トップページ

 > 

調査データ

 > 

小学生低学年の半数が「子供向け携帯電話」を所有

調査データ

日付:2014/8/19

執筆者:セノオ アキコ

小学生低学年の半数が「子供向け携帯電話」を所有

小学生低学年の半数が「子供向け携帯電話」を所有

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、2014年7月31日~8月2日にかけて子供を持つ20歳~49歳の女性を対象に「2014年子供を持つ母親の携帯電話・スマートフォンに関する意識調査」を実施致しました。


【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 子供(小学生~高校生)の携帯電話端末の所持率は51.3%、昨年より約1割増

■ 小学生低学年の半数が「子供向け携帯電話」を所有

■ スマートフォン所有親子の連絡手段、小学生は「通話」、
  高校生は「無料通話・チャットアプリ」

■ 子を持つ母親の半数が小学生が携帯電話を持つことに「賛成」している


・ 調査期間 / 2014年7月31日~8月2日(3日間)
・ 有効回答 / 11,000人

データをダウンロードする Download PDF



■ 子供(小学生~高校生)の携帯電話端末の所持率は51.3%、昨年より約1割増


子供を持つ母親(N=11,000)に、子供の携帯電話端末所有について調査し、そのうちの小学生~高校生の子を持つ母親(N=4,800)を対象に、子供に携帯電話端末を持たせているかを聞いたところ、51.3%が持たせており、2013年1月に同様の調査を行った結果と比較すると約1割増えていることがわかった。




■ 小学生低学年の半数が「子供向け携帯電話」を所有


子供に携帯電話端末を持たせている母親(N=2,463)に、子供が所有している携帯電話端末の種類を聞いたところ、小学生1~3年までの約半数が「子供向け携帯電話」を所有、中学生になると半数がスマートフォン、高校生では8割がスマートフォンを所有していることがわかった。



■ スマートフォン所有親子の連絡手段、小学生は「通話」、
  高校生は「無料通話・チャットアプリ」


子供にスマートフォンを持たせている母親(N=1,268)を対象に、子供との連絡を取るときに最も利用する方法を聞いたところ、小学生の子を持つ親の半数以上が「通話」、5割弱の中学生と高校が「無料通話アプリ・チャットアプリ」を利用していることがわかった。




■ 子を持つ母親の半数が小学生が携帯電話を持つことに「賛成」している


子供を持つ母親(N=11,000)を対象に、自身の子供の学年を問わず小学生の子供が携帯電話を持つことに対してどのように思うかを聞いたところ、半数が賛成していることがわかった。学年別で見ても半数の親が賛成していることがわかった。




■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ 子供の就学・学年
・ 子供(小学生~高校生)の携帯電話端末所有率(全体)
・ 子供(小学生~高校生)の携帯電話端末所有率
・ 子供(小学生~高校生)が所有している携帯電話端末の種類
・ 子供(小学生~高校生)と連絡を取るときに最も利用する方法
・ 小学生の子供が携帯電話を持つことについて


■ロウデータのご販売について
本調査結果の全選択肢の集計結果とフリー回答を含むロウデータを
下記の通り販売しております。
**********************************************************
「2014年子供を持つ母親の携帯電話・スマートフォンに関する意識調査」
・ 調査期間:2014年7月31日~8月2日
・ 有効回答:11,000人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:20歳~49歳の子供を持つ女性
・ 設問数 :4問
・ 販売価格 / 99,800円(税抜)※CSV全ロウデータになります。
・ 申込方法 / https://mmdlabo.jp/contact/
にてご連絡ください。
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ あなたのお子様の学年について教えてください。
・ あなたのお子様に携帯電話を持たせていますか?
・ あなたがお子様と携帯電話で連絡を取るときに、最もよく利用する方法は何ですか?
・ あなたは小学生の子供が携帯電話を持つことに賛成ですか?
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6427-6990 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop