トップページ

 > 

調査データ

 > 

募金に関する実態調査

調査データ

日付:2008/4/24

執筆者:妹尾 亜紀子

募金に関する実態調査

募金に関する実態調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
 モバイルを中心にメディアレップ事業・広告代理事業を手がける株式会社ア
ップデイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田川悟郎)内に設置している
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、株式会社stratation
が運営する無料ホームページ作成サービス『00HPメイカー』、株式会社ファイ
ブゲート(本社:東京都渋谷区 、代表取締役:近藤 智宏)が運営する『タ
ダ電コム』他、計13社、モバイル14サイト(※詳細末尾参照)の協力
の下、「募金に関する実態調査」を実施致しました。 
調査期間は2008年4月11日~2008年4月14日の4日間、2,314人から有効回答を得
ました。
----------------------------------------------------------------------
【調査結果サマリー】
1:「募金したことがある」男女共に約9割
2:募金をした場所「街頭」が4割
3:1回の募金金額「100円~499円」が約4割
4:今までの募金経験回数「10回以上」が約5割
5:募金の種類「共同募金(赤い羽根等)」男性が約6割、女性が約7割
6:「クリック募金を知っている」男女共に約6割
7:クリック募金を知ったきっかけ「携帯サイトのリンクから」約4割
8:今後「クリック募金をする」 男女共に約6割
----------------------------------------------------------------------



1.「募金したことがある」男女共に約9割
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
----------------------------------------------------------------------
Q.募金をしたことがありますか?
(単数回答、N=2,314)※1

《男性》N=699
募金したことがある 91.0%
募金したことがない 9.0%

《女性》N=1,615
募金したことがある 93.6%
募金したことがない 6.4%

Q.なぜ募金をしようと思いましたか?
(複数回答、N=2,148)
※募金経験者対象

《男性》N=636
なんとなく 51.1%
小銭があったから 38.5%
人命支援になると思ったから 38.5%
環境保護になると思ったから 24.8%
自己満足 22.5%
募金に興味があったから 15.1%
TV、雑誌などで影響を受けたから 9.0%
友人に紹介されて 1.1%

《女性》N=1,512
人命支援になると思ったから 48.3%
なんとなく 46.8%
小銭があったから 34.9%
環境保護になると思ったから 29.7%
自己満足 20.1%
募金に興味があったから 19.6%
TV、雑誌などで影響を受けたから 12.6%
友人に紹介されて 1.7%

Q.募金しない理由は何ですか?
(単数回答、N=166)
募金未経験者

《男性》N=63
使用用途が不透明のため 27.0%
お金がないから 22.2%
興味がないから 12.7%
募金活動自体信頼できないから 12.7%
特にない 11.1%
募金活動の場面に出会ったことがないから 7.9%
恥ずかしいから 4.8%
手間がかかるから 1.6%

《女性》N=103
お金がないから 24.3%
募金活動自体信頼できないから 22.3%
使用用途が不透明のため 19.4%
特にない 11.7%
募金活動の場面に出会ったことがないから 11.7%
興味がないから 5.8%
手間がかかるから 2.9%
恥ずかしいから 1.9%
----------------------------------------------------------------------
募金をしたことがあるかを調査したところ、「「募金したこと
がある」が男性では91.0%、女性では93.6%という結果となった。

募金をしたかを調査したところ、男性では「なんとなく」が51.1%、次いで
「小銭があったから」、「人命支援になると思ったから」が38.5%という結果
となった。
また女性では、「人命支援になると思ったから」が48.3%、次いで「なんと
なく」が46.8%、「小銭があったから」が34.9%という結果となった。

募金をしない理由を調査したところ、男性では「使用用途が不明のため」が
27.0%、「お金がないから」が22.2%という結果となった。女性では「お金が
ないから」が24.3%、次いで「募金活動自体が信頼できない」という結果とな
った。

※1 本データ内における【N=xxxx】は有効回答者数を示します。



2.募金をした場所「街頭」が4割
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
----------------------------------------------------------------------
Q.どこで募金をしましたか?
(複数回答、N=2,148)
※募金経験者対象

【全体】
街頭 40.0%
スーパー・コンビニエンスストア等の店頭 29.0%
学校 13.7%
携帯電話・インターネット上でのクリック募金 7.8%
インターネット上での募金 4.1%
銀行・郵便局から 3.8%
電話 1.5%
----------------------------------------------------------------------

募金経験者を対象に募金した場所を調査したところ、全体では「街頭」が40.0
%、次いで「スーパー・コンビニエンスストア等の店頭」29.0%、「学校」が
13.7%という結果となった。男女別に見ても順位に差はなかった。


3.1回の募金金額「100円~499円」が約4割
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
----------------------------------------------------------------------
Q.1回の募金でいくら募金しましたか?
(単数回答、N=2,148)
※募金経験者対象

【全体】
1~99円 38.4%
100円~499円 43.4%
500円~1,000円 13.2%
1,001円~4,999円 2.8%
5,000円~9,999円 1.3%
10,000円以上 0.9%
----------------------------------------------------------------------

募金経験者を対象に1回の募金でいくら募金したかを調査したところ、全体では
「100円~499円」が43.4%、次いで「1~99円」が38.4%、「500円~1,000円」
が13.2%という結果となった。男女別に見ても順位に差はなかった。


4.今までの募金経験回数「10回以上」が約5割
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
----------------------------------------------------------------------
Q.今まで何回募金したことがありますか?
(単数回答、N=2,148)
※募金経験者対象

【全体】
1回 2.3%
2~5回 34.2%
6回~9回 12.1%
10回以上 51.4%
---------------------------------------------------------------------

募金経験者を対象に今までに何回募金をしたことがあるかを調査したところ、
「10回以上」が51.4%「2~5回」34.2%という結果となった。


5.募金の種類「共同募金(赤い羽根等)」男性が約6割、女性が約7割
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
----------------------------------------------------------------------
Q.どのような募金をしましたか?
(複数回答、N=2,148)
※募金経験者対象

《男性》N=636
共同募金(赤い羽根等) 59.3%
災害募金 51.9%
環境保護募金 33.6%
児童募金 32.9%
イベント等のチャリティー募金 30.5%
難民募金 29.1%
盲導犬募金 28.0%
覚えていない 20.6%
障害者向け募金 17.8%
育児支援募金 11.0%
介護、医療募金 9.7%
高齢者向け募金 5.2%

《女性》N=1,512
共同募金(赤い羽根等) 69.6%
災害募金 50.7%
盲導犬募金 39.6%
児童募金 37.3%
イベント等のチャリティー募金 34.9%
環境保護募金 34.7%
難民募金 32.9%
覚えていない 18.1%
障害者向け募金 17.0%
介護、医療募金 10.4%
育児支援募金 10.4%
高齢者向け募金 3.4%
---------------------------------------------------------------------

募金経験者を対象にどのような募金をしたかを調査したところ、男性では「
共同募金(赤い羽根等)」が59.3%、次いで「災害募金」が51.9%、「環境保護
募金」が33.6%という結果となった。女性では、「共同募金(赤い羽根等)」が
69.6%、次いで「災害募金」が50.7%、「盲導犬募金」が39.6%という結果と
なった。


6.「クリック募金を知っている」男女共に約6割
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
---------------------------------------------------------------------
Q.パソコン、携帯サイトにおけるクリック募金を知っていますか?
(単数回答、N=2,314)

【全体】
知っている 62.7%
知らない 37.3%
---------------------------------------------------------------------

パソコン、携帯サイトにおけるクリック募金を知っているかを調査したところ
、「知っている」が62.7%という結果となった。男女別に見ても、共に約6割
という結果となった。


7.クリック募金を知ったきっかけ「携帯サイトのリンクから」約4割
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
---------------------------------------------------------------------
Q.どのようにしてクリック募金を知りましたか?
(複数回答、N=1,415)

【全体】
携帯サイトのリンクから 44.5%
PCサイトのリンクから 39.1%
クリック募金を行っている企業のHPで 28.1%
TV 10.0%
友人に紹介されて 3.4%
新聞 3.1%
雑誌 2.8%
学校 1.0%
その他 8.3%
---------------------------------------------------------------------

どのようにしてクリック募金を知ったかを調査したところ、全体では「携帯サ
イトのリンクから」が44.5%。次いで「PCサイトのリンクから」が39.1%、「
クリック募金を行っている企業のHPで」28.1%という結果となった。


8.今後「クリック募金をする」 男女共に約6割
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
---------------------------------------------------------------------
Q.今後クリック募金をしようと思いますか?
(単数回答、N=2,314)

【男性】N=699
クリック募金をする 56.9%
クリック募金をしない 8.5%
わからない 34.6%

【女性】N=1,615
クリック募金をする 64.0%
クリック募金をしない 5.0%
わからない 31.0%
---------------------------------------------------------------------

今後のクリック募金の意向を調査したところ男性では「クリック募金をする」
が56.9%、女性では64.1%という結果となった。

<調査概要>――――――――――――――――――――――――――――――

調査方法

・人気無料コンテンツポータルサイト/モンキータウン
・コンテンツ豊富で完全無料なポイントサイト/モバポチャ
・モバイル専用ブログサービス/blogri
・無料携帯通話サービスサイト/タダ電コム
・総合エンターテイメント/エンタメたまご☆
・無料参加型小説サイト/幻創文庫
・自己紹介&プロフィールサイト/マイプレ
・着うた・着メロ配信サービス/着メロドットコム
・GPS連動エリアポータルサイト/ひまクリ
・アバターとブログが同時に楽しめるサイト/はぴログ
・脳トレSNSサイト/モバスクネット
・携帯評価コミュニティー/ファンつく
・携帯無料HP作成サービス/00HPメイカー
におけるモバイルWEB上でのアンケート調査。


■調査期間/2008年4月11日~4月14日(4日間)

■有効回答数/2,314人 (男性:30.2%、女性:69.8%)

■回答内訳
・モンキータウン 1,175回答
・モバポチャ 444回答
・blogri 132回答
・タダ電コム 128回答
・エンタメたまご☆ 105回答
・幻創文庫 92回答
・マイプレ 68回答
・着メロドットコム 67回答
・その他5媒体及びMMDモバイル 103回答
   計2,314回答

■属性
・年代 10代以下:17.3% 20代:23.5%
30代:33.3% 40代以上:25.9% 

・職業 小学生:0.4% 中学生:2.5% 高校生:8.7% 大学生:4.6% 
専門学生:2.1% 会社員:32.7% 派遣社員:5.8% 
アルバイト:9.8%主婦:14.7% その他:18.7%

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


〓調査報告以上〓


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
●調査実施媒体

1.人気無料コンテンツのポータルサイト 「モンキータウン」


[運営]有限会社インタースコープ(http://www.interscope.ne.jp
[総会員数]72,000人
[月間PV]15万PV
[詳細]
 占いモンキー、BINGO!モンキー、ゲームモンキー、写メモンキーなどの
人気無料コンテンツを擁するポータルサイト。


2.コンテンツ豊富で完全無料なポイントサイト「モバポチャ」
http://m-pocha.chance.com

[運営]株式会社チャンスイット(http://info.chance.com
[総会員数]43,000人
[月間PV]約60万PV
[詳細]
 「ゲームで遊ぶ」「ニュースを読む」「サイト内検索」など豊富なコンテン
ツを完全無料で利用出来るポイントサイト。
ユーザーが望むことを常に考える、というコンセプトの下運営している。


3.モバイル専用ブログサービス 「blogri」
http://www.blogri.jp

[運営]メディアインクルーズ株式会社(http://www.mediaincruise.co.jp
[総会員数]120,000人
[月間PV]7,000万PV
[詳細]
 「カワイくてカンタン!!」をコンセプトにしたモバイル専用ブログレンタ
ルサービスです。
デザイン豊富なブログスキンやユニークなイベント企画が話題を呼び、女子高
生・女子大生を中にアクセス急上昇の人気サイト。


4.無料携帯通話サービスサイト「タダ電コム」
http://tadaden.com

[運営]ファイブゲート株式会社(http://fivegate.jp
[総会員数]280,000人
[月間PV]680万PV
[詳細]
 タダ電コムは、携帯電話での国内・海外通話を提供するケータイ専用サービ
ス。
ケータイ無料通話の他にも、ブログ作成や友人との交流など、SNS系コンテン
ツもあり、現在30万人程度のユーザーが利用している人気のケータイ無料サイ
ト。

5.総合エンターテイメント「エンタメたまご」
http://tadauta.mobi//

[運営]株式会社DSC(http://www.d-s-c.co.jp

[総会員数]15,000人
[月間PV]81万PV
[詳細]
 サイト内でポイントを貯め、無料で着うた、占い、コミック、ゲーム、デコ
メ等が楽しめる総合エンターテイメントサイト。
会員の約6割が女性で、着うた3000曲以上、スグに使えるかわいいデコメ、ア
プリ&Flash対応のゲーム、毎日使える心理テストや12星座占いなどなど随時
更新中!もりだくさんの内容でユーザーに密着したサイト。


6.無料で閲覧・投稿できる参加型小説サイト 「幻創文庫」
http://kourai.jp/

[運営]株式会社アクアカンパニー(http://net-aqua.com/)
[総会員数]37,000人
[月間PV]1,000万PV
[詳細]
 携帯向け読者参加型小説サイト。現在、専属作家による作品約1,000作品を
無料で配信している。更新はほぼ毎日行われる。また、読者による投稿コーナ
ーも充実した機能を搭載。契約作家作品と同様にサイトに掲載されるのが特徴



7.自己紹介&プロフィールサイト「マイプレ プロフの輪」
http://mypre.jp

[運営]有限会社マーベラス
[総会員数]43,000人
[月間PV]3,500万PV
[詳細]
 ユーザー同士がプロフィールを通じて同じ趣味の友達を見つける、お気に入
りの画像やムービーをアルバムに保存して公開する、毎日の出来事を日記に書
くなど、使い方次第で様々な展開が出来るコミュニティサイトとなっている。


8.着うた・着メロ配信サービス「着メロドットコム」
http://chakumelo.com/

[運営]有限会社ネオプラス(http://www.jnet.or.jp/)
[総会員数]180,000人
[月間PV]約300万PV
[詳細]
 着メロドットコムは無料で着うた/着メロのダウンロードができるポイント
系サイト。
その他会員のみが利用できる大型掲示板で会員同士のコミュニケーションもは
かれますので年齢を問わず楽しめるサイト。


9.GPS連動エリアポータルサイト 「ひまクリ」
http://himaclick.com

[運営]株式会社モバイルワンテクノロジー(http://www.mob1tec.com
[月間PV]120万PV
[詳細]
 「ひまクリ」は今注目のGPSに完全連動したエリアエンタメポータル
サイト。
ユーザは、携帯からGPS情報(位置情報)を発信することで、今いる付近の
様々な情報を無料で取得する事が可能。
GPSボタンで楽々地域検索や飲食、レジャー、セール情報、ニュースやブロ
グ、着うた、デコメなどあらゆる情報と位置を結びつけて多くの情報を提供し
ている。

10.アバターとブログが同時に楽しめるサイト「はぴログ」
http://hapilog.net/

[運営]株式会社シンクタンク(http://think-tank.net
[総会員数]20,000人
[月間PV]300万PV
[詳細]
 アバターとブログが同時に楽しめるサイト!「はぴログ」は全キャリアに対
応した無料アバター+ブログサイト。
女性に圧倒的支持を得ており、ブログとアバターを軸に利用者間のコミュニテ
ィが活発に行われている!


11.脳トレSNSサイト「モバスクネット」
http://mbsch.jp/

[運営]株式会社ラーニングネットワークス(http://www.l-n-s.jp/

[総会員数]61,000人
[月間PV]6000000PV
[詳細]
 受験問題やクイズ、脳トレ、雑学の問題を解くとポイントがついてリアル
タイムで偏差値やランキングが出るモバイルSNS。
ユーザが問題を作成することも出来るので、問題を通じて様々な形でつながり
が出来る。中学受験・高校受験・大学受験の本格的な問題からクイズ問題まで
様々なジャンルの問題が楽しめる。


12.携帯評価コミュニティー 「ファンつく」
http://fan29.jp

[運営]株式会社アクアカンパニー(http://net-aqua.com
[総会員数]16,000人
[月間PV]600万PV
[詳細]
 「ファンつく」はユーザー自身が携帯画像やムービー投稿をすることにより
、訪問者(参加者外)や参加者皆に見てもらい評価することを楽しむ評価コミ
ュニティーシステムとなっている。
参加したユーザーは自分が投稿した画像の評価結果や自分のファンが何人でき
るかなど知る事が出来、掲示板の設置によるコミュニケーションをとることが
可能となっている。


13.無料ホームページ作成サービス「00HPメイカー」
http://hp.0zero.jp

[運営]株式会社stratation(http://www.stratation.com)
[総会員数]400,000人
[月間PV]7億PV(13億ADPV)
[詳細]
 携帯・パソコンのサイトから掲示板やブログ、動画共有機能などをユーザー
が無料で利用して、本格的なホームページを作成出来るサービスとなっている
。初心者にも分かり易く、友達とのコミュニケーションやファンとの交流を深
めるツールとして多くのユーザーに利用されている。
ユーザーの情報発信による口コミで月間7億PVのメディアに成長、新規登録会
員も1日に1,500サイト以上作成されているメディアとなっている。


14.「MMD研究所モバイルサイト」
http://mmd.up-date.ne.jp/m/

[運営]株式会社アップデイト(http://www.up-date.ne.jp
[詳細]
 ケータイサイト利用者の今をお届けするMMD研究所WEBの携帯版。
既存リリースのダイジェスト版での公開や、アンケートの取得などを行ってい
る。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
レポートのダウンロードに関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop