トップページ

 > 

調査データ

 > 

携帯依存度に関する実態調査

調査データ

日付:2009/5/28

執筆者:妹尾 亜紀子

携帯依存度に関する実態調査

携帯依存度に関する実態調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、GMOメディア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 輝幸)が運営する『ヤプログ!』他、計9社、モバイル10サイトの協力の下、「携帯依存度に関する実態調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋) 】


■ 学校でのメールチェック、全体の26.4%が「授業中でも隠れてチェックする」
■ 眠る時に携帯電話を枕元に…92.7%



・ 調査期間 … 2009年5月15日~2009年5月18日(4日間)
・ 有効回答 … 6,307人



■ 学校でのメールチェック、全体の26.4%が「授業中でも隠れて…」


学生(小中高、専門学校、大学)を対象に、学校でのメールチェックについて調査したところ、男子では「休憩時間にチェックする」が56.3%と最も多く、次いで「授業中でも隠れてチェックする」が34.6%、「学校でも受信するたびにチェックする」が33.3%という結果となった。
女子では「休憩時間にチェックする」が57.4%と最も多く、次いで「学校でも受信するたびにチェックする」が27.5%、「学校内での携帯電話の使用は禁止されている」が27.0%という結果となった。

また、学年別に見てみるとやはり小・中学生は義務教育ということもありいずれも「学校への携帯電話の持ち込みは禁止されている」が上位となっているが、高校生では「授業中でも隠れてチェックする」が約2割という結果に対し、大学生では4割強と年代が増すごとに学校でのメールチェックの頻度は高くなっていることが伺える。

■ 移動中、男性の8割以上が携帯電話はポケットの中に入れている


移動中(電車の中、歩いている時など)に携帯電話はどこにあることが多いかを調査したところ、男性では「ポケットに入れている」が83.1%と最も多く、次いで「かばんの中に入っている」が7.7%、女性では「かばんの中に入っている」が47.3%と最も多く、次いで「ポケットに入れている」が39.2%、という結果となった。

■ 眠る時に携帯電話を枕元に…92.7%


自宅ではどこまで携帯電話を携帯しているかを調査したところ、男女合わせて、眠る時に枕元に携帯電話を置いて寝るという回答が92.7%、トイレの中に携帯電話を持って入るという回答が53.5%、食事する際に携帯電話を手元に置いているという回答も44.8%と、いずれも非常に高い回答結果となった。

■ 勤務先でのメールチェック、女性の2割強が「休憩時間にトイレに行く際にチェックする」


会社員(派遣・契約含)を対象に、勤務先でのメールチェックについて調査したところ、仕事の休憩時間に(76.9%)、受信するたびに(25.7%)、トイレに行く際に(24.7%)という順に多い結果となり、6.0%とわずかながら「社内での携帯使用は禁止されている」という回答も見られた。
※ダウンロードデータでは主要なフリー回答を抜粋し、多数掲載しています。


※ 今回調査した全設問項目


・ 普段、携帯の充電器を持ち歩いていますか?
・ 次の場所(シチュエーション)で、あなたが携帯電話の電源を切るのはどのような時ですか?
・ 移動中(電車の中、歩いている時など)に携帯電話はどこにあることが多いですか?
・ あなたが自宅にいる時、どこまで携帯電話を携帯していますか?
・ 普段のメールチェックについて、当てはまるものはどれですか?
・ 勤務先でのメールチェックについて、当てはまるものはどれですか?
・ 学校でのメールチェックについて、当てはまるものはどれですか?

レポートのダウンロードに関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop