決済(n=200)が33.0%、QRコード決済(n=200)が21.5%となった。


■ スマホ決済の継続利用、非接触スマホ決済の約半数は1年以上の長期ユーザー、
  QRコード決済は1週間未満が最も多い

非接触スマホ決済利用者(n=200)とQRコード決済利用者(n=200)を対象に、スマホ決済の継続利用期間について聞いたところ、非接触スマホ決済の約半数は1年以上利用していることが明らかになり、QRコード決済は1週間未満が最も多く17.0%となった。


■ 各キャッシュレス決済の利用意向、非接触スマホ決済利用者とQRコード決済利用者ともに
  最多は「クレジットカード」で8割以上が利用したいと回答

スマホ決済利用者を対象に、各キャッシュレス決済を今後どの程度利用したいと思うかを聞いたところ、非接触スマホ決済利用者(n=200)とQRコード決済利用者(n=200)ともに最多は「クレジットカード」で8割以上が利用したいと回答した。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。



※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。

■ 調査概要や調査項目が分かる資料をPDFでご用意しています。下記よりダウンロードください


データをダウンロードする Download PDF



■ 詳細な調査レポートを販売しております。
・ 販売商品:「2019年7月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査 第2弾~消費者編~」
・ 納品形式:GT表(スクリーニング、本調査)/クロス集計(性別、年代別、決済利用者別)/調査レポート
・ 販売金額:350,000円(税抜)


オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■調査概要
「2019年7月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査 第2弾~消費者編~」
・ 調査期間:2019年6月26日~6月30日
・ 有効回答:予備調査10,000人/本調査1,000人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンを所有する15歳から69歳の男女
・ 設問数:26問

■調査全設問項目
<予備調査>
Q1 あなたが現在メインで利用しているスマートフォンを教えてください。
Q2 あなたが現在お使いの「Q1回答」を契約している通信会社を教えてください。
Q3 あなたが直近1か月で利用した決済方法を全て教えてください。
Q4 以下の非接触決済サービスについて、あなたに当てはまるものを教えてください。
Q5 前問で回答した、利用している非接触決済サービスのうち、スマートフォンでの利用に関して当てはまるものをお選びください。
Q6 前問で回答した、現在スマートフォンで利用している非接触決済サービスの中で、あなたがメインで利用しているサービスを教えてください。
Q7 以下のQR・バーコード決済サービスについて、あなたに当てはまるものを教えてください。
Q8 前問で回答した、現在利用しているQR・バーコード決済サービスの中で、あなたがメインで利用しているサービスを教えてください。
Q9 あなたがメインで利用している「Q6回答」と「Q8回答」の利用期間を教えてください。
Q10 あなたは、QR・バーコード決済サービスに登録しようとしたが、登録完了せずに途中であきらめた経験がありますか
Q11 非接触/QRコード決済についてのイメージについて、あなたの考えに当てはまるものを全てお選びください。
Q12 あなたは今後、以下の決済方法をどの程度利用したいと思いますか?
Q13 現在、国を挙げてキャッシュレス化(現金以外の決済)を進める動きがあります。消費税増税に伴い、キャッシュレス決済(クレジットカード、電子マネー、QR・バーコード)を使えば、中小店舗では5%、コンビニなどチェーン店では2%のポイント還元が9か月間施行される予定です。あなたは、このタイミングでキャッシュレス決済を利用しますか?今よりも現金の利用を少なくしようと思いますか?あなたのご意見を、ご自由にお聞かせください。

<本調査>
Q14 あなたはスマホ決済の登録時に、どの支払い方法をどのように登録しましたか?経験があるものを全てお選びください。
Q15 前問で回答した登録方法を選んだ理由を教えてください。
Q16 それぞれの時間帯において、あなたがスマホ決済を利用する場所をすべて教えてください。
Q17 あなたがスマホ決済を利用して1ヶ月に支払う金額はどのくらいですか?それぞれの場所ごとに、大体の金額をお考えください。
Q18 あなたがスマホ決済を利用する頻度を教えてください。
Q19 ①あなたは「Q6回答」の情報を何から得ていますか?②あなたは「Q8の回答」の情報を何から得ていますか?③~④あなたはスマホ決済の情報を何から得ていますか?
Q20 あなたがスマホ決済を使い始めた理由/使いたいと思う理由をお答えください。
Q21 ①あなたが「Q6回答」をメインで利用している理由をひとつ教えてください。②あなたが「Q8回答」をメインで利用している理由をひとつ教えてください。
Q22 あなたがスマホ決済を使わない理由/使わなくなった理由をすべて教えてください。
Q23 あなたがスマホ決済に期待していることを全て教えてください。
Q24 あなたがスマホ決済を利用してみて、満足していることを教えてください。
Q25 あなたが普段利用しているポイントを、よく使うものから順に上位5つまで教えてください。
Q26 あなたの考えに当てはまるものを全てお選びください。




上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

立石 明日香(たついしあすか)

立石 明日香(たついしあすか)

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop