トップページ

 > 

調査データ

 > 

電子書籍利用率、無料コンテンツは22.9%、有料コンテンツは16.5%、昨年と横ばい

調査データ

日付:2016/2/25

執筆者:妹尾 亜紀子

電子書籍利用率、無料コンテンツは22.9%、有料コンテンツは16.5%、昨年と横ばい

電子書籍利用率、無料コンテンツは22.9%、有料コンテンツは16.5%、昨年と横ばい

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、20~59歳の男女2,201人を対象に「2016年電子書籍および紙書籍に関する調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 電子書籍利用率、無料コンテンツは22.9%、有料コンテンツは16.5%、昨年と横ばい

■ 紙書籍で読書している人は83.0%、購入先は「書店」が85.5%

■ 紙・電子書籍の両方で読書している人の54.0%が「紙書籍のほうが多い」と回答



・ 調査期間:2016年2月19日~2月21日
・ 有効回答:2,201人

データをダウンロードする Download PDF


■ 電子書籍利用率、無料コンテンツは22.9%、有料コンテンツは16.5%、昨年と横ばい


20歳~59歳の男女(N=2,201)を対象に、電子書籍の購読について聞いたところ、現在利用している人は無料コンテンツで22.9%、有料コンテンツでは16.5%となっており、昨年調査と横ばいの結果となった。


■ 紙書籍で読書している人は83.0%、購入先は「書店」が85.5%


紙書籍での読書について聞いたところ、紙書籍で読書している人は83.0%いることがわかった。紙書籍で読書している人(N=1,862)に購入先(複数回答)について聞いたところ、「書店」が85.5%と最も多く、次いで「ネットショップ」が65.6%、「古本屋」が34.3%となった。



■ 紙・電子書籍の両方で読書している人の54.0%が「紙書籍のほうが多い」と回答


紙書籍および電子書籍で読書すると回答した人(N=541)を対象にどちらで読書することが多いかを聞いたところ、紙書籍のほうが多い」と回答した人が54.0%、「電子書籍のほうが多い」と回答した人が25.7%となった。


※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。

■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ 電子書籍の利用状況
・ 紙書籍での読書状況
・ 紙書籍の購入先
・ 読書する割合
**********************************************************
「2016年電子書籍および紙書籍に関する調査」
・ 調査期間:2016年2月19日~2月21日
・ 有効回答:2,201人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:20歳~59歳の男女
・ 設問数:4問
・ 販売価格:49,800円(税抜)※CSV全ロウデータになります。
・ 申込方法:https://mmdlabo.jp/contact/
にてご連絡ください。
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ 電子書籍ストアから電子書籍を購入した本を読んだことはありますか?
・ 紙書籍を読みますか?
・ 紙の書籍を購入するときの購入先を教えてください。
・ 紙の書籍と電子書籍のどちらで読書することが多いですか?
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6427-6990 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
12月度定点調査
VR調査

新着記事

不可試験.com

記事アーカイブ

pagetop