トップページ

 > 

調査データ

 > 

スマートフォンの所有率、及びスマートフォンユーザーのインサイト調査

調査データ

日付:2010/10/21

執筆者:妹尾 亜紀子

スマートフォンの所有率、及びスマートフォンユーザーのインサイト調査

スマートフォンの所有率、及びスマートフォンユーザーのインサイト調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて、「スマートフォンの所有率、及びスマートフォンユーザーのインサイト調査」を実施致しました。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ スマートフォンユーザーの約6割が「Flash非対応に不満」
・ スマートフォンユーザーの約8割が「複数台持ち」、約4割が「docomo携帯を併用」
・ スマートフォンユーザーの約3割が「電子書籍の購入経験あり」



・ 調査期間 … 2010年10月13日~2010年10月18日(6日間)
・ 有効回答 … 2,258人(うちスマートフォンユーザー385人)

データをダウンロードする Download PDF


■ スマートフォンユーザーの約6割が「Flash非対応に不満」


モバイルWEB・インターネットWEBでのオンライン調査にて、携帯ユーザー2,258人を対象にスマートフォンの所有率について調査したところ、全体の17.1%がスマートフォンを所有していることがわかった。





また、これらスマートフォン所有者(385人)を対象に所有しているスマートフォンの機種について調査したところ(複数回答形式)、全体の約3割が「SoftBank iPhone4G」、同じく約3割が「Softbank iPhone3GS」と同率でトップとなっており、次いで約1割が「SoftBank iPhone3G」と、合算すると約7割強のユーザーがiPhoneを所有していることがわかった。ちなみに、MMD研究所の調査にて、iPhoneの3G・3GS所有者とiPhone4G所有者が同率で並んだのは今回の調査が初めて。





また、iPhone以外の機種では「docomo Xperia」の所有者が15.3%という結果となっているが、2010年度秋冬モデルの「docomo Galaxy」、「au IS03」などの参入で、iPhoneを含むこれらスマートフォン端末のシェアがどう推移するかが注目される。ちなみにキャリア別の所有率結果では、docomo、auユーザーの所有率がそれぞれ1割強であるのに対し、Softbankユーザーは約4割がスマートフォンを所有しており、現在のiPhone人気を裏付ける結果となっている。

またこれらスマートフォンユーザーに、他の携帯電話端末(フィーチャーフォン)を併用しているかどうか調査したところ、全体の約8割のユーザーが「併用している(複数台持ち)」ことがわかった。併用しているフィーチャーフォンのキャリア別内訳としては、docomoの携帯電話を併用しているユーザーが38.7%、auの携帯電話を併用しているユーザーが28.3%、Softbankの携帯電話を併用しているユーザーが14.5%となっている。





次に、これらスマートフォン所有者(385人)を対象に、現在使用しているスマートフォンに対応して欲しい機能について調査したところ、全体の約6割のユーザーが「Flashのサイトに対応して欲しい」という要望を持っていることがわかった。
その他の機能としては、「おサイフケータイに対応して欲しい(46.8%)」、「電波状況を改善して欲しい(45.7%)」、「赤外線通信に対応して欲しい(44.7%)」などの声が上位に上がっており、逆に、「デザインやカラーバリエーション」「デコメール対応」「パソコンがなくても使えるようにして欲しい」などの項目は、いずれも1~2割程度であった。








また、「スマートフォンでの電子書籍(雑誌)のダウンロード経験の有無」についての調査では、スマートフォン所有者の66.8%がダウロード経験があることがわかった。
また、そのうち有料の電子書籍(雑誌)を購入したことがあると回答したユーザーは27.3%、「今後、スマートフォンで電子書籍(雑誌)を読みますか?」という質問に対しては、全体の52.7%が「読むと思う」と回答しており、「読まないと思う」と回答した24.4%を大きく上回る結果となっている。








■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ スマートフォン所有率(全体グラフ/各携帯キャリアユーザー別グラフ)
・ 所有しているスマートフォン(全体グラフ/各携帯キャリアユーザー別グラフ)
・ スマートフォン以外に所有している通常の携帯電話端末(全体グラフ)
・ スマートフォンでの電子書籍(雑誌)のダウンロード経験の有無(全体グラフ/所有スマートフォン別グラフ)
・ スマートフォンでの今後の電子書籍の利用意向(全体グラフ/所有スマートフォン別グラフ)
・ 現在使用しているスマートフォンに対応して欲しい機能(全体グラフ/所有スマートフォン別グラフ)


※ その他の調査項目について
全選択肢を含む集計結果、年代別の集計結果、フリー回答を含むロウデータについては別途有償にて提供しています。
MMD研究所までお気軽にお問い合わせください。


※ 今回調査した全設問項目


・ あなたはスマートフォン(iPhone、Xperia、Android、Windowsモバイルなど)を持っていますか?
・ あなたがお持ちのスマートフォンを教えてください。
・ スマートフォン以外に通常の携帯電話端末はお持ちですか?
・ あなたはスマートフォンで有料の電子書籍(雑誌)を購入したことはありますか?
・ 今後、スマートフォンで電子書籍(雑誌)を読みますか?
・ 現在お使いのスマートフォンに対応して欲しい機能は何ですか?

※ リサーチ協賛メディア


・ モンキータウン
・ マイプレ
・ 幻創文庫
・ ピーカチSNS
・ フォレストページ
・ タダ電コム
・ blogri
・ みんなの恋愛相談
・ ひまクリ
・ MMD研究所登録会員
・ MMD研究所Twitterフォロワー

上記のリサーチに関する詳細データ、レポートをご希望の方は、下記担当者あてに電話、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

MMD研究所:株式会社アップデイト

電話:03-5766-3040(担当:妹尾 せのお)
お問い合わせフォーム:https://mmdlabo.jp/contact/

###NDL###
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop