トップページ

 > 

調査データ

 > 

スマートフォンアプリ「計画通り十分にマネタイズができている」運営者は1割未満

調査データ

日付:2012/3/14

執筆者:セノオ アキコ

スマートフォンアプリ「計画通り十分にマネタイズができている」運営者は1割未満

スマートフォンアプリ「計画通り十分にマネタイズができている」運営者は1割未満

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、株式会社WECSy Marketing(代表取締役社長・宮崎 幹久)との共同リサーチとして、「スマートフォンのアプリビジネスに関する実態調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ スマートフォンアプリで「計画通り十分にマネタイズができている」運営者は1割未満
・ スマートフォンアプリのマネタイズ方法は約4割が「無料アプリ+広告」
・ 今後流行ると思うスマートフォンアプリ「ゲーム、クラウド系、チャットアプリ」



・ 調査期間 … 2012年2月23日~2012年3月3日(10日間)
・ 有効回答 … 260人

データをダウンロードする Download PDF


■ スマートフォンアプリで「計画通り十分にマネタイズができている」運営者は1割未満


インターネットWEBでのオンライン調査にてスマートフォンアプリ運営者(企画・開発含む)を対象に、今年(2012年)はどのOSを中心にスマートフォンアプリビジネスを考えているかについて調査したところ、「iOS・Android両方」と回答した運営者が67.6%と最も多い結果となった。



現在リリースしているスマートフォンアプリのマネタイズ方法について調査したところ、「無料アプリ+広告」と回答した運営者が39.4%と最も多く、次いで「有料アプリ」と回答した運営者が31.0%、「無料アプリ+アプリ内課金」と回答した運営者が29.6%という結果となった。

また、現在リリースしているスマートフォンアプリのマネタイズは計画通りにできているかを調査したところ、「十分にできている」と回答した運営者がわずか4.2%、「まぁまぁできている」と回答した運営者が29.6%と、合わせて33.8%の運営者が「マネタイズができている」と回答していることがわかった。

また、今後流行ると思うアプリのジャンルについて調査したところ、「ゲーム」と回答した運営者が47.9%と最も多く、次いで「クラウド系」と回答した運営者が36.6%、同率で「チャットアプリ」がランクインする結果となった。


■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ 今年(2012年)考えているスマートフォンアプリビジネス
・ 今年(2012年)メインに考えている企画開発
・ 現在運営しているAndroidアプリの数
・ 現在運営しているiPhoneアプリの数
・ リリースしているスマートフォンアプリの計画通りのマネタイズ
・ リリースしているスマートフォンアプリのマネタイズ方法
・ リリースしているスマートフォンアプリの多言語対応
・ 今後リリースしたいと思うスマートフォンアプリのジャンル
・ 今後流行ると思うスマートフォンアプリのジャンル
・ 今年(2012年)、考えているビジネス(アプリを運営していない人を対象)
・ 今後流行ると思うスマートフォンアプリのジャンル(アプリを運営していない人を対象)


※ その他の調査項目について
全選択肢を含む集計結果、年代別の集計結果、フリー回答を含むロウデータについては別途有償にて提供しています。MMD研究所までお気軽にお問い合わせください。


※ 今回調査した全設問項目


・ あなたは現在スマートフォンアプリを運営(企画・開発含む)していますか?
・ 今年(2012年)はどのOSを中心にスマートフォンアプリビジネスを考えていますか?
・ その理由は何ですか?ご意見・意見をご自由にお聞かせください。
・ 今年(2012年)は、ソーシャルゲームとソーシャルゲーム以外のアプリどちらをメインに企画開発を考えていますか?
・ 現在Androidアプリをいくつ運営していますか?
・ 現在iPhoneアプリをいくつ運営していますか?
・ 現在リリースしているスマートフォンアプリのマネタイズ方法はどのように行っていますか?
・ 現在リリースしているスマートフォンアプリのマネタイズは計画通りにできていますか?
・ 現在リリースしているスマートフォンアプリは多言語対応していますか?当てはまるものを全てお答えください。
・ 今後どのジャンルのスマートフォンアプリアプリをリリースしたいと思いますか?
・ 今後どのジャンルのスマートフォンアプリアプリが流行ると思いますか?
・ スマートフォンアプリアプリを企画・開発する際に参考にしている、あるいは参考にしていたスマートフォンアプリ名は何ですか?
・ 今年(2012年)は、どのOSを中心にビジネスを考えていますか?(アプリを運営していない人を対象)
・ 今後どのジャンルのスマートフォンアプリが流行ると思いますか?(アプリを運営していない人を対象)

※ リサーチ協賛メディア


・ MMD研究所登録会員
・ Facebook
・ Twitter

上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

MMD研究所:株式会社アップデイト

電話:03-5766-3040(担当:妹尾 せのお)
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/

###NDL###
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop