トップページ

 > 

調査データ

 > 

主婦のゲーム及びオンラインゲーム利用に関する実態調査

調査データ

日付:2010/7/7

執筆者:セノオ アキコ

主婦のゲーム及びオンラインゲーム利用に関する実態調査

主婦のゲーム及びオンラインゲーム利用に関する実態調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、メディアインクルーズ株式会社(代表取締役社長・小川昌幸)運営のモバイルメディア「ママイコ」との共同リサーチとして、「主婦のゲーム及びオンラインゲーム利用に関する実態調査」を実施致しました。調査対象は10~40代以上の主婦。有効回答数は686件です。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 最もよく利用するゲーム端末、主婦の約6割が「携帯電話」、「家庭用ゲーム機」は約2割
・ オンラインゲームを利用する際の端末、主婦の44.6%が「携帯電話のオンラインゲーム」
・ ご自身のお子さんがオンラインゲームをするとしたら、主婦の43.1%が「賛成」



・ 調査期間 … 2010年6月23日~2010年7月4日(12日間)
・ 有効回答 … 686人



■ 最もよく利用するゲーム端末、主婦の約6割が「携帯電話」、「家庭用ゲーム機」は約2割


主婦686人を対象に、ゲームをする際に最もよく利用するゲーム機(端末)を調査したところ、「携帯電話」が61.2%と最も多く、次いで「家庭用ゲーム機」が19.8%と、携帯電話でゲームを利用している主婦が圧倒的に多いという結果となった。
また家庭用ゲーム機の所有率は、「プレイステーション2(50.4%)」、「Wii(36.7%)」、「ニンテンドーDS(34.1%)」が上位を占める結果となっている。

また「オンラインゲーム」について、どの端末で利用しているかの質問では、「携帯電話のオンラインゲーム」が44.6%と最も多く、次いで「パソコンのオンラインゲーム」が6.1%、「家庭用ゲーム機のオンラインゲーム」が5.7%と携帯電話のオンラインゲームを利用している主婦が最も多い結果となった。
また、ご自身のお子さんがオンラインゲームをするとしたら賛成か反対かという質問に対しては、「賛成」が1.3%、「条件付で賛成」が41.8%と合わせて43.1%が「賛成」と回答しており、「反対」が26.1%、「よくわからない」が30.8%という結果となっており、賛成派のフリー回答では「時間や決まりを守ればゲームしても良い」「お金がかからなければ良い」「オンラインが楽しいのはよく分かるから賛成!お金がかかりすぎる事には反対」「ママがやってるから」などの条件付きの賛成意見が寄せられた一方、反対派のフリー回答では「ハマりすぎたら怖いから」「不特定多数と会話をしたり、マネーのやりとりをしていたら怖い」「ゲームの世界より現実を楽しんでほしいから」などの意見が寄せられた。


※ その他の調査項目について
全選択肢を含む集計結果、年代別の集計結果、フリー回答を含むロウデータについては別途有償にて提供しています。
MMD研究所までお気軽にお問い合わせください。

※ 今回調査した全設問項目


・ あなたのご家庭にあるゲーム機を全てお答え下さい。
・ あなたがゲームをする時に一番よく使うのは次のうちどれですか?
・ あなたが好きなゲーム名はなんですか?
・ あなたは次のうちどの端末でオンラインゲームをやっていますか?
・ そのオンラインゲームは月額課金制ですか?
・ オンラインゲームをするのは1日のうちどれくらいですか?
・ オンラインゲームでRMT(リアルマネートレード)を行ったことがありますか?
・ RMT(リアルマネートレード)についてどう思いますか?
・ 反対・賛成の理由についてご意見をご自由にお聞かせ下さい。
・ ご自身のお子さんがオンラインゲームをするとしたら賛成ですか?反対ですか?
・ 反対・賛成の理由についてご意見をご自由にお聞かせ下さい。

※ リサーチタイアップメディア


・ ママイコ/ メディアインクルーズ株式会社
  http://mamaiko.jp



レポートのダウンロードに関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop