スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

調査データ

2010年9月17日

夏休みのETC割引料金利用率、及びアミューズメントに関する主婦の実態調査

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、メディアインクルーズ株式会社(代表取締役社長・小川昌幸)運営のモバイルメディア「ママイコ」との共同リサーチとして、「夏休みのETC割引料金利用率、及びアミューズメントに関する主婦の実態調査」を実施致しました。
調査対象は10~40代以上の主婦。有効回答数は569件です。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 今年の夏のETC割引料金利用率は37.6% (主婦調査)
・ 主婦が今年の夏に遊びに行った場所、44.5%が「アウトレット・ショッピングモール」



・ 調査期間 … 2010年9月1日~2010年9月12日(11日間)
・ 有効回答 … 569人


■ 今年の夏のETC割引料金利用率は37.6% (主婦調査)


モバイルWEBにて、主婦569人を対象に、今年の夏、ファミリーで割引料金が適用された高速道路のETCを利用したかについて調査したところ、主婦の62.4%が「利用していない」と回答しており、「利用した」と回答した主婦の内訳を見ると、「最初から狙って利用した」がわずか12.3%、「狙ってではないが利用した」が25.3%と合わせて37.6%に留まる結果となった。

また、今年の夏に遊びに行った場所について調査したところ、「アウトレット・ショッピングモール」が44.5%と最も多く、次いで「海・プール」が41.7%、「花火大会」が39.9%と、コストがかかるテーマパークやリゾート施設よりも、気軽に遊びに行けるアウトレットやショッピングモールが1位にランクインする結果となった。
ちなみに「特にどこにも出掛けていない」と回答した主婦は15.1%という結果となっている。
また、具体的にどこに遊びに行ったかをフリー回答形式で調査したところ、「イオンモール」「東京ディズニーリゾート」「八景島シーパラダイス」「アンパンマンミュージアム」などの回答が得られた。


■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ 今年の夏のETC利用率(全体グラフ)
・ 今年の夏に遊びに行った場所(全体グラフ)

※ その他の調査項目について
全選択肢を含む集計結果、年代別の集計結果、フリー回答を含むロウデータについては別途有償にて提供しています。
MMD研究所までお気軽にお問い合わせください。


※ 今回調査した全設問項目


・ あなたは今年の夏にETC(高速道路1,000円)を利用しましたか?
・ あなたが今年の夏に遊びに行ったところはどこですか?
・ それは具体的にどこですか?

※ リサーチタイアップメディア


・ ママイコ/ メディアインクルーズ株式会社
  http://mamaiko.jp



レポートのダウンロードに関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。