トップページ

 > 

調査データ

 > 

40代~60代の4割が「シニア向けサービス」というカテゴリへ魅力を感じない

調査データ

日付:2015/12/3

執筆者:佐々木 怜

40代~60代の4割が「シニア向けサービス」というカテゴリへ魅力を感じない

40代~60代の4割が「シニア向けサービス」というカテゴリへ魅力を感じない

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、40歳以上69歳以下の男女1,035人を対象に「40代~60代の商品・サービスに関する購買動向調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 40代~60代の4割が「シニア向けサービス」というカテゴリへ魅力を感じない

■ 家電・デジタル機器への考え方は年齢があがるにつれて、質を求める傾向である一方、携帯電話については、「必要最低限でいい」という回答が増える傾向

■ 家電・デジタル機器の購入、インターネットで検索して、店舗で購入が2割

■ 情報接触の頻度、スマホ、タブレットは年代と共に下がる傾向


・ 調査期間 … 2015年10月2日~2015年10月3日
・ 有効回答 … 1,035人

データをダウンロードする Download PDF


■ 40代~60代の4割が「シニア向けサービス」というカテゴリへ魅力を感じない


40代~60代の男女(N=1,035)を対象に、シニア向けの携帯電話及び家電・デジタル機器について聞いたところ、シニア向けの商品やサービスの利用は携帯電話で3.6%、家電・デジタル機器で2.5%となった。また、シニア向けサービスに興味があるという回答は、携帯電話で23.4%、家電・デジタル機器28.7%となった一方で、魅力を感じないという回答は、携帯電話で42.7%、家電・デジタル機器で43.8%となり、それぞれの回答を上回った。



■ 家電・デジタル機器への考え方は年齢があがるにつれて、質を求める傾向である一方、携帯電話については、「必要最低限でいい」という回答が増える傾向


40代~60代の男女(N=1,035)を対象に、商品やサービスについての考え方について聞いたところ、家電・デジタル機器については、世代が上がるにつれて、価格が高くても納得するものを選びたいという傾向があることがわかった。一方、携帯電話については、世代が上がると共に、その率は下がり、逆に必要最低限でよいという回答が、世代が上がるにつれて増える事がわかった。



■ 家電・デジタル機器の購入、インターネットで検索して、店舗で購入が2割


40代~60代の男女(N=1,035)を対象に、家電・デジタル機器の購入の仕方について複数回答(最大3つまで)で尋ねると、実店舗で見て、そのまま購入が61.1%で最多となった。また、家電・デジタル機器については、22.6%が、ネットで検索して、実店舗で購入すると回答した。


■ 情報接触の頻度、スマホ、タブレットは年代と共に下がる傾向


40代~60代の男女(N=1,035)を対象に、ニュースや情報を取得するメディアについて聞いたところ、インターネットについて「毎日使う」項目としては、スマートフォン、タブレットそれぞれで年代が上がるにつれて利用頻度が下がる傾向が見られた。



※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。

■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ 年代別の家電・デジタル製品についての考え方
・ 年代別の携帯電話についての考え方
・ 食料品・お酒についての考え方
・ 日用雑貨についての考え方
・ 衣服についての考え方
・ 住居についての考え方
・ スポーツ用具についての考え方
・ 旅行についての考え方
・ 映画、スポーツ観戦、コンサートなどについての考え方
・ 健康食品についての考え方
・ 保険、投資信託についての考え方
・ シニア向け家電・デジタル機器への興味度
・ シニア向け携帯電話への興味度
・ シニア向け住居への興味度
・ シニア向けスポーツ用具への興味度
・ シニア向け旅行への興味度
・ シニア向け健康食品への興味度
・ シニア向け保険、投資信託への興味度
・ スマートフォンとタブレットを使って毎日情報収集を行う割合
・ 毎日情報収集を行う割合
・ 食料品、お酒の購買経路
・ 日用雑貨の購買経路
・ 衣服の購買経路
・ 本・雑誌の購買経路
・ CD/DVDの購買経路
・ 家電・デジタル機器の購買経路
・ 薬、健康食品の購買経路
・ サービス申し込みの購買経路
・ チケット申し込みの購買経路
・ 資料請求の購買経路
・ 旅行・旅券申し込みの購買経路
・ スマートフォンもしくはタブレットを利用しないで購入する理由(1)
・ スマートフォンもしくはタブレットを利用しないで購入する理由(2)
・ スマートフォンもしくはタブレットを利用しないで購入する理由(3)
・ スマートフォンやタブレットを利用して購入する理由(1)
・ スマートフォンやタブレットを利用して購入する理由(2)
・ スマートフォンやタブレットを利用して購入する理由(3)

**********************************************************
「40代~60代の所有する端末に関する調査」
・ 調査期間:2015年10月2日~10月3日
・ 有効回答:1,035人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:40歳以上69歳以下の男女
・ 設問数:6問
・ 販売価格:49,800円(税抜)※CSV全ロウデータになります。
・ 申込方法:https://mmdlabo.jp/contact/
にてご連絡ください。
-----------------------------------------------------------
※ 今回調査した全設問項目
・ 製品・サービスについてのあなたの考え方に最も近いものをお選び下さい。
・ あなたは、今後シニア向け商品・サービスを検討したいと思いますか。
・ ニュースや情報の取得方法について教えて下さい。
・ 買い物やサービス利用方法について教えてください。あなたは、以下の商品をどこで調べて購入する事が多いですか。
・ スマートフォンもしくはタブレットを利用しないで購入する理由であなたの考えに最も近いものを教えてください。
・ 前問で回答した品目をスマートフォンやタブレットを利用して購入する理由の内、最もあなたの考えに近いものを教えてください。
**********************************************************

データをダウンロードする Download PDF


上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、
下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

公開データ、グラフ等を広告および販促活動に利用する際は、内容によりますので、まずは下記宛てにお電話をいただくか、または掲載範囲、用途・目的などを記載してお問い合わせフォームよりご連絡ください。
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
規約 https://mmdlabo.jp/rules/

MMD研究所:MMDLabo株式会社
電話:03-6451-4414 担当:妹尾
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

佐々木 怜(ササキ レイ)

佐々木 怜(ササキ レイ)

MMD研究所 編集部員

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop