トップページ

 > 

調査データ

 > 

テレビ番組を探すアプリの認知度、利用率ともに「Gガイドモバイル」がトップ

調査データ

日付:2012/4/26

執筆者:妹尾 亜紀子

テレビ番組を探すアプリの認知度、利用率ともに「Gガイドモバイル」がトップ

テレビ番組を探すアプリの認知度、利用率ともに「Gガイドモバイル」がトップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
地上デジタルの放送やスマートフォン専用のテレビ番組、ワンセグを受信できる機器が増えたことによる視聴スタイルの変化に伴い、番組を探す方法が多様化してきた背景を踏まえ、MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、インターネットWEBによるオンライン調査にて、「携帯電話、スマートフォン所持者のテレビ番組アプリの認知度及び、利用実態調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ テレビ番組を探すアプリの認知度、利用率ともに「Gガイドモバイル」がトップ
・ 64.4%が機種変更をする際、「ワンセグ機能付きを購入する」と回答



・ 調査期間 … 2012年4月13日~2012年4月16日(4日間)
・ 有効回答 … 500人(スマートフォン所有者:250人、フィーチャーフォン所有者:250人)

データをダウンロードする Download PDF


■ テレビ番組を探すアプリの認知度、利用率ともに「Gガイドモバイル」がトップ


スマートフォン所有者(N=250)、フィーチャーフォン所有者(N=250)を対象に、テレビ番組アプリの認知度及び、利用実態調査を行った。

まず、携帯電話・スマートフォンで利用可能のテレビ番組を探すアプリの認知度について調査したところ、全体で53.6%のユーザーが「知っている」と回答していることがわかった。

内訳としては「知っており、利用している」と回答したユーザーが20.4%、「知っているが、利用していない」と回答したユーザーが28.0%、「過去利用していた」と回答したユーザーが5.2%という結果となった。



「知っている」と回答したユーザーを対象に、知っているテレビ番組アプリについて調査したところ、「Gガイドモバイル」と回答したユーザーが61.9%と圧倒的に多く、次いで「TV番組表」と回答したユーザーが39.9%、「テレビ欄」と回答したユーザーが20.9%という結果となった。

また、テレビ番組アプリ利用経験者を対象に、利用しているあるいは利用していたテレビ番組アプリについて調査したところ、認知度調査と同様に「Gガイドモバイル」と回答したユーザーが64.1%と圧倒的に多く、次いで「TV番組表」と回答したユーザーが21.9%、「テレビ欄」と回答したユーザーが18.0%という結果となった。





次に、現在使用している携帯電話・スマートフォンを機種変更する際に、ワンセグ機能付きの携帯電話・スマートフォンの購入意向について調査したところ、「ワンセグ機能が対応した携帯電話・スマートフォンを買う」と回答したユーザーが26.6%、「決め手ではないが、ワンセグ機能付き携帯電話・スマートフォンを買う」と回答したユーザーが37.8%と、合わせて64.4%のユーザーがワンセグ付の携帯電話・スマートフォンを購入すると回答していることがわかった。






■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ テレビ番組アプリの認知度(全体)
・ 知っているテレビ番組アプリ名(全体)
・ 利用経験のあるテレビ番組アプリ名(全体)
・ テレビ視聴をきっかけに調べたことのある情報(全体)
・ 最もワンセグが便利だと思う理由(全体)
・ 機種変更する際のワンセグ機能付き携帯電話・スマートフォンの購入意向(全体)

※ 今回調査した全設問項目


・ 今お使いの携帯電話・スマートフォンで最もワンセグ機能が便利だと思う理由は何ですか?
・ 今お使いの携帯電話・スマートフォンを買い替える際、ワンセグ機能付きを購入しますか?
・ あなたがテレビ視聴をきっかけに、「何を」調べたことがありますか。
・ 携帯電話・スマートフォンで利用できる「テレビ番組を探すアプリ」について知っていますか?
・ 携帯電話・スマートフォンで知っているテレビ番組を探すアプリを教えてください
・ 携帯電話・スマートフォンで利用している(していた)テレビ番組を探すアプリ名を教えてください。

MMD研究所(担当:妹尾)
電話:03-6427-6990
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/
会員登録(無料)すると、上記を含む詳細なレポートがPDFでダウンロードできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop