トップページ

 > 

調査データ

 > 

ビジネスに活用しているデジタルツール(クラウド環境)に関する実態調査

調査データ

日付:2010/9/28

執筆者:妹尾 亜紀子

ビジネスに活用しているデジタルツール(クラウド環境)に関する実態調査

ビジネスに活用しているデジタルツール(クラウド環境)に関する実態調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、MMD研究所のビジネス会員を対象としたオンライン調査にて、「ビジネスに活用しているデジタルツール(クラウド環境)に関する実態調査」を実施しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ ビジネスマンの55.1%が「仕事でGmailを利用」
・ 約3割のビジネスマンがスケジュール管理に「Googleカレンダー」を利用
・ 4割強のビジネスマンが連絡先(アドレス)管理に「携帯電話やスマートフォンのアドレス帳」を利用
・ 社会人iPhoneユーザーの約8割が、ビジネス用途で「Twitter」を利用
・ ビジネス用途で使われているアプリ・クラウドサービスは「Evernote、GoodReader、DropBox」
・ ビジネスマンの4割強が「ビジネスに適しているのはスマートフォン」と回答



・ 調査期間 … 2010年9月21日~2010年9月27日(7日間)
・ 有効回答 … 486人
・ 対象内訳 … iPhoneユーザー 209人(43.0%): 非iPhoneユーザー 277人(57.0%)



■ ビジネスマンの55.1%が「仕事でGmailを利用」


ビジネスマン486人を対象に実施したオンライン調査により、全体の65%が仕事にフリーメールアドレスを活用していることがわかった。
利用しているフリーメールサービスの内訳としては、Gmail、Yahoo!メール、Hotmail(WindowsLive)などが挙がっており、中でもGoogleの「Gmail」は全体の半数以上と非常に高い利用率となっている。(※利用サービスについては複数回答)


ちなみに、iPhone(iPad)ユーザーを対象に、ビジネスメール(会社のメールなど)をiPhone(iPad)でチェックしているか否かを調査したところ、65.0%が「チェックしている」と回答している。

また、「仕事のスケジュール管理にWEBサービス(有料・無料含む)、グループウェアなどを使っていますか?」という質問に対しては全体の72.6%が「利用している」と回答しており、利用しているサービスの内訳としては、Googleカレンダー、サイボウズ、desknet'sなどが挙がった。ここでもまたGoogleカレンダーの利用率が33.5%と最も高い結果となっている。(※利用サービスについては複数回答)


次に「連絡先(アドレス)は主に何で管理していますか?」という質問に対しては、全体の44.2%が「携帯電話やスマートフォンのアドレス帳」と回答しており、「手帳(手書きのアドレス帳)」で管理しているという回答はわずか2.7%であった。


情報収集やコミュニケーションなど、ビジネス用途で利用しているソーシャルメディア・WEBサービスに関する調査では、「Twitter」を利用しているという回答が全体の64.8%ともっとも多いことがわかった。

またこれを、iPhoneユーザーと非ユーザーで比較してみると、iPhoneユーザーでは82.3%、非ユーザーでは51.6%がそれぞれ利用していると回答しており、iPhoneとTwitterの親和性の高さが伺える結果となっている。他には、mixi(30.9%)、各種RSSリーダー(28.6%)、Skype(22.8%)、Facebook(22.2%)などのサービス・ツールが挙がった。(※利用サービス・ツールについては複数回答)


また、ビジネスで活用しているアプリ・クラウドサービスに関する調査では、Evernote、GoodReader、DropBoxなどのサービスが上位にランクインし、特にEvernoteについては約半数のユーザーが利用していると回答しており、支持の高さが伺える結果となっている。(※利用アプリ・サービスについては複数回答)


最後に、iPhoneユーザー、非iPhoneユーザーにぞれぞれ「携帯電話(フィーチャーフォン)とスマートフォンではどちらがビジネスシーンでの利用に適していると思いますか?」と質問したところ、iPhoneユーザーの55.0%、非ユーザーの32.9%から「スマートフォンの方が適していると思う」との回答が得られ、「携帯電話(フィーチャーフォン)の方が適している」という回答を大きく上回った。


その他フリー回答形式で募集した「iPhone、iPadのおすすめのビジネス活用術」では次のような回答が寄せられている。

・iPhoneは持たず、iPod Touch とイーモバイルの併用でデータ通信、au携帯で通話を。
・AirDisplayに原稿を表示してWEBサイトの文字校正。
・FaceTimeで臨時MTGを実施。
・Friendfeedを活用した情報配信。
・keynoteでプレゼン資料作成、閲覧など。
・Live Link 3Gでのビデオ会議。
・sugarsyncにて会社、自宅などのPCのデータの同期をとっている。
・twitterで同じ業種の方をフォローして情報収集しています。
・議事録をとるのに最適。iTextPadがおすすめアプリです。
・社内wi-fiネットワークからTeamViewerを利用し、会議室からのデスクトップ遠隔操作。
・必要な書類などはDropboxに、Web周りの資料はEvernoteでスクラップして利用。
・名刺スキャン。 (その他多数)


■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・仕事で利用するフリーメールアドレスについて(全体グラフ)
・ビジネスメールのチェックについて(全体グラフ/iPhoneユーザー・非iPhoneユーザー別グラフ)
・iPhoneユーザーのビジネスメールのチェックについて(iPhoneユーザーグラフ)
・仕事のスケジュール管理に利用するWEBサービス・グループウェア(全体グラフ)
・連絡先(アドレス)の主な管理手法(全体グラフ)
・ビジネス用途で利用しているソーシャルメディア・WEBサービス(全体グラフ/iPhoneユーザー・非iPhoneユーザー別グラフ)
・ビジネスシーンでの利用に最適だと思う端末(全体グラフ/iPhoneユーザー・非iPhoneユーザー別グラフ)


※ 今回調査した全設問項目


・ 下記の中で(お仕事・プライベート含めて)お使いのデバイス、ツールを教えてください。
・ 仕事で利用するフリーメールアドレスを持っていますか?また、持っている方はどのサービスをご利用ですか?
・ 仕事のスケジュール管理にWEBサービス(有料・無料含む)、グループウェアなどを使っていますか?また使っている方はどのサービスをご利用ですか?
・ 連絡先(アドレス)は主に何で管理していますか?
・ 携帯電話(フィーチャーフォン)とスマートフォンではどちらがビジネスシーンでの利用に適していると思いますか?
・ 次のうち、情報収集やコミュニケーションなど、ビジネス用途で利用しているWEBサービス、ツールがあれば教えてください。
・ あなたはiPhone、またはiPadのいずれかをお持ちですか?
・ ビジネスで活用しているiPhone、iPadアプリがあれば教えてください。
・ ほかにiPhone、iPadのおすすめのビジネス活用術があれば教えてください。
・ ビジネスメール(会社のメールなど)をiPhone、iPadでチェックしていますか?
・ 今後、スマートフォンの購入を予定していますか?

※ リサーチメディア


・ MMD研究所ビジネス会員
・ MMD研究所Twitterフォロワー

レポートのダウンロードに関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop