トップページ

 > 

調査データ

 > 

2020年のシニアのスマートフォン利用者は77.0%、スマホ乗り換え検討者がスマホを利用したいと思ったきっかけは「3G回線の終了」

調査データ

日付:2020/8/6

執筆者:セノオ アキコ

2020年のシニアのスマートフォン利用者は77.0%、スマホ乗り換え検討者がスマホを利用したいと思ったきっかけは「3G回線の終了」

2020年のシニアのスマートフォン利用者は77.0%、スマホ乗り換え検討者がスマホを利用したいと思ったきっかけは「3G回線の終了」

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、予備調査で60歳~79歳の男女10,000人、本調査では60歳~79歳のスマートフォン所有者500人とスマートフォンへ乗り換え検討しているフィーチャーフォンまたはガラホ所有者500人に、2020年7月22日~7月26日の期間で「2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」を実施いたしました。

【調査結果サマリー】


■ シニアのモバイル端末所有率は92.9%、うちスマートフォンは77.0%、
  フィーチャーフォンは17.3%
  2019年と比べスマートフォン利用者は8.5ポイント増加、
  フィーチャーフォン利用者は14.2ポイント減少

■ フィーチャーフォン、ガラホ利用者のうち44.0%がスマートフォンへの乗り換え意向あり

■ 緊急事態宣言発令後のモバイル端末利用時間、シニアの22.1%が増えたと回答

■ 外出自粛期間中、シニアがスマートフォンで新しく始めたこと・する頻度が増えた習慣・行動の上位は「オンラインショッピング」「家族・友人との音声通話」「ゲーム」

■ シニアの直近3ヵ月の買い物で利用した決済方法、頻度が増えたのは「クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード」が21.7%、「QRコード決済」が14.5%

■ スマホ所有のシニアがスマホを利用し始めたきっかけの上位は
  「地図・ナビゲーション利用」「LINE利用」「家族にすすめられたから」
  検討者のスマートフォンを利用してみたいと思ったきっかけの上位は
  「3G回線の終了」「災害時に持っていたほうがいい」「地図・ナビゲーションを利用したい」

■ 新型コロナウイルスが拡大する中、シニアがスマートフォンを利用していて良かったことの上位は
  「情報収集がしやすい」「家族・友人との音声通話が無料で出来る」「暇な時間を潰せる」




データをダウンロードする Download PDF


■ シニアのモバイル端末所有率は92.9%、うちスマートフォンは77.0%、
  フィーチャーフォンは17.3%
  2019年と比べスマートフォン利用者は8.5ポイント増加、
  フィーチャーフォン利用者は14.2ポイント減少


60歳~79歳の男女10,000人を対象に、モバイル端末の所有について聞いたところ、モバイル端末の所有率は92.9%で、メインで利用しているモバイル端末の内訳は、「スマートフォン」が77.0%、「フィーチャーフォン」が17.3%、「ガラホ(4GLTEケータイ※以下ガラホ)」が5.7%となった。



シニア向けスマートフォンを含むスマートフォンの利用割合について、2012年から行っているシニア調査を元に2020年までの推移を集計した。※1
スマートフォン利用者は2020年(n=9,292)の77.0%と2019年(n=5,835)の68.5%と比べ、8.5ポイント増加。2012年(n=769)の12.7%と比べると64.3ポイント増加となった。



続いて、シニア向けフィーチャーフォンを含むフィーチャーフォンの利用者の割合を見てみると、2020年(n=9,292)の17.3%と2019年(n=5,835)の31.5%と比べ、14.2ポイント減少。2012年(n=769)の87.3%と比べると70.0ポイント減少となった。※2



■ フィーチャーフォン、ガラホ利用者のうち44.0%がスマートフォンへの乗り換え意向あり


フィーチャーフォンまたはガラホ利用者(n=2,055)を対象に、スマートフォンへの乗り換え意向を聞いたところ、「いますぐにでも乗り換えたい」が2.9%、「いますぐにではないが、乗り換えを検討している」が41.1%とあわせて44.0%のシニアが乗り換え意向があることがわかった。



■ 緊急事態宣言発令後のモバイル端末利用時間、シニアの22.1%が増えたと回答


通信会社と回線を契約しているモバイル端末を所有している人(n=9,256)に、新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言発令後にメインで利用しているモバイル端末の利用時間について聞いたところ、「増えた」が6.3%、「やや増えた」が15.8%と合わせて22.1%が増えたと回答した。
これを端末別に見るとスマートフォン所有者(n=7,135)の26.8%がスマートフォンの利用時間が増えたと回答した。



■ 外出自粛期間中、シニアがスマートフォンで新しく始めたこと・する頻度が増えた習慣・行動の上位は「オンラインショッピング」「家族・友人との音声通話」「ゲーム」


通信会社と回線を契約しているモバイル端末を所有している人を対象(n=9,964)に、外出自粛期間中、新しく始めたこと・する頻度が増えた習慣・行動について聞いたところ(複数回答可)、「部屋の片づけ」が18.2%と最も多く、次いで「映画・ドラマの視聴」が16.2%、「散歩」が13.7%となった。



前問で外出自粛期間中、新しく始めたこと・する頻度が増えた習慣・行動が増えたと回答したスマートフォン利用者(n=4,005)を対象に、スマートフォンを活用しながら行っていたものがあるかどうかを聞いたところ、「スマートフォンを活用しながら行ったものがある」と回答した人が54.1%、そのうちの最も多かった回答が「オンラインショッピング」で17.0%、次いで「家族・友人との音声通話」が14.6%、「ゲーム」が13.8%となった。





■ シニアの直近3ヵ月の買い物で利用した決済方法、頻度が増えたのは「クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード」が21.7%、「QRコード決済」が14.5%


モバイル端末所有者を対象に、直近3ヵ月間の買い物で利用した決済方法を聞いたところ、頻度が増えた項目は「クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード」で21.7%と最も多く、次いで「QRコード決済」が14.5%となった。



■ スマホ所有のシニアがスマホを利用し始めたきっかけの上位は
  「地図・ナビゲーション利用」「LINE利用」「家族にすすめられたから」
  検討者のスマートフォンを利用してみたいと思ったきっかけの上位は
  「3G回線の終了」「災害時に持っていたほうがいい」「地図・ナビゲーションを利用したい」


60歳~79歳の男女(n=10,000)からスマートフォン所有者(n=500)とスマートフォンへ乗り換え検討しているフィーチャーフォンまたはガラホ所有者(n=500)を抽出し、スマートフォン所有者(n=500)にスマートフォンの利用を始めたきっかけ(複数回答可)を聞いたところ、「LINEなどのコミュニケーションツールを使いたかったから」が25.6%と最も多く、次いで「家族にすすめられたから」が24.8%、「地図・ナビゲーションを利用したかったから」が19.8%となった。



続いて、スマートフォンへ乗り換え検討しているフィーチャーフォンまたはガラホ所有者(n=500)にスマートフォンを利用してみたいと思ったきっかけ(複数回答可)を聞いたところ、「3G回線がもうすぐ終了するから」が26.4%と最も多く、次いで「災害などの際に持っていたほうがいいと思ったから」が21.2%、「地図・ナビゲーションを利用したかったから」が18.2%となった。



■ 新型コロナウイルスが拡大する中、シニアがスマートフォンを利用していて良かったことの上位は
  「情報収集がしやすい」「家族・友人との音声通話が無料で出来る」「暇な時間を潰せる」


スマートフォン所有者(n=500)に新型コロナウイルスが拡大する中、スマートフォンを利用していて良かったことを聞いたところ、「情報収集がしやすい」が26.6%と最も多く、次いで「家族・友人との音声通話が無料で出来る」が25.0%、「暇な時間を潰せる」が17.8%となった。




※本調査レポートは過去の調査から携帯電話を所有している対象者を抜き出し、スマートフォンとフィーチャーフォンの割合を以下の通り再集計したものになります。
※1.過去調査の一部は50~59歳を含んでいるため、本推移は比較のために60歳未満を切り捨てて集計
※2.2018年、2019年調査は複数回答で利用しているモバイルデバイスについて聞いているため、スマートフォン利用・フィーチャーフォン利用の推移は、比較のためにスマートフォンとフィーチャーフォンの2台持ちをしている対象者は除外して集計
※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。

■ データのダウンロードで以下の情報も見られます


・ 本ページ内のグラフ
・ 回答者の属性情報(性別・年代など)  ・・・など

データをダウンロードする Download PDF



■ 調査概要
・ 調査期間:2020年7月22日~7月26日
・ 調査方法:インターネット調査

≪予備調査≫
・ 調査対象:60歳~79歳の男女10,000人
・ 設問数:13問
≪本調査≫
・ 調査対象:スマートフォン所有者500人
  スマートフォンへ乗り換え検討しているフィーチャーフォンまたはガラホ所有者500人
・ 設問数:10問


調査全設問項目
≪予備調査≫
Q1 あなたが現在お持ちのモバイル端末をすべて教えてください。
Q2 あなたがメインでご利用中のモバイル端末を教えてください。
Q3 あなたがメインで利用している「Q2回答選択肢」の通信会社を教えてください。
Q4 あなたがスマートフォンの利用を始めた時期を教えてください。あなたが「Q2回答選択肢」を持ち始めた時期を教えてください。
Q5 フィーチャーフォンまたはガラホをお使いの方にお伺いします。あなたは自分が所有するモバイル端末をスマートフォンに乗り換えることを検討していますか?スマートフォンやフィーチャーフォンまたはガラホをお持ちでない方にお伺いします。あなたは自分が所有するモバイル端末として、スマートフォンやフィーチャーフォンまたはガラホを持ちたいと思いますか?
Q6 「Q5回答選択肢」とお答えした方にお伺いします。あなたがスマートフォンに乗り換えることを検討し始めた時期を教えてください。あなたがスマートフォンを持つことを検討し始めた時期を教えてください。あなたがフィーチャーフォンまたはガラホを持つことを検討し始めた時期を教えてください。
Q7 あなたがスマートフォンへの乗り換えを予定している時期を教えてください。あなたがスマートフォンやフィーチャーフォンまたはガラホを持つことを予定している時期を教えてください。
Q8 あなたがスマートフォンとの契約を検討している通信会社を教えてください。先ほど「Q5回答選択肢」とお答えいただきましたが、あなたが契約を検討している通信会社を教えてください。
Q9 新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言発令後、あなたがメインで利用している「Q2回答選択肢」の利用時間は変わりましたか?あてはまるものを教えてください。
Q10 新型コロナウイルスの影響による外出自粛期間中、あなたが新しく始めたこと・する頻度が増えた習慣・行動はありますか?あてはまるものをすべて教えてください。
Q11 先ほど、外出自粛期間中に新しく始めたこと・する頻度が増えた習慣としてお答えいただいたもののうち、スマートフォンを活用しながら行っていたものはありますか?あなたがスマートフォンを活用しながら行っていたものとしてあてはまるものをすべて教えてください。
Q12 新型コロナウイルスの影響による外出自粛期間中、下記のことについてあなたは不安を感じましたか?
Q13 あなたが直近3ヵ月間の買い物で利用した決済方法に関してそれぞれ教えてください。

≪本調査≫
Q1 あなたがスマートフォンの利用を始めたきっかけとしてあてはまるものをすべて教えてください。あなたがスマートフォンを利用してみたいと思ったきっかけとしてあてはまるものをすべて教えてください。
Q2 あなたが現在利用しているスマートフォンの通信会社を選んだ理由としてあてはまるものをすべて教えてください。あなたがスマートフォンに乗り換える際の通信会社を「予備調査Q8回答選択肢」と回答した理由としてあてはまるものをすべて教えてください。
Q3 新型コロナウイルス拡大以降あなたがスマートフォンを利用する上で利用が増えたものや新たに利用し始めたものはありますか?あてはまる項目をすべて教えてください。新型コロナウイルス拡大以降あなたがスマートフォンで使ってみたいと思うようになった項目はありますか?あてはまる項目をすべて教えてください。
Q4 新型コロナウイルスが拡大する中、あなたがスマートフォンを利用していて良かったこととしてあてはまるものをすべて教えてください。
Q5 新型コロナウイルスの影響と関係なく、あなたがスマートフォンを利用していて感じるメリットとしてあてはまるものをすべて教えてください。
Q6 あなたはスマートフォンを利用する前、フィーチャーフォンまたはガラホを利用していましたか。
Q7 あなたはスマートフォンの契約をした際、オンライン、店頭のどちらで契約しましたか。あなたはスマートフォンへの乗り換えをするとしたら、オンライン、店頭どちらで契約を考えていますか。
Q8 あなたが今利用している「予備調査Q2回答選択肢」に対する不満としてあてはまるものをすべて教えてください。
Q9 あなたがスマートフォンの利用を始めた場合、通信会社にどのようなサポートを期待しますか。
Q10 【前問で「あてはまるものはない」以外を回答した方へ】前問で回答したサポートが欲しいと思った理由をご自由にお書きください。



上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約


≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop