トップページ

 > 

調査データ

 > 

2016年4月格安SIMサービス通信速度調査

調査データ

日付:2016/4/21

執筆者:妹尾 亜紀子

2016年4月格安SIMサービス通信速度調査

2016年4月格安SIMサービス通信速度調査

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、「2016年4月格安SIMサービス通信速度調査」を実施致しました。 調査は、2016年3月18日当研究所から発表した「格安SIMサービスの利用動向調査※1」より格安SIMサービスシェア上位10サービス※2にて通信速度調査を実施しています。

【調査対象格安SIMサービス】
1. OCN モバイル ONE
2. 楽天モバイル
3. IIJ mio
4. BIGLOBE SIM
5. mineo(docomo、au)
6. DMM mobile
7. Nifmo
8. FREETEL SIM
9. UQ mobile
10. U-mobile
【調査1】全国主要5都市通信速度調査
2016年3月28日~4月1日の平日5日間で、全国主要5都市である東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の主要駅にて、各駅3箇所ずつ12時~13時、15時~16時の2つの時間帯において、各駅3箇所各サービス3回計測しています。
【調査2】朝、昼、夕 通信速度調査※3
2016年4月11日~15日の平日5日間に東京・恵比寿の当研究所事務所内にて、9時~10時、12時~13時、17時~18時の3つの時間帯において、各サービス3回計測しています。

尚、今回の調査は「Ookla Speedtest.net」を利用して計測しております。調査結果については以下の通りです。

※1:2016年3月18日「格安SIMサービスの利用動向調査」
※2:mineoはdocomo、auのマルチキャリア提供のため2つ調査
※3:調査2は、各サービスの通信速度の最高速度を調査したものではなく、時間帯における各サービスの通信速度の差を調査したものです。
※本調査結果は、当該調査時の条件下でのデータ及び所感をまとめた通信速度の参考データであり、電波の状態、回線の混雑状況、利用される場所などにより異なります。各サービスの通信速度を保証するものではございません。

データをダウンロードする Download PDF


【調査1】全国主要5都市通信速度調査





全国主要5都市の調査結果について5都市のダウンロード速度を箱ひげ図でみていくと、中央値が高かったのは、FREETEL SIMで13.9Mbps、次いでUQmobileが8.2Mbps、楽天モバイル7.4Mbpsが上位となった。箱の高さ(75%値)に着目すると、UQmobileが20.5Mbpsで最も高く、mineo(au)が16.8Mbps、FREETEL SIMが16.6Mbps、IIJ mioが14.3Mbpsで続いた。中央値、箱の高さが高い5社の中で、速度の安定性の目安となる箱の長さ(箱の長さが短いほど速度の振れ幅が少ない)を見てみると、FREETEL SIM、楽天モバイルの2社が、箱が短くなっており、相対的に速度が安定していた結果といえる。
尚、従来の計測方法である平均値の速度結果について、ダウンロード速度はUQmobileが15.8Mbpsで最も速く、次いでFREETEL SIMが12.5Mbps、mineo(au)が10.6Mbpsで続いた。

【調査2】朝、昼、夕通信速度調査




東京・恵比寿の当研究所事務所内にて、9時~10時、12時~13時、17時~18時の3つの時間帯で調査結果について、対象格安SIM全体の平均ダウンロード速度について、朝、昼、夕でそれぞれ見ていくと、朝の時間帯については、全体の平均ダウンロード速度は16.4Mbpsだった。トラフィックが集中するといわれている12時~13時の時間帯は顕著に速度が低下し、調査対象格安SIM全体の平均ダウンロード速度は2.7Mbpsだった。お昼の時間帯においても、通信速度の低下の影響が少なったのはFREETEL SIM、楽天モバイルで平均ダウンロード速度はそれぞれ、11.8Mbps、8.5Mbpsだった。17時~18時の時間帯はお昼の時間帯よりは速度が回復し、全体の平均ダウンロード速度は13.7Mbpsだった。
全国主要5都市の調査結果同様に箱ひげ図で中央値、箱の長さを中心に見ていくと、高速通信が比較的安定しているのが、FREETEL SIM、楽天モバイル。バラつきはあるが、ダウンロード速度が速いのがUQmobile、NifMoといった結果が見える。


※本調査レポートの数値は四捨五入の丸め計算を行っております。
※都市別の調査結果詳細は、会員登録後にダウンロードが可能です。

■調査概要
【調査共通】
調査対象サービス :2016年3月18日発表「格安SIMサービスの利用動向調査※1」より上位10サービス
1.OCN モバイル ONE
2.楽天モバイル
3.IIJ mio
4.BIGLOBE SIM
5.mineo(docomo、au)
6.DMM mobile
7.Nifmo
8.FREETEL SIM
9.UQ mobile
10U-mobile 
調査利用アプリ :Ookla Speedtest.net
調査端末    :docomo回線Zenfone5、au回線AQUOS SERIE SHL25、XperiaTM ZL2 SOL25

※1:2016年3月18日「格安SIMサービスの利用動向調査」

【調査1】
調査期間  :2016年3月28日~4月1日
調査時間帯 :1回目12時~13時、2回目15時~16時
調査場所
3/28東京(東京駅 丸の内中央口、八重洲中央口、銀の鈴広場)
3/29名古屋(名古屋駅 JR中央改札、金の時計広場、銀の時計広場)
3/30大阪(大阪駅 JR中央改札、中央南口、中央北口)
3/31福岡(博多駅 JR中央改札、博多口、筑紫口)
4/1札幌(札幌駅 JRタワー、南口、北口)
調査方法 :「Ookla Speedtest.net」にて各場所各サービス各時間帯で3回ずつ調査
1サービスあたり90回調査

【調査2】
調査期間 :2016年4月11日~4月15日
調査時間帯 :1回目9時~10時、2回目12時~13時、3回目17時~18時
調査場所 :東京・恵比寿(MMD研究所事務所内)
調査方法 :「Ookla Speedtest.net」にて毎日各サービス各時間帯で3回ずつ調査
1サービスあたり45回調査

データをダウンロードする Download PDF

上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6427-6990 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
12月度定点調査
VR調査

新着記事

不可試験.com
pagetop