トップページ

 > 

調査データ

 > 

2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増

調査データ

日付:2015/10/20

執筆者:セノオ アキコ

2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増

2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は15歳以上の男女6,128人を対象に「2015年10月携帯端末購入に関する定点調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増

■ 格安SIM利用は3.8%、昨年より3.2ポイント増

■ 格安SIM利用者の3割が「SIMフリーのスマートフォンを新品で個別に購入」


・ 調査期間:2015年10月2日~10月9日
・ 有効回答:6,128人
データをダウンロードする Download PDF


■ 2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増


15歳以上の男女(N=6,128)を対象に、所有している携帯電話端末について聞いたところ、「スマートフォン」が63.9%、「フィーチャーフォン」が36.1%となっており、スマートフォンの所有率は2014年10月と比較すると4.9ポイント増となった。



■ 格安SIM利用は3.8%、昨年より3.2ポイント増


メインで利用している携帯電話端末のキャリアについて聞いたところ「docomo」が38.9%「au」が32.7%、「SoftBank」が21.4%となり、「格安SIM各社」の利用は3.8%となった。
格安SIM各社の利用は2014年4月では0.6%だったが、今回の調査で3.2ポイント増えていることがわかった。



■ 格安SIM利用者の3割が「SIMフリーのスマートフォンを新品で個別に購入」


スマートフォンでの格安SIM利用者(N=217)を対象に、格安SIMを挿しているスマートフォンの入手方法について複数回答形式で聞いたところ、「SIMフリーのスマートフォンを新品で個別に購入」が34.6%と最も多く、次いで「格安SIMとセット販売で購入」が22.1%、「以前から使っていたAndroidスマートフォン」が16.1%となった。


※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。

■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ 携帯電話端末所有率の推移
・ 利用している携帯電話会社
・ 格安SIM利用者の推移
・ 利用しているフィーチャーフォン・スマートフォンの購入時期
・ 現在利用しているスマートフォンのシリーズ
・ 現在利用しているiPhoneのシリーズ
・ 現在所有しているAndroidのシリーズ
・ 格安SIMを挿しているスマートフォンを入手した方法
**********************************************************
「2015年10月携帯端末購入に関する定点調査」
・ 調査期間:2015年10月2日~10月9日
・ 有効回答:6,128人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:15歳以上の男女
・ 設問数:5問
・ 販売価格:98,000円(税抜)※CSV全ロウデータになります。
・ 申込方法:https://mmdlabo.jp/contact/
にてご連絡ください。
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ あなたが現在利用している携帯電話端末を教えてください。複数台所有されている方は、メインで利用中の携帯電話・スマートフォンについてお答えください。
・ 所有しているフィーチャーフォン・スマートフォンの携帯電話会社を教えてください。複数台所有されている方は、メインで利用中の携帯電話・スマートフォンについてお答えください。
・ 現在所有しているフィーチャーフォン・スマートフォンの購入時期を教えてください。複数台所有されている方は、メインで利用中の携帯電話・スマートフォンについてお答えください。
・ あなたが現在所有しているスマートフォンのシリーズ・機種を教えてください。複数台所有されている方は、メインで利用中のスマートフォンについてお答えください。
・ あなたがお使いの格安SIMを挿しているスマートフォンの入手方法を教えて下さい。複数台所有されている方は、メインで利用中のスマートフォンについてお答えください。
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop