トップページ

 > 

調査データ

 > 

LINEユーザーのスタンプ購入経験は23.7%

調査データ

日付:2012/9/20

執筆者:妹尾 亜紀子

LINEユーザーのスタンプ購入経験は23.7%

LINEユーザーのスタンプ購入経験は23.7%

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、9月10日~14日にかけて「グループチャットサービスの登録率及び利用実態調査-第2回-」を実施しました。調査結果及び、調査概要については下記の通りです。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ グループチャットサービスの登録率、2012年2月では58.6%→2012年9月では71.9%
・ 登録しているグループチャットサービスは「LINE」が68.2%でトップ
・ LINEユーザーの有料スタンプの購入経験は23.7%



・ 調査期間 … 2012年9月10日~2012年9月14日(5日間)
・ 有効回答 … 651人

データをダウンロードする Download PDF


■ グループチャットサービスの登録率、2012年2月では58.6%→2012年9月では71.9%


スマートフォン所有者を対象に、グループチャットサービスの登録率について調査したところ、「登録し利用している」と回答したユーザーが58.8%、「登録しているが利用していない」と回答したユーザーが13.1%と、合わせて71.9%がグループチャットサービスを登録していることがわかった。

この結果を2012年2月のMMD研究所による同調査結果と比較すると、2012年2月の調査では登録率58.6%に対し、同調査結果では登録率71.9%と、この7ヶ月間でグループチャットサービスの登録率が13.3%伸びていることがわかった。



登録しているグループチャットサービスについて調査したところ、「LINE」と回答したユーザーが68.2%と最も多く、次いで僅差で「Skype」が67.5%、「Facebookメッセンジャー」が21.4%という結果となった。



また、最も利用しているグループチャットサービスについて調査したところ、最も多かったのが「LINE」で49.4%、次に多かったのが「Skype」で31.6%という結果となった。
年代別で見てみると、特に10代のLINEの利用率が他の年代よりも多い傾向にある結果となっている。



また、LINE登録者を対象に、有料スタンプの購入経験について調査したところ、23.7%のユーザーが購入したことがあると回答していることがわかった。
内訳として、2~3個と回答したユーザーが10.3%と最も多く、次いで1個と回答したユーザーが7.8%という結果となっている。



続いて、グループチャットサービスが便利だと思う点について調査したところ、「メールより簡単にメッセージが送れる」と回答したユーザーが70.7%と最も多く、次いで「同時に数人とチャットができる」と回答したユーザーが40.6%、「音声通話が無料(国内)」と回答したユーザーが40.4%という結果となった。



反対に、グループチャットサービスが不便だと思う点について調査したところ、「電話帳に登録している人全てに情報が公開されてしまう」と回答したユーザーが36.3%と最も多い結果の次に、「不便だと思う点はない」と回答しているユーザーが28.2%と、全体的にグループチャットサービスの満足度が高いことが伺える結果となった。




■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ グループチャットサービスの登録率(全体)
・ 登録しているグループチャットサービス(全体)
・ 最も利用しているグループチャットサービス(全体)
・ グループチャットサービスを利用する頻度(全体)
・ グループチャットサービスが便利だと思う点(全体)
・ グループチャットサービスが不便だと思う点(全体)
・ グループチャットサービスを利用し始めてからメールを送る頻度(全体)
・ 「スポンサードスタンプ」の入手について(LINE登録者対象)
・ 「スポンサードスタンプ」を入手した理由
 (LINEのスポンサードスタンプを入手したことがある人対象)
・ 有料スタンプの購入経験(LINE登録者対象)
・ 有料スタンプの購入方法(LINEで有料スタンプを購入した事がある人対象)
・ 「LINE公式アカウント」の利用率(LINE登録者対象)
・ 「公式アカウント」のクーポン利用経験(LINE公式アカウント利用者対象)
・ タイムライン機能の利用率(LINE登録者対象)


■ロウデータのご販売について
本調査結果の全選択肢の集計結果とフリー回答を含むロウデータを
下記の通り販売しております。
**********************************************************
「グループチャットサービスの登録率及び利用実態調査-第2回-」
・ 調査期間 / 2012年9月10日~2012年9月14日(5日間)
・ 有効回答 / 651
・ 調査方法 / インターネット調査
・ 調査対象 / 15歳~59歳のスマートフォン所有者
・ 全設問数 / 14問
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ あなたはSkypeやLINEなどのグループチャットサービスのアプリを登録していますか?
・ 次のうち登録しているグループチャットサービスのアプリはどれですか?
・ では、あなたが登録しているグループチャットサービスの中で
  最も利用しているグループチャットサービスのアプリは何ですか?
・ どれくらいの頻度でグループチャットサービスを利用していますか?
・ グループチャットサービスが便利だと思う点は何ですか?
・ グループチャットサービスが不便だと思う点は何ですか?
・ グループチャットサービスを利用し始めてから携帯会社のメール
  を送る頻度に変化ありましたか?
・ あなたはローソン、すき家などの企業アカウントを「友達追加」をして
  「スポンサードスタンプ」を入手したことはありますか?
・ あなたが「スポンサードスタンプ」を入手した理由は何ですか?
・ あなたはキャラクター等の販売している有料スタンプを購入したことはありますか?
・ どのような決済方法でスタンプを購入しましたか?
・ あなたは芸能人や企業などが情報を提供する「LINE公式アカウント」を
 利用していますか?
・ あなたは「公式アカウント」のお得なクーポンを使って買い物を
  したことがありますか?
・ あなたはタイムライン機能を利用していますか?
**********************************************************

ロウデータ購入に関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/

MMD研究所
電話:03-6427-6990(担当:妹尾)
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop