スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

調査データ

2021年8月2日

QRコード決済6サービスの総合満足度1位は「PayPay」

MMDLabo株式会社(東京都港区、代表取締役:吉本浩司)が運営するMMD研究所は、「2021年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」においてQRコード決済サービスの6サービスのメイン利用者18歳~69歳の男女600人※を対象に2021年7月1日~7月5日の期間で「2021年7月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」を実施いたしました。調査結果は以下の通りです。
※PayPay(n=100)、d払い(n=100)、楽天ペイ(n=100)、au PAY(n=100)、メルペイ(n=100)、LINE Pay(n=100)(「2021年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の利用者数順に表示)

【調査結果サマリー】

■ QRコード決済サービスを知ったきっかけの上位は「テレビCM」「公式サイト」「関連アプリ上での案内」
■ QRコード決済サービスを使い始めた理由の上位は「ポイントが貯まる」
  「キャンペーンに興味を持った」「関連サービスとのポイント連動」
■ QRコード決済サービスの利用頻度が最も高いのは「楽天ペイ」
    利用者の約6割が1週間に1回以上利用
■ QRコード決済6サービスの総合満足度1位は「PayPay」
■ QRコード決済6サービスのNPSは-39.5、NPS1位は「楽天ペイ」

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

QRコード決済サービスを知ったきっかけの上位は「テレビCM」「公式サイト」「関連アプリ上での案内」

QRコード決済サービスの6サービスをメイン利用している18歳~69歳の男女600人を対象に、現在メインで利用しているQRコード決済サービスを知ったきっかけを聞いたところ、「テレビCM」が14.2%、次いで「公式サイト」が13.5%、「関連アプリ上での案内」が13.0%という結果になった。

これをサービス別(各n=100)に上位5位までの項目を抜き出してみると、PayPay、d払いのトップは「テレビCM」、楽天ペイは「公式サイト」、au PAYは「企業からの配信メール」、メルペイ、LINE Payは「関連アプリ上での案内」という結果になった。

 

QRコード決済サービスを使い始めた理由の上位は「ポイントが貯まる」「キャンペーンに興味を持った」「関連サービスとのポイント連動」

QRコード決済サービスの6サービスをメイン利用している600人を対象に、メインで利用しているQRコード決済サービスを使い始めた理由を聞いたところ(複数回答可)、「ポイントがたくさん貯まるから」が33.2%、次いで「キャンペーンを知って興味を持ったから」が29.0%、「普段使っているサービスとポイントが連動しているから」が22.5%となった。

これをサービス別(各n=100)に上位5位までの項目を抜き出してみると、PayPay、メルペイ、LINE Payのトップは「キャンペーンを知って興味を持ったから」、d払い、楽天ペイ、au PAYは「ポイントがたくさん貯まるから」という結果になった。

 

QRコード決済サービスの利用頻度が最も高いのは「楽天ペイ」
利用者の約6割が1週間に1回以上利用

QRコード決済サービスの6サービスをメイン利用している各サービス利用者(各n=100)に、そのサービスの利用頻度を聞いたところ、「1週間に1回以上利用する」という回答は各サービス別で、「楽天ペイ」が72.0%、「d払い」と「au PAY」が62.0%、「LINE Pay」が61.0%、「PayPay」が60.0%、「メルペイ」が44.0%となった。

 

QRコード決済6サービスの総合満足度1位は「PayPay」

QRコード決済サービスの6サービスをメイン利用している各サービス利用者(各n=100)に、メインで利用しているQRコード決済サービスの満足度を「お得部門」「アプリデザイン部門」「利便性部門」「信頼部門」の4部門においてそれぞれ聞いたところ、お得部門は「楽天ペイ」、アプリデザイン部門、利便性部門、信頼部門は「PayPay」がそれぞれ部門トップとなり、総合満足度は「PayPay」がトップとなった。

各部門で聞いた項目は下記となる。
「お得部門」…キャンペーンの頻度、ポイント還元率、還元されるポイントの分かりやすさ
「アプリデザイン部門」…操作の分かりやすさ、利用した金額(残高)の分かりやすさ、見た目の良さ
「利便性部門」…使える場所(店舗・EC)の多さ、店員の理解度、チャージ方法の豊富さ
「信頼部門」…セキュリティ、企業の信頼性、使える場所の分かりやすさ

 

QRコード決済6サービスのNPSは-39.5、NPS1位は「楽天ペイ」

QRコード決済サービスの6サービスをメイン利用している各サービス利用者(各n=100)に、メインで利用しているQRコード決済サービスを家族や友人におすすめしたいかどうか10点満点の点数をつけてもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を出したところ、9点から10点をつけた推奨者は11.0%、7点から8点をつけた中立者は38.5%、0点から6点をつけた批判者は50.5%となり、推奨者から批判者を引いたNPSは-39.5となった。サービス別のNPSは、「楽天ペイ」が-27.0で最も高い結果となった。

おすすめの点数を付けた理由をフリー回答で聞いているため、一部抜粋して紹介。

<PayPay>
■推奨者
「利用できる店舗が多く、キャンペーンも頻繁に行われているので(20代・男性)」
「キャンペーンが定期的にあってポイント還元率が高くなるので、使う楽しみがある。(50代・女性)」
■中立者
「お得なキャンペーンがあるから(30代・男性)」
「私たちの年代は使い慣れてる人が少ないから(60代・女性)」
■批判者
「ポイント還元が低すぎる(50代・男性)」
「ヤフーカードを持っていないと得がない。(30代・女性)」

<d払い>
■推奨者
「支払いが便利でポイントも貯まるから(60代・男性)」
「使える店舗が多い(20代・女性)」
■中立者
「アプリが使いやすいのと、コンビニ、ドラッグストアなど身近な場所で使えるから。(30代・男性)」
「使える場所が多いので支払いが楽になった。(40代・女性)」
■批判者
「安全性は上がっているとは思うが、まだ不安ではある。(50代・男性)」
「セキュリティ不安がある(30代・女性)」

<楽天ペイ>
■推奨者
「ネット通販大手ということもあり、そちらと合わせて使う人にはポイント還元率を考慮し、積極的に進める。(30代・男性)」
「楽天の登録をしているならポイントの使い勝手もいいのでおすすめ(40代・女性)」
■中立者
「使い勝手も良く、セキュリティもしっかりしているが、楽天スーパーポイントを使っていない人にとってはメリットが少なさそう。(50代・男性)」
「ポイントを貯めるには適していると思うから。(60代・女性)」
■批判者
「ペイペイに比べて使える店が少ない上に楽天カードを持っていてもポイント還元率は高くないから。(40代・男性)」
「使えるスーパーが生活圏に少ない。(50代・女性)」

<au PAY>
■推奨者
「もっと使える店があるといい(40代・男性)」
「企業を信頼しており、お得なキャンペーンも多く、便利だから。(60代・女性)」
■中立者
「本当はカードが好きだが、スマホ決済の方がポンタポイントがお得に誘導されている(40代・男性)」
「家族もauのスマホを使っているのでポイントが多くもらえるから(30代・女性)」
■批判者
「利用できる店舗にまだ限りがあるため。(20代・男性)」
「チャージはしやすく残高確認しやすいが、使える店舗がとても少ない。(40代・女性)」

<メルペイ>
■推奨者
「売上金で買い物ができる(30代・男性)」
「不要なものを売ったお金を利用できるのでよい。ポイントの還元キャンペーンもやっていて、そのポイントも利用しやすい(40代・女性)」
■中立者
「セキュリティが抜群(60代・男性)」
「売上金でも支払いができるので使いやすいです。(20代・女性)」
■批判者
「すでにみんないろんなものを利用しているから(10代・男性)」
「メルカリを使用しているので利用しているが、そうでなければ利用しないから(30代・女性)」

<LINE Pay>
■推奨者
「使える店が多い(30代・男性)」
「キャッシュレスで小銭が増えないから(30代・女性)」
■中立者
「毎月割引クーポンがあるから。(50代・男性)」
「他のカードより還元率は良いが以前より下がった(40代・女性)」
■批判者
「利用できるお店が増えたがセキュリティに不安を感じる。(30代・男性)」
「ポイントがクレジットカードを持っていないと還元されない。(20代・女性)」

 

※NPSはBain&Company、Fred Reichheld、SatmetrixSystemsの登録商標です。
※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます

  • 本ページ内のグラフ
  • 回答者の属性情報(性別・年代など)
  • QRコード決済サービスで最も重要だと思う点・・・など

調査概要や調査項目が分かる資料を
PDFでご用意しています。
下記よりダウンロードください。

データをダウンロードする

■ 調査のローデータを販売しております

販売商品:2021年7月 スマートフォン決済(QRコード/非接触)の満足度調査
納品形式:調査票・ロウデータ・クロス表(Excel)
販売金額:300,000円+消費税30,000円
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

■ 調査概要

調査期間:2021年7月1日~7月5日
有効回答:600人
PayPay(n=100)、d払い(n=100)、楽天ペイ(n=100)、au PAY(n=100)、メルペイ(n=100)、LINE Pay(n=100)
調査方法:インターネット調査
調査対象:18歳から69歳の上記QRコード決済サービスをメイン利用している男女
設問数  :9問

■ 調査全設問項目

・ あなたがメインで利用している「〇〇〇」を知ったきっかけを1つ教えてください。
・ あなたがメインで利用している「〇〇〇」を使い始めた理由を全て教えてください。
・ 人から勧められて「〇〇〇」の利用を始めたと答えた方にお伺いします。どのように勧められて、利用を始めましたか?勧められた時の会話や言葉を教えてください。
・ あなたがメインで利用している「〇〇〇」の決済回数について、最も当てはまるもの1つ教えてください。
・ あなたがメインで利用している「〇〇〇」の各項目の満足度について教えてください。
・ あなたが「〇〇〇」の満足度を判断する時に、以下の項目をどの程度重視していますか?重視する割合を、合計100%になるように教えてください。
・ スマホ決済に興味を持っている家族や友人がいた場合、あなたがメインで利用している「〇〇〇」のお勧め度は10点満点中、何点ですか?
・ 前問でつけた点数の理由を教えてください。
・ あなたが「〇〇〇」に改善してほしい点があれば、教えてください。
※「〇〇〇」は、「2021年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」においてメイン利用していると回答したQRコード決済サービスを表示。

上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

  • 営利を目的としないこと
  • それによって経済的な利益を得ることがないこと

※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。