トップページ

 > 

プレスリリース

 > 

ゲームアプリ分析サービス「BUNSEKI」をゲームタイトル毎にカスタマイズするサービスを提供開始

プレスリリース

日付:2014/11/27

記事提供会社:株式会社ロガリズム

ゲームアプリ分析サービス「BUNSEKI」をゲームタイトル毎にカスタマイズするサービスを提供開始

ゲームアプリ分析サービス「BUNSEKI」をゲームタイトル毎にカスタマイズするサービスを提供開始

TAG:

このエントリーをはてなブックマークに追加


ロガリズム、ゲームアプリ分析サービス「BUNSEKI」を
ゲームタイトル毎にカスタマイズするサービスを提供開始
~ログデータ分析をコンサルティング、収益拡大をサポート~




株式会社ロガリズム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小林哲也、以下ロガリズム)は、スマートフォン向けゲームアプリ特化型分析サービス「BUNSEKI」(http://bunseki.logarhythm.jp/)を利用するゲームアプリベンダー向けに、ユーザーの行動データや課金別ユーザーの階層化、イベント前後によるページ遷移データなどアプリ毎に最適化する「BUNSEKIカスタマイズ仕様」を提供し、コンサルティングサービスを開始します。



■ゲームアプリ単位でチェックするべき分析ポイントの違いをアプリ毎にカスタマイズして提供
 「BUNSEKI」はソーシャルゲームのユーザーログデータを階層化し、解析データを自動でレポーティングするサービスです。SDKを必要とせず、料金も1万UU(ユニークユーザー)まで無料でお試しいただくことができます。

リリースして以来、多くのお問い合わせをいただく中で、分析スタッフ不足やリソース不足の課題をお持ちのアプリデベロッパー様が多く、自社のゲームアプリの運用や課金ロジックに合わせた専用の分析システムへのカスタマイズなどのご要望をいただいてきました。

 そこで今回、10アプリ限定で「BUNSEKI」をアプリ毎の仕様に基づく専用の分析サービスとしてカスタマイズし提供いたします。仕様設計の打合せ、BI(ビジネスインテリジェンス)やレポートのデザイン、分析の方法などを総合したコンサルティングサービスを提供し、ゲームアプリの収益化をサポートしていきます。

■代表の小林がセミナーに登壇します
12月9日(火)にMMD研究所主催にて行われるセミナー「ゲームアプリの収益を高めるための活用塾」にロガリズム代表の小林が登壇します。
【セミナー概要】
「ゲームアプリの収益を高めるためのデータの活用術」
【日時】2014年12月9日(火)10:00~12:00(開場受付9:30~)
【場所】EBiS303 カンファレンススペースA(恵比寿)
【定員】50名(応募多数の場合は抽選)
【料金】無料
【応募締切】12月2日(火) 19:00まで
【イベント詳細】「ゲームアプリの収益を高めるためのデータの活用術」
https://mmdlabo.jp/seminar/detail_1368.html

■「BUNSEKI」サービスURL
http://bunseki.logarhythm.jp/


【会社概要】
社名 株式会社ロガリズム(Logarhythm Co., Ltd.)
URL http://logarhythm.jp/
所在地 東京都渋谷区東3-25-11 TANGO33 BUILDING 4F
設立 2011年4月18日
代表者 代表取締役 小林 哲也
事業内容 データ分析事業、Webサービスの企画コンサルティング事業

【本サービスに関するお問い合わせ】
株式会社ロガリズム 担当:小林
TEL:03-6434-1338 / Mail:info@logarhythm.jp

【報道関係者のお問い合わせ】
株式会社ロガリズム PR事務局(MMDLabo株式会社内)
担当:森島、吉本
TEL:03-6451-4414 / Mail:press@logarhythm.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事提供会社

株式会社ロガリズム

株式会社ロガリズム
WEB:http://logarhythm.jp/
住所:東京都渋谷区東3-25-11 TANGO33 BUILDING 4F
TEL:03-6434-1338
代表者:小林 哲也
facebook:https://www.facebook.com/logarhythm.jp

DMP(データマネジメントプラットフォーム)事業
Web・アプリのデータ分析コンサルティング事業

あわせて読みたい記事:

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop