トップページ

 > 

調査データ

 > 

音楽聴取時に利用しているデバイス、各年代で異なる結果に 小学生は「ゲーム機」、 中学生~30代は「スマートフォン」、40代~50代は「パソコン」

調査データ

日付:2018/10/2

執筆者:セノオ アキコ

音楽聴取時に利用しているデバイス、各年代で異なる結果に 小学生は「ゲーム機」、 中学生~30代は「スマートフォン」、40代~50代は「パソコン」

音楽聴取時に利用しているデバイス、各年代で異なる結果に 小学生は「ゲーム機」、 中学生~30代は「スマートフォン」、40代~50代は「パソコン」

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、株式会社レコチョクと共同で、2018年8月24日~8月26日の期間で「音楽とゲーム機に関する調査」を15歳~59歳の男女2,000人を対象に実施しました。また、そのうち小学生の子を持つ親107人、中学生の子を持つ親107人に対しては、自身の状況と別に子どもの状況に関しても聴取しました。(※そのため、2,000人の調査結果とは別に、親が回答した小学生107人・中学生107人のデータも合わせて示しています。)

【調査結果サマリー】



■ ゲーム機の所有率、小学生~10代後半で6割以上
小中学生は携帯電話よりゲーム機の所有率が上回る結果に

■ 所有しているゲーム機の上位
小学生~30代が「ニンテンドー3DS」40代が「ニンテンドーDS」、50代が「Wii」

■ 音楽聴取時に利用しているデバイス、各年代で異なる結果に 小学生は「ゲーム機」、
中学生~30代は「スマートフォン」、40代~50代は「パソコン」

■ 利用上位の音楽聴取デバイスを使うシーン、各年代で異なる結果に
小学生は「ゲーム機で平日、家で家族と」中学生は「スマートフォンで平日、家で個人的に」
10代後半~30代は「スマートフォンで通勤・通学途中」
40代~50代は「パソコンで休日、家で個人的に」

■ ゲーム機所有者が今後ゲーム機に求める機能の上位は
「音楽再生機能」「動画再生機能」「インターネット機能」





データをダウンロードする Download PDF


■ ゲーム機の所有率、小学生~10代後半で6割以上
小中学生は携帯電話よりゲーム機の所有率が上回る結果に


15歳~59歳の男女2,000人と小中学生214人(小学生107人、中学生107人に関しては小中学生の子を持つ親に自身の状況と別に子どもの状況について回答してもらった。 以下小学生、中学生)を対象に、所有しているデバイスについて聞いたところ、スマートフォン、フィーチャーフォンを合算した携帯電話所有率は「小学生」が35.5%、「中学生」は57.0%、「10代後半」は94.3%、「20代」が95.1%、「30代」は94.3%、「40代」は93.7%、「50代」は92.9%となった。
ゲーム機(据え置き型、ポータブル型、以下ゲーム機)の所有率は「小学生」が60.7%、「中学生」は73.8%、「10代後半」は68.4%、「20代」は45.7%、「30代」は45.8%、「40代」は27.9%、「50代」は25.6%となり、小中学生のデバイスの所有率は携帯電話よりゲーム機が上回る結果となった。


■ 所有しているゲーム機の上位
小学生~30代が「ニンテンドー3DS」40代が「ニンテンドーDS」、50代が「Wii」


ゲーム機を持っていると回答した15歳~59歳の男女(n=812)と小中学生(n=144)と対象に、持っているゲーム機の機種を聞いたところ(複数回答可)、小学生~30代で最も多かったのが「ニンテンドー3DS」、40代が「ニンテンドーDS」、50代が「Wii」となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。


■ 音楽聴取時に利用しているデバイス、各年代で異なる結果に 小学生は「ゲーム機」、
中学生~30代は「スマートフォン」、40代~50代は「パソコン」


15歳~59歳の男女2,000人と小中学生214人に、音楽を聴くかどうか聞いたところ、小学生が63.6%、中学生は77.6%、10代後半は94.6%、20代は87.5%、30代は83.2%、40代は80.6%、50代は83.6%が「音楽を聴く」と回答した。


ゲーム機を持っていると回答した15歳~59歳の男女812人と小中学生144人を対象に、ゲーム機での音楽聴取について聞いたところ、「現在音楽を聴いている」と「過去音楽を聴いていた」を合わせた割合で最も多かった年代は、「10代後半」で60.1%、次いで「中学生」で53.2%、「小学生」で50.8%となり、若年層の割合が高い結果となった。


続いて、なんらかのデバイスで音楽を聴いていると回答した15歳~59歳の男女1,704人と小中学生151人を対象に、音楽聴取時に利用しているデバイスについて聞いたところ(複数回答可)、小学生は「ゲーム機」、中学生~30代は「スマートフォン」、40代~50代は「パソコン」となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。



■ 利用上位の音楽聴取デバイスを使うシーン、各年代で異なる結果に
小学生は「ゲーム機で平日、家で家族と」中学生は「スマートフォンで平日、家で個人的に」
10代後半~30代は「スマートフォンで通勤・通学途中」
40代~50代は「パソコンで休日、家で個人的に」


各年代で回答が最も多かったデバイスを使い、どのようなシーンで音楽を聴くか聞いたところ(最大2つ)、小学生はゲーム機で「平日、家で家族と」、中学生はスマートフォンで「平日、家で個人的に」、10代後半~30代はスマートフォンで「通勤・通学途中」、40代~50代はパソコンで「休日、家で個人的に」という回答が最も多く、各年代で異なる結果となった。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。


■ ゲーム機所有者が今後ゲーム機に求める機能の上位は
「音楽再生機能」「動画再生機能」「インターネット機能」


ゲーム機を持っていると回答した15歳~59歳の男女812人と小中学生144人を対象に、今後ゲーム機に求める機能を聞いたところ(複数回答可)、それぞれの年代で最も多かった回答は、小学生では30.8%が「動画再生機能」、中学生が26.6%で「音楽再生機能」、10代後半の41.4%が「音楽再生機能」「動画再生機能」、20代の36.9%、30代の28.7%が「音楽再生機能」、40代の31.5%、50代の23.5%が「インターネット機能」と回答した。

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。



※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※回答者の属性は会員登録後に無料レポートよりご確認いただけます。


■ダウンロードで以下の情報もご覧いただけます。
・本ページ内のグラフ
★回答者の属性情報(性別・年代など)
★ゲーム機での音楽視聴経験
★ゲーム機で音楽を聴く理由
★初めて購入した音源
★購入して聴いたプレイヤー
※★付はダウンロード資料限定の情報です。

データをダウンロードする Download PDF


■ 調査のロウデータを販売しております。
販売商品:音楽とゲーム機に関する調査
納品形式:GT表、調査票・ロウデータ(Excel)
販売金額:210,000円(税抜)
入金方法:オンライン決済 / 銀行振込(弊社の指定口座)

オンラインで購入する
銀行振り込みで購入する(お問い合わせフォーム)

■ 調査概要
・ 調査期間:2018年8月24日~8月26日
・ 有効回答:2,000人(そのうち小学生の子を持つ親107人、中学生の子を持つ親107人に対しては、自身の状況と別に子どもの状況に関しても聴取。そのため、2,000人の調査結果とは別に、親が回答した小学生107人・中学生107人のデータも合わせて示している)
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:15歳~59歳の男女
・ 設問数 :15問
調査全設問項目
Q1 あなた/お子さんが持っている携帯電話端末に関してお答えください。
Q2 あなた/お子さんが所有している家庭用ゲーム機、ポータブルゲーム機に関して教えてください。
Q3 ゲーム機をお持ちの方にお伺いします。あなた/お子さんがゲーム機を使って音楽を聴いたことがありますか?
Q4 あなた/お子さんはニンテンドー3DSで音楽を聴いたことがありますか?
Q5 あなた/お子さんの音楽聴取について教えてください。
聴取している方は利用しているデバイスをいくつでも教えてください。
Q6 あなたは普段どれくらいの頻度で音楽を聴いていますか?デバイスごとの頻度をお答えください。
Q7 あなたのお子さんは普段どれくらいの頻度で音楽を聴いていますか?デバイスごとの頻度をお答えください。
Q8 あなたはそれぞれのデバイスで音楽を聴くときどのように聴くことが多いですか?
よく聴くシーンを2か所まで選んでください。
Q9 あなたのお子さんは、それぞれのデバイスで音楽を聴くときどのように聴くことが多いですか?
よく聴くシーンを2か所まで選んでください。
Q10 あなた/お子さんが初めて購入した(もしくは購入してもらった)音源はなんですか?
Q11 あなたが初めて購入して聴いたプレイヤーは何ですか?
Q12 あなたのお子さんが初めて購入して聴いたプレイヤーは何ですか?
Q13 あなた/お子さんがゲーム機に今後ついていてほしい機能を教えてください。
Q14 あなた/お子さんがよく聴く音楽のジャンルを教えてください。
Q15 ゲーム機で音楽を視聴する理由を教えてください。



上記のリサーチに関するご質問等は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム

利用規約


≪本調査レポートのご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。

・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop