トップページ

 > 

プレスリリース

 > 

2017年VRに関する意識調査

プレスリリース

日付:2017/11/30

記事提供会社:MMDLabo株式会社

2017年VRに関する意識調査

2017年VRに関する意識調査

TAG:

AI,

VR

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所では2017年11月2日~11月9日にVRに興味がある、または体験したことがある、または所有していると回答した15~69歳の男女を対象に「2017年VRに関する意識調査」を実施しました。

本調査では、前年2016年10月に行った「2016年VRに関する意識調査」から1年が経過し、VRに対する世間の認知やイメージはどう変わったのか、VRに対する興味度合いやデバイスの購入検討度合い、具体的な体験施設に対するNPSなどを調査しました。




≪こんなことがわかります≫


◆2016 年からファネルはどう変化したのか
◆VR を知ったきっかけと興味を持ったきっかけ
◆具体的な体験施設と推奨度(NPS)、その具体的な理由(FA)
◆興味のあるVR コンテンツと、そのコンテンツに支払うことが出来る金額
◆VR 購入の理由、購入を踏みとどまっている理由
など




【調査概要や調査項目が分かる資料をPDFでご用意しています。下記よりダウンロードください】
データをダウンロードする Download PDF



2017年VRに関する意識調査




■調査概要
・調査タイトル:2017年VRに関する意識調査
・調査方法:インターネット調査

【予備調査概要】
・予備調査対象者:全国15歳~69歳の男女
・予備調査サンプル数:8,582サンプル
・予備調査実施期間:2017年11月2日~2017年11月9日
・予備調査設問:5問

【本調査概要】
・本調査対象者:予備調査でVRを興味がある、体験したことがある、所持していると回答した方
・本調査調査サンプル数 :1,043サンプル(内訳:興味者498サンプル、体験者489サンプル、所持者317サンプル)
・本調査実査期間:2017年11月10日~2017年11月17日
・本調査設問数:興味者9問、体験者12問、所持者10問

■調査内容 
 属性(性別、年齢、地域、職業、未既婚、子供の有無)

<興味者>
Q1.VRに興味を持ったきっかけ
Q2.具体的な体験の検討度
Q3.具体的に検討している体験施設
Q4.体験施設を選んだ具体的な理由
Q5.VRを体験したくなる時
Q6.体験に対する理想的な金額
Q7.購入の検討度合い
Q8.購入を踏みとどまる理由
Q9.興味のあるコンテンツ

<体験者>
Q1.VRに興味を持ったきっかけ
Q2.最近VRを体験した場所
Q3.VRのおすすめ度合い【NPS】
Q4.おすすめ度合いの点数理由【NPS/批判者】
Q5.次回体験の検討度合い
Q6.体験したくない理由
Q7.これから体験する予定の施設
Q8.体験施設を選んだ具体的な理由
Q9.VRデバイスの購入検討度合い
Q10.購入を踏みとどまる理由
Q11.利用したいVRコンテンツ
Q12.VRコンテンツの理想的な金額

<所持者>
Q1.VRに興味を持ったきっかけ
Q2.体験した場所
Q3.VRのおすすめ度合い【NPS】
Q4.おすすめ度合いの点数理由【NPS/批判者】
Q5.所持しているVRデバイス
Q6.VRデバイスの購入を決めたきっかけ
Q7.VRデバイスを起動する頻度
Q8.ほとんど起動していない理由
Q9.よく起動するコンテンツ
Q10.VRコンテンツの理想的な金額

■納品物
・2017年VRに関する意識調査レポート(121ページ)
・予備調査GT表
・本調査GT表(興味者/体験者/所持者)
・予備調査クロス集計(性年代別)
・本調査クロス集計(興味者/体験者/所持者性年代別)

■販売価格:190,000円(税抜)

■ご購入方法
オンラインで購入をする

・銀行お振込みでご購入
銀行振込をご希望される方は、お手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡ください。


【調査結果の説明を受けてからご購入検討したい方】

調査結果の説明を受けてからご購入を検討したい方は、お問い合わせください。
お問い合わせフォーム
MMDLabo株式会社
TEL:03-6451-4414


MMDLaboでは本レポートのようなデータ販売のほか、各企業様に合わせたリサーチ業務を請け負っております。
スマートフォンデバイス・コンテンツ・サービス関連のマーケティングリサーチはお任せください。
調査企画立案・お見積りは無料です。
お電話またはEメール・お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

■本レポートにおける免責事項
データについて、以下の点について責任を負うものではありません
1、データが全て正しく、全て安全で、全て有用であること
2、データが、特定目的への適合性、機能性があること
3、データが、常に最新のものであること
4、データにもとづく判断、意志決定等によって発生したあらゆるトラブル・損失・損害
5、コンピュータウイルスその他の有害性を含まないこと等の安全に関すること
6、当社の利用条件やデータの変更、削除、公開の中断、中止・停止に起因してお客様に生じる一切の損害

■本調査レポートのご利用について
本調査レポートはMMD研究所が独自に収集した情報を含んでおり当該情報に対する著作権・その他の権利はMMDLabo株式会社に帰属します。
本調査レポートにおいては調査申込者(企業)の内部資料としてのみのご利用をいただき、外部への資料の持ち出し、その他の手段により調査レポートの内容を第三者に漏らすことは一切禁止します。また、調査レポートの複製、貸与、翻訳等の著作権を侵害する行為は禁止します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事提供会社

MMDLabo株式会社

MMDLabo株式会社
WEB:http://www.mmdlabo.co.jp/
住所:東京都港区港南2-4-13 スターゼン品川ビル2階
TEL:03-6451-4414
代表者:吉本 浩司
Twitter:https://twitter.com/mmd_labo
facebook:https://www.facebook.com/mmdlabo

マーケティングリサーチ、プレスリリース代行、インバウンドマーケティング、MMD研究所の企画・運営

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop